「電話し放題」って本当にお得?何分以上の通話でお得かを調べてみた!

通話し放題はお得?徹底検証

どうも、@NewsBank7です。

先日SoftBankのプランを何年ぶりかに変更しました。「ホワイトプラン」から国内通話が月額2700円で話し放題となる「スマ放題」への変更です。

僕の場合は結果的にはかなりの携帯代の節約になりました。ただ使い方によっては、必ずしも新料金プランへの変更がお得とは言えない場合もあったりします。

そこでどういった人が電話かけ放題で得をするのか、損をするのかを、しっかりと見極めるためのポイントをご紹介していきたいと思います。

新料金プランの仕組み

ソフトバンク・au・ドコモの携帯キャリア三社が提供する新料金プランは、通話料無料の「基本プラン」とパケットし放題の「データ定額パック」の2つをセットにしたものになっています。

旧プランと比べて大きく異なる点としては、通話料が定額であること、データ定額パックが容量に応じて選択できることでしょう。

通話料無料となる基本プランは3社とも2700円と同一ですが、容量別のデータ定額パックの料金が各社異なっています。容量別のデータ定額パックの料金を、下の表に一覧でまとめてみました。

 docomoauSoftbank
2GB3500円3500円3500円
3GBなし4200円
なし
5GB5000円5000円5000円
8GB
6700円6700円なし
10GB9500円8000円8000円
13GBなし9000円なし
20GB16000円なし16000円
30GB22500円なし22500円
追加 (1GB)1000円1000円1000円

5GBのデータ容量を選択した場合の料金はこんな感じです。

基本料金 (2700円) +インターネット接続料 (300円) +データ定額5GB (5000円) =8000円

電話し放題はこんな人がお得!

通話し放題でどんな人がお得かを超簡単に説明すると、通話が多くてパケット通信が少ない人です。

ではどれぐらい通話をすればお得なのか?もっと具体的な数字で説明していきます。

旧プランの料金表はソフトバンクだとこんな感じ。

 Softbank旧プラン
基本料金ホワイトプラン
934円
インターネット接続料Siベーシックバック
300円
データ定額パック (7GB)パケットし放題フラットfor 4G LTE
5200円
通話料30秒ごとに20円
合計6434円+通話料
その他端末代金や割引サービス

 

データ容量2GBの場合

2分以上の通話で新料金プランがお得!

データ容量5GBの場合

39分30秒以上の通信で新料金プランがお得!

7GB使う場合

SoftBank: 89分30秒以上で新料金プランがお得!

au: 82分以上で新料金プランがお得!

三社とも新料金プランには7GBのデータパックは用意されていないが、1GB1000円でデータ容量を追加購入することができる。旧プランと同じように7GB使いたい人は、上記の通話時間がお得かどうかの分岐点になっています。

スポンサードリンク

それ以外の点も考慮しよう!

p_index01_s

どういう人が新料金プランで得をするのかを具体的な数字とともに説明してきたが、各社にはここでは説明していないその他の割引サービスが用意されている。

そちらのサービスも考慮することで新料金プランの方がずっとお得になることもあるので、新料金プラン限定の割引サービスも考慮して検討するといいでしょう。

また旧プランではパケット定額サービスに契約するかは任意のため、Wi-Fiを使うことで携帯代金をかなり節約することができました。

しかし、新料金プランはパケット定額サービスの契約が必須なので、その点も注意して検討してみるといいかもしれませんね。

管理人ミズホとラムネのぼやき

質問者の写真
僕の場合は通話がめちゃくちゃ多かったので、新料金プランに変更したことで万単位で安くなったよ!

解答者の写真
通話が多い人にとってはだいぶお得だよね!

質問者の写真
でもデータ定額の容量を5GBにしたから、旧プランの7GBに比べて圧倒的に物足りないな…..。ただWi-Fiがあるから特に問題はないけどね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。