【カメラ/写真編】iOS11の新機能・変更点は?画面収録やQRリーダーなど神機能搭載の超アップデート!

iOS11カメラ・写真機能まとめ

どうも、@NewsBank7です。

iOS11ではビッグアップデートとして様々な機能が追加されましだが、中でもカメラや写真に関しては便利な機能がたくさん追加されている。

この記事ではiOS11でiPhoneのカメラや写真がどう変わったか、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


【iOS11】iPhone単体で画面の録画が可能に

iPhoneの画面を録画できるアプリがあればかなり売れるのになーなんて思っていましたが、ついにiPhoneに画面の録画機能が搭載されました。

この機能を利用するには、コントロールセンターに画面収録の機能を追加する必要があります。iPhoneで画面録画を行うための設定方法を動画で解説しているので、参考にしてみてください。

ちなみにこの動画も録画機能で撮影したんです。正直、便利すぎてやばい・・・。

【iOS11】標準カメラにQRリーダー機能が搭載

iOS11ではiPhoneの標準カメラに、待ちに待ったQRコード読み取り機能が搭載されました。

QRコードを読みとる方法は超簡単!いつものように普通にカメラで写真を撮るだけです。

これまでiPhoneにはQR読み取り機能がなかった為、読取り専用のアプリをインストールしていた方も多いはずです。まぁ今さら感はありますが、地味にかなり嬉しい進化となっています。

【iOS11】カメラのフィルターが新しくなって新登場

あまり使っている人もいないかもだが、iPhoneのカメラには写真を加工するフィルター機能があります。

今回のiOS11どはこのフィルターをより自然な肌のトーンになるよう再設計されており、より綺麗な写真に仕上がるようにリニューアルされています。

インスタ映えするためにはフィルター加工が必須ですので、こうした改良は地味に嬉しいですね。

【iOS11】ファイルサイズが大幅に縮小

iOS11で新しくなったカメラは以前に比べ、撮影した写真や動画のサイズをほぼ半分に縮小したとのことだ。

iPhoneで撮影した写真って綺麗ですが無駄に容量も大きかったので、PCに取り込んだりブログで使ったりする人には嬉しい改良ですね。

【iOS11】iPhoneがついにGIF画像に対応!

ついにiPhoneがGIF画像に対応してくれました。いやーGIF画像好きな私にとっては、待ちに待った新機能となります。

もちろんiPhoneの写真フォルダにGIF画像を保存することも可能!

これまではGIF画像を保存しても静止画の状態でしか保存されず、アニメーションとして動かすためには専用の別アプリが必要だったのです。

うーん、これは神アプデ!!

【iOS11】Live Photosの編集機能が進化

iOS11ではLive Photosで撮影した写真に、エフェクトをかけたりトリミングをしたりと、Live Photosの編集機能が進化しています。

Live Photosで撮影した画像を上にスワイプすると

“ループ”や“長時間露光”などのエフェクトをかけることができます。

【iOS11】スクリーンショットから直接編集画面に

iOS11からスクリーショットを撮影すると、画面の左下にスクリーンショットのサムネイル画面が表示されるようになりました。

左下のサムネイルをタップすると、撮影したスクリーンショットの編集画面にとぶことができるようになっています。

特に編集せず保存したい方は、左下のサムネイルを左にスワイプすれば編集画面に飛ばずに保存可能です。

ちなみに編集することのない人からすれば、いちいち左下にサムネイルが表示されるのは煩わしく感じるかもしれませんね。今のところこの表示をオフにする設定はありませんが、今後のアップデートで改良される気がします。


iOS11で変更されたiPhoneのカメラ・写真機能まとめ

Appleが公式に声明している、iOS11でのカメラ・写真機能の変更点をまとめておきます。上記で紹介していない細かい変更点もたくさんありますよ。

  • “ポートレート”モードに、光学手ぶれ補正、HDR、True Toneフラッシュの対応を追加
  • 新しいHEIFおよびHEVCフォーマットにより、写真とビデオのファイルサイズをほぼ半分に削減
  • より自然な肌のトーンになるように再設計された新しい9つのフィルタ
  • QRコードを自動的に認識してスキャンすることが可能
  • Live Photosに“ループ”、“バウンス”、“長時間露光”のエフェクトを追加
  • Live Photosで、音を消したり、トリミングしたり、キー写真を選んだりすることが可能
  • “メモリームービー”はコンテンツを縦向きおよび横向きに自動的に適応
  • ペット、赤ちゃん、ウェディング、スポーツイベントなどの十数個以上の新しいメモリーが追加
  • “ピープル”アルバムはより正確になり、またiCloudフォトライブラリによりデバイス間で常に同期させることが可能
  • アニメーションGIFに対応

 

以上、iOS11で実装されたカメラ・写真機能の変更点まとめでした。皆様の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【無料】まだ名刺管理で消耗してるの?

Eight - 100万人が使う名刺アプリ
Eight - 100万人が使う名刺アプリ
開発元:Sansan, Inc.
無料
posted with アプリーチ

最近使い始めたけどめっちゃ便利なアプリです!詳しくはこちらの「名刺管理アプリの「Eight」を使ってみたら便利すぎて名刺ホルダー使ってた昔の自分を殴りたい件」を読んで見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。