iPhoneが充電できない!考えられる原因と対処法をまとめてみた!

iPhoneが充電できなくなった時に試したい対処法

どうも、@NewsBank7です。

私もiPhoneを使っていて何度か経験かあるのですが、iPhoneの充電が突然できなくなるってことがあります。

突然充電ができなくなるのは何かしらの原因があり、端末によってその原因は様々でしょう。そこでこの記事では、突然iPhoneが充電できなくなった原因と対処法についてまとめてみたいと思います。

iPhoneが充電できない【噂】iPhoneが充電できないときは舐めると直るらしいぞ!ペロペロペロペロ
どうも、@NewsBank7です。 iPhoneって充電関連がもろいのかしりませんが、何らかの原因で充電ができなくなってしまうことがよくありま...

ケーブルの故障

iPhoneの故障ではなく、充電ケーブルとなるケーブルの故障が原因の場合です。Appleの純正のケーブルというのは、お世辞にも丈夫に作られているとは言えない。。

普通に使って入れば問題はないのですが、充電した状態で寝ながらiPhoneをいじっていたりすると、ケーブルが曲がったり負荷がかかったりしてすぐダメになってしまいます。

ケーブルが故障しているかどうかは、他のiPhoneやiPadで充電できるかどうかを試してみるのが一番です。もし他の端末でも充電できないのであれば、原因は間違い無くケーブルにあるでしょう。

MFi認証対応のケーブルかどうか

iPhoneの充電ケーブルには高いものから安いものまで、純正・非純正含め数多くのケーブルが販売されています。純正ではないケーブルでも、Appleが認めているケーブルにはMFi認証 (Made For iPhone) が記載されています。

HSAPLCSC33_mini

MFi認証がされていないケーブルの場合、iOSをアッブデートすることでいきなり対応しなくなるといったことも実際にあるそうです。そのためケーブルはできるだけ純正を使い、純正でなくともMFi認証がされているケーブルを選ぶようにしておきましょう。

スポンサードリンク

電源プラグの故障

滅多に起こるケースではありませんが、ケーブルではなくケーブルとコンセントを繋げる電源プラグに原因がある場合もあります。

この電源プラグもUSBケーブルがささるなら何でもってわけではなく、iPhoneに対応した専用のものを使った方がいいでしょう。

th

コネクタ部分の故障

iPhoneのコネクタ部分が故障していることが原因の場合も多いです。コネクタ部分とは、iPhoneと充電ケーブルを繋げる所です。このコネクタ部分の故障は比較的多いみたいで、充電機器に問題がなければこのコネクタの故障の可能性が高いでしょう。

治すにはAppleに修理を頼むか、町のiPhoneの修理屋さんに頼むかのどちらかです。Appleの保証に入られてない場合は高額になりますので、iPhoneの修理屋にお願いするのがいいかもしれませんね。

お店によって変わってはきますが、コネクタ部分の修理は8000円ぐらいがだいたいの相場になっています。

ファミコン式で埃をとばす

コネクタ部分の故障とまではいかないのですが、コネクタ部分に埃がたまり充電接続が不安定になることがあります。埃が原因と考えられる場合、昔のファミコンではありませんがフーフーして埃をとばしてみるといいですよ。

この際に唾液などは飛ばさないようにお気をつけくださいね。また、細いもので埃を掻き出すようなことを絶対にやめておきましょう。コネクタ部分を傷つけ、故障の原因に繋がる恐れがありますので。

iOSの不具合かも

突然iPhoneが充電ができなくなった原因として、故障ではなくiOSの不具合である可能性もありえます。

これまでも充電ができなくなるといった不具合がありました。非純正のケーブルでは充電できるけど、純正のケーブルでは充電できないといった不具合もありましたね。

<次ページ:iPhoneの調子が悪いなと思ったとき最初にすべき対象法とは!?>

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。