iPhoneのアプリ課金やインストールをできなくする方法!機能制限で子供も安心だ!

iPhoneでアプリ課金を禁止する方法

どうも、@NewsBank7です。

iPhoneにはたくさんのゲームや便利なアプリがありますが、ついついそうしたアプリに課金をしすぎちゃう人は多いんじゃないでしょうか?

僕もパズドラなどのスマホゲームで遊ぶことが多いですが、ついつい課金をしすぎて後悔しちゃうことがあります^^;

また子供が親のお金やクレジットカードをこっそり使って、ゲームアプリに何十万と課金するなんて話もよく聞きますよね。子供にiPhoneを持たせるなら、こうした心配も多いことでしょう。

実はあまり知られていないのですがiPhoneにはいろんな機能制限があり、アプリ課金やアプリのインストールをできなくする方法があるのです。ここでは子供にiPhoneを持たせるときなどに設定しておきたい、iPhoneの機能制限の設定方法をご紹介したいと思います。


iPhoneでアプリ課金やアプリインストールを制限する方法

機能制限は設定アプリから行います。「設定」から「一般」→「機能制限」をタップします。

oHdNAwwoUbP9D9a1429964001_1429964021-2

次に「機能制限を設定」の項目をタップします。

Cb7ONfLw7PromdH1429964060_1429964069-2

すると機能制限用のパスワードを求められますので、適当な4桁の番号を設定してください。子供のiPhoneに設定する場合は、子供がわからないパスワードを設定しましょうね。

2pt5uqKOm3WKqIK1429964124_1429964133-2

次に制限をしたい機能を設定していきます。アプリの課金を制限したいのであれば「App内課金」を、アプリのインストールを設定したいのであれば「インストール」をタップします。緑のマークが消えれば制限は完了です。

bS_8_9WXi49LvJm1429964092_1429964100-2

試しにパズドラで課金をしてみると・・・。”App内課金アイテムの購入は許可されていません”と表示されます。

20150425_105740000_iOS

またアプリのインストールを制限した場合は、ホーム画面から「App Store」そのものが消えています。他にもSafariやカメラを使えないように制限することも可能ですので、子供にiPhoneをもたせるときなど、状況により色々と設定してみるといいでしょう。

解答者の写真
脱廃課金したい場合は機能制限を使ってみてもいいかもですねw

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。