iOS14.4の不具合・評判は?人柱になって不具合検証してみた結果を公開!アップデートしても大丈夫?

iOS14.4の不具合・評判

どうも、にゅーすばんくです。

2021年1月26日、AppleからiOS14.4が一般ユーザー向けに正式リリースされました。

この記事では僕自身が人柱となって行ったiOS14.4の不具合検証の結果及び、iOS14.4の不具合・評判について解説していきます。

今回iOS14.4アップデートして不具合検証を行った端末は、iPhone6S Plus,iPhone7,iPhone8 Plus,iPhoneXS,iPhone11 Pro Maxで全てiOS14.3からのアップデートとなります。

「アップデートしたいけど不具合が怖い・・・。」という方も多いと思うので、ぜひこの記事をアップデートすべきかの参考にしていただけたらと思います

iOS14.4へのタレコミを募集します

広告

iOS14.4の不具合情報をご紹介する前に、この記事を読んでいる皆様にお願いです。

iOS14.4にアップデートした結果を、一言でもいいのでコメント欄に報告していただけたらと思います。

僕自身も複数のiPhoneを使って検証をしていますが、iOSの不具合は個体差が大きいのでサンプル数は多ければ多いほど良いのです。

少しでも価値ある情報を読者の皆様にお届けするためにも、皆様からのタレコミを是非ともよろしくお願いいたします

iOS14.4にアップデートしたら電池の減りが早くなった

iOS14.4にアップデートしたらWi-Fiに接続できなくなった

iOS14.4にアップデートしても特に変化なし

といった感じで一言でも構いませんし、不具合を報告していただいた方には、僕の分かる範囲内ですが対処法もご紹介させていただきます。

また、iOS14.4で発生した不具合のご報告はもちろんですが、過去に発生した不具合がiOS14.4で修正されているかどうかのご報告も大歓迎です!

ちなみに前バージョンのiOS14.3では、下記のような不具合を読者の皆様からご報告していただきました。

  • Bluetoothで接続するイヤホンの音量が小さくなった
  • アプリでダウンロードした顔文字が表示されなくなった
  • App Storeでインストールしたアプリが開かなくなった
  • LINEのプッシュ通知がこなくなった

上記不具合については僕の端末では前バージョンでも発生していないため、残念なことに今回のiOS14.4で修正されているかどうかの確認ができません。

ですのでiOS14.4で修正された不具合(修正されていない不具合)という視点でも、ぜひぜひ皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

iOS14.4のアップデート内容

広告

iOS14.4の不具合・評判

iOS14.4では新機能の追加と、これまでの不具合を修正したアップデートとなっています。

iOS14.4で追加された新しい機能については、こちらの「【iOS14】アップデート内容のバージョン別まとめ!新機能・変更点・不具合など」で解説しています。

iOS14.3で修正された不具合

今回のiOS14.4のリリース内容を確認すると、Appleは以下の不具合を修正したと発表しています。

iOS14.4での不具合修正(Apple公式情報)

  • iPhone 12 Proで撮影したHDR写真に画像のアーティファクトが現れることがある問題
  • “フィットネス”ウィジェットに最新のアクティビティデータが表示されないことがある問題
  • タイプ入力の反応が遅くなる場合や、単語の候補がキーボードに表示されない場合がある問題
  • “メッセージ”で正しい言語のキーボードが呼び出されないことがある問題
  • “アクセシビリティ”でスイッチコントロールを有効にすると、ロック画面から電話に応答できなくなる場合がある問題

上記がリリース内容に書かれた不具合情報ですが、Appleは全ての不具合修正を公表しているわけではないので、ほかにも小さな不具合が修正されている可能性は高いでしょう。

iOS14.4の不具合検証

ここからはiOS14.4の不具合検証の結果をご紹介していきます。

iOS14.4の電池持ち

iOS14.4では電池持ちが悪くなる不具合は現状確認していません。

アップデート後に電池の減りが急激に悪くなるような不具合がありますが、今回のiOS14.4ではどのモデルも電池の減りは悪化していません。

ちなみアップデート直後はバッググラウンドで色々な更新が行われるため、一時的に電池の減りが速くなることがありますが不具合ではなく一時的なものです。

また、不具合への対処法ではありませんが、iPhoneの電池は各種設定の変更で大きく改善することもできます。

こちらの「電池の減りを抑えるバッテリー節約術まとめ!設定の見直しで電池持ちは大きく変わる!」で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

