セラミック・テフロン加工のフライパンを長持ちさせる4つの方法!知らないと確実に損するかも?

最近はどのフライパンもテフロン加工やセラミック加工がほどこされたものが多いですね。

購入した当初はまったくこびり付くことなく快適なのですが、半年・一年と使っていくにつれて加工が剥がれ焦げ付きやすくなってしまうものです。

フライパンも最近は非常に安いものから高いものまでありますが、値段の高い安いに関係なくフライパンを長持ちさせる方法があるのをご存知だろうか?

ここではできるカリスマ主婦では知っておくべき、テフロン加工やセラミック加工のフライパンを長持ちさせる4つの方法をご紹介したいと思います。

フライパンを長持ちさせる4つの方法

熱々に熱しない

以外かもしれませんが、フライパンを熱々に熱しすぎるのはフライパンにとっては良くありません。

フッ素樹脂系の加工は250℃以上になるとコーティングの寿命を縮めると言われおり、特に空焚きをする際などは加工が傷みやすくなるのです。

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e7-480x360

油を入れる際についついフライパンを空焚きで熱しすぎることがありますので、熱する際は十分にお気を付けください。

熱々の状態→水にジャーは禁止!

フライパンでの調理が終わっあ後、熱々の状態ですぐに水で流していませんか?

実はこの熱々な状態から水で流す行為、フライパンの加工の寿命を縮める一番の原因なのです。

DSCN0915

フライパンにこびり付くため調理後すぐに水につけておく方も多いと思いますが、フライパンを長持ちさせるためにも調理後はしばらく置いておき、熱を冷ましてから洗うように致しましょう。

尖った調理器具は禁止!

フライパンで調理する際、あまり尖った調理器などは利用しないようにしましょう。

1283228634870

尖った調理器でフライパンに触れることで、正面の加工を傷つけてしまうことがあります。

なるべく先のまるい柔らかい調理器を使うといいでしょう。

ゴシゴシ洗わない

thGES5USWT

フライパンのテフロン加工やセラミック加工を長持ちさせるためには、洗い方も非常に重要になります。

ゴシゴシと強く洗うことで、加工を剥ぎ取りフライパンを傷つける原因となってしまいます。

かたい銀だわしやスポンジの固い部分でゴシゴシ洗うのではなく、スポンジの柔らかい部分でなでるようにやさしく洗うようにしましょう。

以上、テフロン加工やセラミック加工のフライパンを長持ちさせる4つの方法でした。

注意書きをよく読もう

フライパンを購入するとだいたいの製品に注意書きが入っています。

セラミック加工やテフロン加工などフライパンの種類によっても色々と異なりますので、購入した際は始めに一読しておくといいでしょう。

長持ちさせるための意外なヒントが書かれているかもしれませんよ。

管理人のぼやき

何万円とする高いフライパンでも、使い方を間違えればすぐに加工が剥がれダメになってしまいます。

一方で正しい使いかたをすればたとえ安価なフライパンでも、以外にも長い間使えたりするものです。

料理をする方であればフライパンは日々使うものですので、できるだけ大事に使ってあげましょう(‘ω’)

スポンサードリンク

これは・・・。超便利な神ツール!


なんとなんと!これを使えばPCがなくてもCDからiPhoneに音楽を入れることができる!マジで便利な神ツールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。