iPhoneで”アクティベートできません”への原因・対処法と不具合を回避するアップデート方法

どうも、@NewsBank7です。

iOSをアップデートして再起動した後、「アクティベートできません」と表示される不具合が多数発生しているようです。

ここではiPhoneでアクティベートできない原因・対処法と、アクティベートできない不具合を回避するアップデート方法をご紹介したいと思います。

iPhoneでアクティベートできない不具合が発生

iOSをアップデートして最初の再起動を終えると、以下のメッセージが表示されiPhoneが全く使えなくなる不具合が発生しているようです。

アクティベーションサーバが一時的に利用できないため、このiPhoneをアクティベートできませんでした、iPhoneをiTunesに接続してアクティベートしてみるか、数分後にやり直してください。

アクティベートできません

アクティベートできない原因の多くはAppleのサーバーが混雑しているためで、実は新しいiOSのアップデートがリリースされたばかりだとよくある不具合なんです。

iOSのシステム状況を確認してみよう

上記の不具合が発生しているかどうかは、Appleの公式サイトの「システム状況」のページから確認することができます。

Appleのシステム状況

iOSデバイスアクティベーション」の項目が緑色になっていないと、不具合が発生しているのでアクティベートできない症状が発生する可能性があります。

アクティベートできない不具合の対処法

iOSをアップデート後、アクティベートできませんと表示された場合の対処法をご紹介します。

  1. iPhoneを再起動する
  2. Wi-Fiに繋げてみる
  3. iTunesとiPhoneを繋げる
  4. パソコンのiCloudからアカウントを削除する
  5. iPhoneを再起動する

まずは基本的な不具合への対処法として、iPhoneの再起動を試してみましょう。

iPhoneを再起動するにはiPhone本体横のスリープボタンを長押しして、スライドバーを横にスライドするだけです。

iPhoneの再起動

iPhoneに発生する不具合のほとんどは、再起動するだけで解決することがほとんどです。

再起動以外にもまずは試したい対処法がありますので、詳しくはこちらの「iPhoneで不具合に効果的な万能薬はコレ!全ての問題に共通する対処法まとめ」を参考にしてください。

Wi-Fiに接続してみる

モバイルデータ通信を使った状態でアクティベートできませんと表示される場合は、代わりにWi-Fiに接続してみてください。

むしろWi-Fiが遅い・途切れるなど調子が悪い場合は、こちらの「iPhoneのWi-Fiが遅い・繋がらないを解決!WiFiの不具合に対する公式の対処法をまとめてみた」を参考にしてみてください。

パソコンのiTunesとiPhoneをつなげる

iTunesが入ったパソコンとアクティベートできないと表示されたiPhoneをつなげると、PCにアクティベーションのためのApple IDを入力する画面が表示されます。

ここに普段お使いの自分のApple IDを入力すれば、アクティベートを完了させることができます。

iCloudのWEBサイトを使う

PCにiTunesを入れていなかったりバックアップを取っていない場合は、iCloudのWEBサイトを使った対処法がおすすめです。

手順は以下のようになります。

1.iPhoneの電源を切るかオフラインにする

2.iCloudのサイトに移動する

iOS9.3でアクティベートできない対処法

iCloudのサイトはこちら

3.「iPhoneを探す」を起動

iOS9.3のアクティベートできない不具合

4.「すべてのデバイス」から該当のiPhoneを選択

スクリーンショット_2016-03-26_19_45_09

5.該当するiPhoneをアカウントから削除

iOS9.3でアクティベートできない

※「iPhoneの消去」ではないのでご注意ください

5.iPhoneを再起動

以上の手順でアクティベートできない不具合がなおるはずなので、お困りの方は是非試してみてくださいね^^

アクティベートの不具合なくアップデートする方法

アクティベートできません」と表示されてしまう不具合は、上記で説明したように中々その後の対処も面倒です。

そもそも不具合を発生させずにアップデートするために、アクティベートできない不具合を回避してアップデートする方法をご紹介したいと思います。

  1. iTunesからiOSをアップデートする
  2. iPhoneを探すをオフにしてアップデートする

パソコンとつなげてiOSをアップデートする

iPhoneだけでiOSをアップデートすることはできますが、iTunesが入ったPCに接続してアップデートするとアクティベートできない不具合を防ぐことができます。

iPhoneのiOS自動アップデート機能をオフにする方法。不具合も多いから自動アップデートは危険!

「iPhoneを探す」の機能をオフにしてからアップデート

パソコンを持っておらずiPhoneからのアップデートしかできない方は、iPhoneの設定から「iPhoneを探す」という機能をオフにしてアップデートしてください。

iPhoneを探すをオフにするやり方を解説!iPhone・PC・Androidそれぞれでの方法を紹介!

設定アプリからアカウントページに移動し、「iCloud」をタップします。

「iPhoneを探す」の項目をオフにすれば設定は完了です。

以上、iPhoneでアクティベートできないときの対処法でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

広告