iOS13でiPhoneのカーソル操作が変更!マウス感覚で動かせる快適操作に進化!

    どうも、@NewsBank7です。

    iPhoneのカーソル移動って思ったところに合わすことができず、使っていてストレスに感じることってありますよね。

    iOS13ではカーソル移動の操作性が変更されており、iPhoneでのカーソル操作がびっくりするほど改善されています。

    この記事ではiOS13で新しくなったiPhoneのカーソル操作について解説しているので、是非最後までご覧ください。

    iOS13の新機能・変更点を徹底解説!性能アップもあって旧モデルにも嬉しい神アップデートだ!

    iOS13でiPhoneのカーソル移動が進化

    広告

    これまではiPhoneのカーソルを合わせるには、合わせたい箇所をタップしてカーソルを移動するのが普通でした。

    小さなスマホの画面で的確に狙った場所にカーソルを合わせるのは難しく、思った通りのカーソル操作ができずにかなりストレスなんですよね。

    しかし、iOS13ではまるでマウスを操作するかのようカーソル移動することができる操作方法が追加されました。

    実際にカーソルを移動している姿を、動画で撮影したのでご覧ください。

    カーソルが手に引っ付くように操作できるので、合わせたい箇所に的確にカーソルを移動できてかなり快適です。

    iPhoneでカーソルを操作する方法とコツ

    広告

    iOS13で追加されたカーソル操作のやり方をご紹介します。

    操作方法はいたって簡単で、表示されているカーソルをタップした状態で指を動かし、合わせたい箇所で指を離すだけです。

    iOS13でカーソル移動が変更

    カーソルをタップして移動するだけでなく、マウスの「空白キー」や「マウス下のスペース」を少し強めにタップしても同様の操作ができます。

    iOS13でiPhoneのカーソル操作が変更iOS13でiPhoneのカーソル移動が変更

     

    カーソル移動で文字選択する方法

    iOS13では文字選択の方法も改良されています。

    英語キーの状態で上矢印の「↑」マークをタップした状態で「space」を少し強めに押し込むと、マウスで操作するような感覚で文字選択をすることができます。

    iOS13でiPhoneのカーソル移動が変更iOS13でiPhoneのカーソル移動が変更

    iOS13で変更されたカーソル移動のやり方を動画で解説

    文章で伝えるのは中々難しいので、動画にてやり方を解説しました。こちらも合わせてご覧ください。

    iOS13のカーソル移動の変更についての評判

    iOS13以前のiPhoneでカーソル移動するコツ

    ちなみに今回ご紹介した方法はiOS13で追加された新機能なので、それ以前のバージョンを使っている方には対応していません。

    ただしiOS13以前のiPhoneでも同じようにマウス感覚でカーソル移動ができるので、そちらのやり方に合わせてご紹介しておきます。

    この方法はiPhoneの3DTouchを使った機能です。
    設定アプリから「アクセシビリティ」→「タッチ」→「3DTouch」からオンにしておいてください。(3D Touchに未対応のiPhoneXRやiPhone6は未対応です)

    カーソルを移動するには、キーボード部分をどこでもいいので少し強めに押し込み、そのまま指を動かせばマウスのようにカーソルを自由に移動することができます。

    iPhoneで3DTouchを使ってカードル移動するiPhoneで3DTouchを使ってカードル移動する

    まとめ

    iPhoneでカーソルを自由に操作できる便利技を紹介しましたが、実際にやってみるとかなりカーソル移動が楽になるのがわかるはずです。

    iOS13で追加された機能の中では地味だけどかなり便利な機能なので、ぜひこの記事を参考に活用していただけたらと思います。

    以上、iPhoneでカーソルを自由に移動させる方法でした。

    最後まで読んでいただき感謝!感謝!

    広告