iPhoneのiOS自動アップデート機能をオフにする方法。不具合も多いから自動アップデートは危険!

    どうも、@NewsBank7です。

    iOS12の新機能として、iOSの自動アップデートがあります。

    名前の通りiOSが新しくリリースされたとき、自動的にソフォトウェアのアップデートをしてくれる機能です。

    わざわざアップデートする必要がないので便利な機能ですが、場合によってはとても不便な機能でもあるのです。

    ここではiOS12で追加されたiOS自動アップデート機能について、設定方法や注意点など詳しく解説していきたいと思います。

    iOSの自動アップデートをオン・オフする方法

    広告

    iOSの自動アップデートの設定は、まず設定アプリから「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

    iOS12iOS12

    続いて「自動アップデート」をタップし、「オン・オフのラベル」をタップすれば変更することが可能です。

    IOS12iOS12

    iOSの自動アップデートをオフにすべき理由

    広告

    iOS12で追加されたiOSの自動アップデート機能をオンにしていると、わざわざ手動でアップデートしなくても自動で最新のiOSにアップデートしてくれるといったものです。

    一見とても便利な機能に思えますが、個人的にはiOSの自動アップデートはオフにすることを強く推奨します。

    というのも、アップデートしたiOSに不具合が発生する可能性があるため、評判も聞かずに最新のiOSにアップデートするのはかなり危険なのです。

    そのため面倒ではあるがiOSの自動アップデートはオフにしておき、評判を確認した上で手動でアップデートすることをオススメ致します。

    iOS12にアップデート後は自動アップデートがオンに

    iOS12にアップデートし再起動を終えると、一部の機能紹介とオン・オフ設定の画面に切り替わります。

    このときに今回のiOS自動アップデート機能の紹介もあり、よく分からずに「続ける」をタップしていると機能がオンになってしまいます。

    iOS自動アップデートなんてオンにしてないという方も、知らない内にiOS自動アップデートがオンになっている可能性があるのでご注意ください。

    アップデートする前にはバックアップを

    当たり前ですがiOSをアップデートする際は、必ずiPhoneのバックアップをとってからにしましょう。

    PCがなくてバックアップがとれないという方も、iCloudを使えばPhoneだけでバックアップをとることも可能です。

    iCloudを使ったバックアップの方法は、こちらの「iPhoneをパソコンなしでバックアップする方法!iCloudを使えばPCがなくでも大丈夫!」を参考にどうぞ。

    また、、iPhone単体で使える外部メモリも、画像や動画が別に保存したいという方におすすめです。

    iOSのアップデートに失敗するとデータが全部消える可能性もあるので、しつこいようですが必ずバックアップをとることをお忘れなく。

    以上、iPhoneのiOS自動アップデートをオフにする方法でした。

    最後まで読んでいただき感謝!感謝!

    広告