iPhoneでクロームなどSafari以外のブラウザをデフォルトに設定する方法

どうも、にゅーすばんくです。

iPhoneのブラウザはApple純正のSafari以外にも、App StoreからGoogleクロームなどサードパーティ制のブラウザアプリも使うことができます。

さらにiOS14からは、クロームなどSafari以外のブラウザアプリでも、デフォルトアプリとして設定することができるようになりました。

そこでこの記事では、iPhoneでSafari以外のブラウザアプリをデフォルトブラウザに設定する方法をご紹介します。

デフォルトブラウザを設定アプリするメリット

広告

iPhoneのデフォルトのブラウザアプリは、初期設定では当たり前ですがSafariに設定がされています。

そのため普段グーグル・クロームを使っている方でも、別のアプリからURLをクリックするとデフォルトブラウザであるSafariが開いてしまいます。

これがかなり不便だったのですが、iOS14からデフォルトのブラウザアプリを変更することができるようになりました。

Safari以外のブラウザを使っている方にとっては使い勝手がかなり向上するはずです。

iPhoneでクロームをデフォルトブラウザに変更する方法

広告

iPhoneでGoogle Chromeをデフォルトアプリに設定する方法を解説します。

まずクロームをApp Storeからインストールしておきます。

→Chromeをダウンロードする

設定アプリを開いて、「Chrome」をタップします。

Chromeをデフォルトブラウザに変更

続いて「デフォルトのブラウザApp」をタップします。

デフォルトブラウザを変更

最後に「Chrome」をタップして選択すれば完了です。

デフォルトブラウザをChromeに変更

iPhoneでEdgeをデフォルトブラウザに変更する方法

iPhoneでEdgeをデフォルトブラウザに変更する方法を解説します。

まずApp Storeから「Microsoft Edge」をインストールしておきます。

→Edgeをダウンロードする

設定アプリを開いて、「Edge」をタップします。

デフォルトのブラウザアプリを変更する

続いて「デフォルトのブラウザApp」をタップします。

デフォルトブラウザを変更

最後に「Edge」をタップすれば完了です。

デフォルトのブラウザアプリをEdgeに変更する

iPhoneでFirefoxをデフォルトブラウザに変更する方法

iPhoneでFirefoxをデフォルトブラウザに変更する方法を解説します。

まずApp Storeから「Firefox」をインストールしておきます。

→Firefoxをダウンロードする

設定アプリを開いて、「Firefox」をタップします。

デフォルトブラウザを変更する

続いて「デフォルトのブラウザApp」をタップします。

デフォルトブラウザを変更

最後に「Firefox」をタップすれば完了です。

デフォルトブラウザを変更する

Safariでホーム画面に追加したページはSafariで開く

Safariでは特定のWEBページを、ホーム画面にアイコンとして追加するこができます。

ホーム画面に追加したページはデフォルトブラウザの設定に関わらず、全てSafariで開くようになっています。

広告