電池の減りがあまりにも早い場合、考えられる原因としてiOSの不具合以外にもiPhone本体のバッテリーが劣化していている可能性も考えられます。

iPhoneのバッテリーの劣化具合を確認する方法については、こちらの「iPhoneのバッテリー状態を確認する方法とパフォーマンスの低下を無効にする方法」を参考にしてください。

iOS14.4の動作スピード

iOS14.4ではアップデート後に動作が重くなる動作スピードの不具合は現状確認されていません。

もちろんiPhone7など古い端末では動作はモッサリしていますが、アップデート前からなので不具合ではなく性能的なものでしょう。

ちなみに、iOSのアップデート直後は一時的に画面がかくつくことが多いですが、iPhoneを再起動することで改善することができます。

関連:iPhoneを再起動・強制再起動する方法!詳しいやり方とできない時の対処法をモデル別に解説!

iOS14.4のWi-Fi接続

iOS14.4ではWi-Fiが遅い・途切れるなどの不具合は確認されておらず、問題なくWi-Fiに接続できています。

iOSの不具合の中でも一二を争うほど多いのが、Wi-Fiが繋がらない・Wi-Fiが遅いといったWi-Fi関連の不具合です。

iOS14シリーズも過去にWi-Fi接続できない不具合が発生しており、正直アップデートする前は心配だったのですが、アップデート後も全てのモデルで問題なくWi-Fiに接続できています。

もしにアップデート後にWi-Fiが遅いなどの不具合が確認された場合は、こちらの「【iPhone】Wi-Fiが繋がらない・遅いを解決!公式の対処法をまとめてみた」をご覧ください。

20121/02/01追記:iOS14.4でWi-Fiに接続できない

読者の方から「iOS14.4にアップデートしたらWi-Fiが繋がらなくなった」と報告をいただいています。

僕が検証する端末では確認していない不具合ですが、念のため注意しておいた方がいいかもしれません。

上記記事で紹介している対処法はAppleが公式で説明している方法なので、アップデート後にWi-Fiが接続できなくなった方は参考にしてみてください。

Wi-Fiに「安全性の低いセキュリティ」と表示される

iOS14ではWi-Fi接続へのセキュリティが強化されており、Wi-Fiルーターによってはネットワーク一覧のところに「安全性の低いセキュリティ」と表示される可能性があります。(不具合ではなくiOS14の仕様)

ネットワークの暗号化の種類がWPA/WPA2(TKIP)だと安全性が低いと警告が表示されるので、Wi-Fiルーター側の設定で暗号化の種類を変更してみましょう。(お使いのルーターによっては変更できない場合もあります)

詳しくはこちらの「iPhoneでWi-Fiに「安全性の低いセキュリティ」と表示される原因!対処法は?」をご覧ください。

iOS14.4で使えなくなるアプリ

主要アプリがiOS14.4で正しく動作するかの確認結果をご紹介します。

  • LINE:問題なし
  • Twitter:問題なし
  • Instagram:問題なし
  • Facebook:問題なし
  • YouTube:問題なし
  • Gmail:問題なし
  • Yahoo!カーナビ:問題なし
  • グーグルマップ:問題なし

全てのアプリの動作確認を検証することはできませんが、気になるアプリがあればコメント欄にご記入ください。僕のiPhoneにあるアプリであれば、正常に動作するかを確認して結果を返信させていただきます。

ちなみに、アプリによってはiOS14.4対応した最新のバージョンをリリースしている可能性も高いです。アプリ側も最新の状態かどうかもチェックしておきましょう。

iOS14.4の評判

iOS14.4にアップデートした読者様からいただいたコメントを、iOS14.4の評判としてこちらでご紹介させていただいおります。

iOSの不具合は個体差があるので、色んな方の意見を参考にすることをおすすめします。

すでにiOS14.4にアップデートされた方は、ぜひぜひコメントで感想をお寄せください!!

