iPhoneの4G/3Gが遅すぎる!ネットが遅い通信制限以外の原因と対処法まとめ

iPhoneのネットが遅い原因と対処法

どうも、@NewsBank7です。

iOSのアップデートがくるとよくある不具合報告の1つに、「iPhoneが4G/3Gともに使えないぐらい遅い」みたいなコメントをいただきます。

アップデート記事をかくたびに毎回いただくので、今回iPhoneのキャリア回線が遅くなったときの対処法についてまとめてみたいと思います。

キャリア設定のアップデート

何らかの原因でiPhoneの通信が遅いときは、キャリア設定のアップデートを行うことで問題が解決される可能性があり ます。

キャリア設定をアップデートする方法

キャリア設定のアップデートを行うには、設定アプリの「一般」→「情報」をタップすればアップデートのオプションが表示されます。

もしアップデートがあれば以下のような画面が表示されます。何も表示されない場合は、すでに最新のバージョンとなっています。

2

格安SIMは最新のiOSに未対応の可能性

格安SIMのiPhoneを利用されている場合は、最新のiOSにアップデートしたことが4G・3Gが使えない原因かもしれません。

つまり、最新のiOSにSIM側が対応できていないことが原因です。

もし格安SIMを使っている方でiOSのアップデート後にiPhoneが使えなくなったときは、利用している会社の公式アナウンスを調べてみるといいでしょう。

iOSの不具合が原因

可能性としては低いと思いますが、iOSの不具合の可能性もありえます。実際にiOS8.01のときに、大規模で4Gや3Gが使えないなどの不具合が発生しました。

ちなみに最新のアップデートがきた場合は、毎回このブログでも不具合情報や評判について記事を書いています。

是非そちらの情報も合わせて、アップデートすべきかどうかの参考にしていただけたら嬉しいです。

やっぱり通信制限の可能性が高い

僕が思うにiPhoneで4G/3Gが遅すぎて使えない原因は、なんだかんだ通信制限の可能性が一番高いんじゃないかなと思っています。

通信制限にかかると表示は4GやLTEのままなのですが、通常の3Gの回線よりも圧倒的に遅い回線になってしまいます。

電話やメッセージぐらいであれば問題はないのですが、ネットをみたりするのはストレスがたまるぐらい遅く、正直使えたもんではありません。 

通信制限にかかっているかはキャリア毎に用意されているマイページから確認可能です。もし突然iPhoneの4G/3Gが遅くなって使えない場合は、まずはこの通信制限にかかっているかどうかを確認してみてください。

1GBあたりで出来ること

ちなみにこの通信制限にかからないためには、1GBってどれぐらいのデータ容量なのかを理解しておくことも大切です。

こちらの「スマホの通信量1GBってどれぐらい使えるの?」では、1GBあたりどれぐらいの動画が観れるのか、どれぐらいのネットができるのなどを解説しています。合わせて読んでみてください(‘ω’)

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://newsba-nk.com/1gb-donogurai]

以上、iPhoneのネットが遅い通信制限以外の原因と対処法でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。