iPhoneでSafariが読み込まない・止まる不具合への対処法・解決法まとめ

どうも、@NewsBank7です。

iPhoneのiOSをアップデートしたとき、Safariが読み込まないなどの不具合が発生することがよくあります。

よくある不具合の種類としては、Safariでタッチしても反応しないSafariがページを読み込まないSafariの読み込みが遅い、などが報告されています。

ここではiOSの不具合でSafariが読み込まない・読み込みが止まるときの対処法をご紹介したいと思います。

Safariが読み込まない不具合が起きた場合の対処法

広告

海外サイトに”Safariが読み込まない不具合は発生した場合の対処法“が書かれていたのでご紹介します。

参考サイト:OSXDaily

WEBデータを削除しよう

上の記事に書かれている内容によると、Safariのキャッシュ・履歴・クッキーを初期化すればSafariが読み込まない不具合が解決されるとのこと。

SafariのWEBデータを削除するには、設定アプリの「Safari」から、「履歴とWEBサイトデータを消去」をタップするだけです。

Safariが読み込まないSafariが読み込まない

これをタップすることでSafariのクッキー・キャッシュ・履歴を消去することができ、Safariが読み込まない不具合が解消される可能性があるとのことです。

工場出荷状態に戻す

上記の方法で治らないようであれば、一度iPhoneを工場出荷状態に戻して復元することで改善されるようです。

iPhoneを復元するにはいくつかの方法がありますので、具体的な手順は以下の記事を参考にして頂けたらと思います。

iTunesを使ったiPhoneのバックアップ・復元のやり方!Windows・MACの両PCに対応した方法を解説します

iCloudに保存したバックアップからiPhoneを復元する方法!復元できない・エラーになるときに試したい対処法まとめ

Safari以外の別のブラウザを使う

上記の方法でも改善されない場合や、工場出荷状態に一度戻すのが嫌な場合など、Safari以外の別のブラウザを利用してみるのも1つの手です。

大規模な不具合であれば今後のアップデートで修正されるはずですので、それまでの繋ぎとして別のブラウザを使うのもいいかもしれませんね。

無料で使えるオススメのiOSブラウザについては、こちらの「iPhone/iPadのおすすめブラウザを徹底比較!iOSの人気ブラウザの中でNo.1のブラウザアプリはこれで決まり!」を参考にしてください。

まとめ

広告

最後にSafariが読み込まない不具合への対処法をまとめておきます。

  • 電源を切るなど基本対処法をまずは試す
  • WEBデータを削除してみる
  • 工場出荷状態に戻してみる
  • どうしてもダメなら別のブラウザを使う

以上、iPhoneのSafariが読み込まない・読み込みが止まる不具合への対処法でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

超絶おすすめの格安SIMランキング

格安SIMオタクでiPhoneマニアの管理人が、数ある格安SIMの中からiPhoneで使える超絶おすすめの格安SIMをランキング形式で紹介しています。

格安SIMへの乗り換えを検討しているけど、どれを選べばいいか分からないという方はぜひぜひ参考にしてください。

広告