前回の14.3では何も異常はなかったのですが、iOS14.4にしたら電池がかなり減る。
明らかにおかしい減りだし、アップデートしてからなので不具合だと思います

アップデートしたけど不具合なんてないよ。サブのiPhone8もアップデートしてますが、こちらも問題ありません

この記事をみてメイン機はアップデートしないことを決めましたが、サブのiPhoneをアップデートしてみました。
アップデートして半日程度ですが、今のところ不具合は発生していません。
記事にあるようにメイン機のアップデートを様子見しようと思います。

iPhone8と7をアップデートしましたが、両方ともWiFiに繋がらなくなりました。
iPhoneのWiFiをON/OFF、ネットワーク設定削除/再登録、ルーターの再起動など考えられる限りやってみても全く繋がりません。
iCloudに取ってたバックアップも消えてるし、戻したくても戻せず非常に困ってます・・・。

iPhoneXですが、小さなQRコードの認識が向上とのことなので試してみたところ、画面が真っ暗!
通常カメラもフロントカメラ真っ暗!インカメラは大丈夫で問題なし。
で、なんと、ポケモンGOのARではちゃんとフロントカメラで風景にポケモンが乗った状態で撮影可能!
とりあえずサポートアプリからカメラのキタムラで修理予約出来たので、あす診断してもらいますが、14.4絡みなのでしょうかね??
あと、ブルートゥース機器との再接続も不安定な感じ。ペアリングされているはずなのに音が出たり出なかったり。設定から一度接続を解除して再接続すると直ります。こんなの私だけ??

記事を読んでから先程iPhone XをiOS14.4にアップデートしました。
SNS、メール、メモ、カメラ、Wi-Fiは問題ないです。電池も今のところ急激な減り方はしてないですが様子見てます。
もし不具合を見つけた時は追記させてもらいます。

「翻訳」が使えなくなった。

XSです。不本意ながらアップデートしたら読み上げ機能(text to speech) がアップデートしたとたんに使えなくなった
2週間以上経っても改善されず、そうしてるうちに14.4.1のアップデートが来たので
やると、今度はタッチパネルが反応せずフリーズ状態になった。
強制再起動をすればなんとか使えたが、腹が立ってアップルに電話したら、そんな報告ないと一蹴された。とりあえずtext to speechが使えなくなる原因を調査する為にデーターが欲しいということで、外部操作をしていただき内部データーを提供した。その後同日中に様子を見ていると、強制再起動をしてもタッチパネルが反応せず、全く使えなくなった(ロック画面上の時計やカレンダーは動作している)。再度、同日中にアップルに電話したが、初期化をすれば直ると言われやってみたが、直らず、初期化した画面だけがロック画面上に映し出され、タッチパネルを触っても反応が何も無い。アップルのサポート時刻が過ぎていたのでここからは電話報告していない。
私はメジャーアップデートの度にこのようなトラブルに多かれ少なかれ巻き込まれ、被害をうけている。macbookproのPCでも同様。アップデート失敗で起動できなくなり、お釈迦となった(途中の詳細説明は省く)アップルに何を言っても規約に書かれていますから、アップルの規約ですからなどと非人道的な機械的な対応しかしない。もうアップルは卒業しようと思う。こんな対応しかできない会社だといずれ誰からも見向きもされなくなるだろう。特に女性のスペシャリストがひどい。

随時更新していきます

iOS14.4にアップデートしても大丈夫?

最後にiOS14.4にアップデートしても大丈夫か?という質問にお答えします。

結論から言えば、今回のiOS14.4へのアップデートは様子見すべきというのが僕個人の意見です。

僕の端末ではiOS14.4にアップデート後も不具合は発生していませんが、新機能もある比較的大きなアップデートなので不具合が発生する可能性は高いです。

今後iOS14.4.1など0.01単位のバージョンがリリースされると思うので、今回追加された新機能にこだわりがない方は次ののバージョンまで様子見するのがいいかなと思います。

関連:iOSで不具合を回避する安全なアップデート方法を伝授します

もちろん既に何らかの不具合で困っているという方は、不具合が修正されていることに期待してiOS14.4にアップデートしておきましょう。

以上、iOS14.4の不具合・評判でした。

最後まで読んでいただき、感謝!感謝!

 

広告