iPhoneの4G・LTEが遅すぎる!通信制限が来てないのにネットが遅い原因と対処法まとめ

    どうも、@NewsBank7です。

    iOSのアップデートがくるとよくある不具合報告の1つに、「iPhoneが4G/3Gともに使えないぐらい遅い」みたいなコメントをいただきます。

    アップデート記事をかくたびに毎回いただくので、今回iPhoneの4G/3Gが遅くなったときの原因と対処法についてまとめてみたいと思います。

    4G/3Gが遅いとき最初に試す対処法

    広告

    パソコンでどうも調子が悪い時、とりあえず再起動すれば直ることってありますよね。

    iPhoneでも同じように、問題が起きたときにまずは試したい対処法がいくつかあります→iPhoneで不具合に効果的な万能薬はコレ!全ての問題に共通する対処法まとめ

    通信制限が来てないのにネットが遅いと感じたら、まずは上記記事で紹介している基本的な対処法を試してみてください。大抵の不具合は直るはずです。

    4G/3Gが遅いときはキャリア設定のアップデート

    広告

    何らかの原因で4G・3Gの通信が遅いときは、キャリア設定のアップデートを行うことで解決できる可能性があります。

    キャリア設定をアップデートする方法

    キャリア設定のアップデートを行うには、設定アプリの「一般」→「情報」をタップすればアップデートのオプションが表示されます。

    キャリア設定をアップデートする方法キャリア設定をアップデートする方法

    もしアップデートがあれば以下のような画面が表示されます。何も表示されない場合は、すでに最新のバージョンとなっています。

    キャリア設定をアップデートする方法

    4Gが遅いのは格安SIMが最新のiOSに未対応

    格安SIMのiPhoneを利用されている場合は、最新のiOSにアップデートしたことが4G・3Gが使えない原因かもしれません。

    つまり、最新のiOSにSIM側が対応できていないことが原因です。

    iOSのアップデートがリリースされた際、多くのSIM会社が最新のiOSに対応しているかどうかをアナウンスしています。

    もし格安SIMを使っている方でiOSのアップデート後にiPhoneが使えなくなったときは、利用している会社のHPなどで確認してみるといいでしょう。

    4Gが遅い・使えないのはiOSの不具合が原因

    可能性としては低いと思いますが、iOSの不具合の可能性もありえます。

    実際にiOS8.01のときに、大規模で4Gや3Gが使えないなどの不具合が発生しました。

    ちなみに最新のアップデートがきた場合は、毎回このブログでも不具合情報や評判について記事を書いています。→不具合検証記事

    是非この情報も合わせて、アップデートすべきかどうかの参考にしていただけたら嬉しいです。

    4G・3Gが遅いのは通信障害が発生中

    4G/3Gが遅いのは通信障害が原因

    あまり頻繁にあることではありませんが、お使いの携帯会社で通信障害を起こしている可能性も考えられます。

    1年に何回かは大規模な通信障害が起きており、4G・3Gともネットスピードが遅くなったり、全く使えなくなることがあります。

    通信障害の場合は不特定多数で起きているはずなので、TwitterなどSNSで同じような状況を調べてみるといいかもしれませんね。

    通信障害の場合であれば自分たちで何が出来ることはないため、各社の復旧が終わるまでおとなしく待つしかありません。

    やっぱり通信制限の可能性が高い

    僕が思うにiPhoneで4G/3Gが遅すぎて使えない原因は、なんだかんだ通信制限の可能性が一番高いんじゃないかなと思っています。

    自分では通信制限になるほど使っていなくても、自動アップデートなどで知らない間に大容量の通信を使っているなんてことはよくある話です。

    iPhoneのiOS自動アップデート機能をオフにする方法。不具合も多いから自動アップデートは危険!

    通信制限にかかると表示は4GやLTEのままなのですが、通常の3Gの回線よりも圧倒的に遅い回線になってしまいます。

    電話やメッセージぐらいであれば問題はないのですが、ネットをみたりするのはストレスがたまるぐらい遅く、正直使えたものではありません。 

    通信制限にかかっているかはキャリア毎に用意されているマイページから確認可能です。

    もし突然iPhoneの4G/3Gが遅くなって使えない場合は、まずは通信制限にかかっているかどうかを一度確認してみるといいですよ。

    通信制限を回避するに1GBあたりで出来ること

    ちなみにこの通信制限にかからないためには、1GBってどれぐらいのデータ容量なのかを理解しておくこが大切です。

    こちらの「スマホの通信量1GBってどれぐらい使えるの?」では、1GBあたりどれぐらいの動画が観れるのか、どれぐらいのネットができるのなどを解説しています。合わせて読んでみてください(‘ω’)

    iPhoneの省データモードで通信制限を回避する

    iPhoneのパケット消費を節約できる「省データモード」という機能がiOS13で追加されました。

    省データモードをオンにすると、以下のような制御が行われてパケットを節約することができます。

    • App Storeの自動アップデートが停止
    • App Storeの自動ダウンロードが停止
    • 写真のiCloudへの同期を停止
    • ミュージックアプリの自動ダウンロードが停止
    • ミュージックアプリの音質を低下
    • Podcastの自動ダウンロードが停止
    • Podcastのフィード更新を停止
    • FaceTimeの画質を低下
    • アプリのバックグラウンドでのデータ通信を停止

    詳しい使い方や効果などはこちらの「iPhoneでパケット消費を節約できる「省データモード」の使い方と効果!通信制限にならないために効果的な機能を紹介!」をご覧ください。

    最後に

    iPhoneでネット遅いときの原因を紹介しましたが、通信制限以外にもネット遅くなる原因はたくさんあるのです。

    以上、iPhoneのネットが遅い通信制限以外の原因と対処法でした。

    最後まで読んでいただき感謝!感謝!

    広告