iPhoneが充電できない原因別の対処法まとめ!埃詰まりやバッテリー劣化まで全て解説!これでダメなら買い換えろ!

どうも、@NewsBank7です。

私もiPhoneを使っていて何度か経験かあるのですが、iPhoneの充電が突然できなくなるってことがあります。

iPhoneが充電できない症状も原因は様々で、原因にあった適切な対処をすることが大切です。

この記事では突然iPhoneが充電できなくなったときの原因と対処法について、詳しく解説していきたいと思います。

iPhoneが充電できない場合の原因別対処法

広告

iPhoneが充電できない場合の対処法と言っても、充電できない原因は色々な理由があるはずです。

ここではiPhoneの充電ができない考えられる原因とその対処法についてご紹介していきたいと思います。

充電ジャック部分に埃が詰まっている

iPhoneの充電ができない原因でよくあるのが、充電ケーブルを挿し込むジャック部分にが詰まっており、充電ケーブルがしっかりと認証されていないケースです。

iPhoneに詰まった埃を取り除く方法

埃が原因で充電ができないのであれば、充電ジャックに詰まった埃を取ってあげることで充電ができるようになるはずです。

身近なモノで埃を取り出そうと思うと、爪楊枝なんかは細くて長いのでオススメです。

爪楊枝をジャック部分に入れ軽くホリホリしてあげれば、詰まった埃を綺麗に取り出すことができるはずです。

ケーブルの故障

iPhoneの故障ではなく、充電ケーブルとなるケーブルの故障が原因の場合です。Appleの純正のケーブルというのは、お世辞にも丈夫に作られているとは言えません。

普通に使って入れば問題はないのですが、充電した状態で寝ながらiPhoneをいじっていたりすると、ケーブルが曲がったり負荷がかかったりしてすぐダメになってしまいます。

ケーブルが故障しているかどうかは、他のiPhoneやiPadで充電できるかどうかを試してみるのが一番です。もし他の端末でも充電できないのであれば、原因は間違い無くケーブルにあるでしょう。

最近は100均など激安のLightningケーブルが売られていますが、個人的にはあまりオススメしません。詳しくはこちらの「注意!100均のiPhone充電ケーブルを使うとiPhoneが充電できなくなるかもよ」をご覧ください。

100均のケーブルを使うとiPhoneが充電できくなるかも

ちなみに僕が愛用しているAnkerのLightningケーブルは価格も安く断線もしにくいので、充電ケーブルを探している方は是非チェックしてみてください。

Anker PowerLine+ II 【Apple MFi認証取得】
created by Rinker

MFi認証対応のケーブルかどうか

iPhoneの充電ケーブルには高いものから安いものまで、純正・非純正含め数多くのケーブルが販売されています。純正ではないケーブルでも、Appleが認めているケーブルにはMFi認証 (Made For iPhone) が記載されています。

HSAPLCSC33_mini

MFi認証がされていないケーブルの場合、iOSをアッブデートすることでいきなり対応しなくなるといったことも実際にあるそうです。

そのためケーブルはできるだけ純正を使い、純正でなくともMFi認証がされているケーブルを選ぶようにしておきましょう。

MFi認証がされていないケーブルを使っている場合、「このケーブルは使えない可能性があります。」などの警告が表示れることがあります。

このアクセサリは仕様できない可能性があります。

詳しくはこちらの「iPhoneで「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示され充電できない原因と対処法」を参考にどうぞ!

電源プラグの故障

滅多に起こるケースではありませんが、ケーブルではなくケーブルとコンセントを繋げる電源プラグに原因がある場合もあります。

Anker PowerPort II – 2 PowerIQ
created by Rinker

iPhoneのバッテリーが消耗

もしお使いのiPhoneが古い端末であれば、充電できない原因はiPhone本体のバッテリーが消耗している可能性が高いです。

バッテリーが消耗しているかどうかは、iPhoneの設定アプリから確認することができます。詳しい手順はこちらの「iPhoneのバッテリー状態を確認する方法とパフォーマンスの低下を無効にする方法」を参考にしてください。

もしiPhoneのバッテリーが消耗している場合、バッテリーを交換してあげることで充電できない問題が解決できるかもしれません。

iPhoneのバッテリー交換については、こちらの「iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法をまとめてみた!iPhoneの電池減りが激しいならバッテリー交換をしよう!」で詳しくまとめているので参考にしてください。

バッテリー交換の金額は保証に入っているかどうかでも変わってきますが、とにかく費用を抑えたい場合は自分でバッテリーを交換してみるのもオススメです。

自分で修理.com」などを使えば簡単にできますので、気になる方は是非チャンレンジしてみてはいかがでしょうか。

コネクタ部分の故障

iPhoneのコネクタ部分が故障していることが原因の場合も多いです。コネクタ部分とは、iPhoneと充電ケーブルを繋げる接続部分のことです。

治すにはAppleに修理を頼むか、町のiPhoneの修理屋さんに頼むかのどちらかです。Appleの保証に入られてない場合は高額になりますので、iPhoneの修理屋にお願いするといいでしょう。

お店によって変わってはきますが、コネクタ部分の修理は8000円ぐらいがだいたいの相場になっています。

ファミコン式で埃をとばす

コネクタ部分の故障とまではいかないのですが、コネクタ部分に埃がたまり充電接続が不安定になることがあります。

埃が原因と考えられる場合、昔のファミコンではありませんがフーフーして埃をとばすのも意外に効果的です。

iOSの不具合

突然iPhoneが充電ができなくなった原因として、故障ではなくiOSの不具合である可能性もありえます。

実際にこれまでも充電ができなくなる不具合がありましたので、iOSをアップデートした直後充電できない場合は不具合の可能性が高いかもしれません。

iPhoneの不具合をAppleに問い合わせる方法

iPhoneが調子が悪い時の対処法

iPhoneの調子が悪いときに試しておきたい対処法を、こちらの「iPhoneで問題発生?不具合が出たときに試したい対処法をまとめてみた。」にまとめています。こちらも合わせて参考にしてください。

iPhoneの調子が悪いときの対処法まとめ

その他原因不明で充電できない場合

上記で紹介した原因のどれにもあてはまらない場合、もしかすると僕が以前経験した時と同じ症状かもしれません。

僕もiPhoneが突然充電できなくなったことがあります。

修理屋に持って行っても原因不明で、ケーブルやプラグを新しく買い換えても治らず・・・・。

ただある驚きの方法で充電できるようになり、その時の体験談を詳しく「iPhoneの充電できない問題が修理屋から提案された驚きの方法で解決した体験談」にまとめています。こちらもぜひ合わせて読んでみてください。

iPhoneの充電ができない物語その一

最後に

広告

iPhoneが充電できないと正直相当困りますね。というのも、iPhoneが便利すぎるからです。

電話やメールができないといった問題は当然として、今はiPhone一つで何でもできる時代です。私自身も予定管理もブログ投稿もゲームも、全てiPhoneでやっていたりします。

だからこそiPhoneが充電できない状況は、キツすぎますね・・・。

以上、最後まで読んていただき感謝!感謝!

新しい挑戦ということで、Youtubeをはじめてみました。

ブログでは伝えられない細かい説明を、動画で分かりやすく解説しています。

iPhoneユーザーの皆さん、チャンネル登録ぜひぜひよろしくお願いします!→チャンネル登路はこちらから

広告