iPhoneのパスコードを忘れた!ロック解除できる裏ワザ・表ワザまとめ!PCがないけど大丈夫?初期化以外の方法は?

どうも、@NewsBank7です。

皆さんはiPhoneのパスコードを設定していますか?

紛失したときに第三者から不正利用されないためにも、iPhoneにはパスコードを必ず設定しておくべき。

しかし!!

最近はTouch IDやFace IDを搭載したiPhoneが主流なので、パスコードを入力する機会はかなり少なくなったと思います。

それ故に自分で設定したパスコードなのに、うっかり忘れてしまうこともあるかもしれません。

この記事ではiPhoneのパスコードロックを解除する裏ワザ集として、「iPhoneのパスコードを忘れてしまったときの対処法」を詳しく解説してみたいと思います。

iPhoneのパスコードで6桁・4桁・英数字を設定する各方法

動画でも解説しています

ブログを読むのが面倒という方のために、動画でも解説をしています。

参考になったと思ってくれた方は、ぜひぜひチャンネル登録もよろしくお願いします!

チャンネル登録はこちら

iPhoneのパスコード/パスワードを忘れた

iPhoneで設定しているパスコードを忘れたとき、6回連続で入力を間違えてしまうと、画像のようにiPhoneがロックされて一定時間動かすことができません。

iPhoneは使用できません1分後にやり直してください

その後も間違えると以下のようなメッセージが表示され、iPhoneが一定時間ロックされてしまいます。

  • 6回目「iPhoneは使用できません。1分後にやり直してください
  • 7回目「iPhoneは使用できません。5分後にやり直してください
  • 8回目「iPhoneは使用できません。15分後にやり直してください
  • 9回目「iPhoneは使用できません。60分後にやり直してください
  • 10回目「iPhoneは使用できません。1分後にやり直してください
  • 11回目「iPhoneは使用できません。iTunesに繋げてください

間違った階数を重ねていくたびに使えない時間が長くなり、11回以上間違えると「iTunesに繋げてください」というメッセージが表示されます。

このメッセージはある意味終わりの合図で、iPhoneを初期化することを意味しています。

初期化となるとかなり面倒なので、焦って何度も入力しないようにご注意してください。

iPhoneのパスコードを解除する方法まとめ

iPhoneのパスコードを忘れてしまいどうしてもロック解除できない場合は、これから紹介するiPhoneのロック解除の裏ワザ・表ワザを試してみましょう。

Siriを使ってiPhoneのロックを解除する裏ワザ

これぞ裏技という方法ですが、Siriを使ってiPhoneのパスコードロックを解除することが可能です。

ただしSiriを使ってパスコードを解除する裏ワザはiOS8〜iOS10.1のみ対応なので、最新のiOS12などにアップデートしているiPhoneは未対応となっています。

すでに多くの方がアップデートしていると思うので詳しい手順は割愛しますが、もしiOS10.1以前の旧バージョンをお使いの方は「iPhone Siri パスコード解除」などで検索してみてください。

iTunesを使ってiPhoneのパスコードを初期化する方法

お使いのiPhoneとiTunesを過去に同期したことがある場合は、こちらのiTunesを使った方法でiPhoneのパスコードを初期化します。

iTunesを使ったこちらの方法は、iPhoneの設定で「iPhoneを探すがオフ」になっていることが条件です。もしiPhoneを探すがオンになっている場合は、下記で紹介する「iCloud」か「リカバリーモード」を使った方法をご覧ください。

まずはiPhoneとiTunesを繋げ、iPhoneのデータのバックアップをとります。自動でバックアップが始まらない場合は、手動でバックアップの項目から「今すぐバックアップ」を選択します。

iTunesでiPhoneのパスコードを初期化する方法

バックアップが完了すればiPhoneの復元を行います。「iPhoneを復元」という部分をクリックしてください。

iTunesでiPhoneのパスコードを初期化する方法

このときiPhone側の設定で「iPhoneを探す」がオンになっていると、以下のような警告が表示され復元が出来ません・

iTunesでiPhoneのパスコードを初期化する方法

iPhoneを探すがオフになっている場合は、iPhoneを工場出荷状態に戻す確認が表示されるので「復元」を選択してください。

iTunesでiPhoneのパスコードを初期化する方法

これでiPhoneが初期化されたので、iPhoneに設定したパスコードも無事に初期化されました。

初期化をすると設定していたパスコードロックも解除されますが、アプリも写真も連絡先も全て初期化されてしまいます。

そこでここからはバックアップデータから、iPhoneのデータを復元していきます。

iPhoneを復元するには、手動でバックアップ/復元の項目から「バックアップを復元」を選択してください。

iTunesでiPhoneのパスコードを初期化する方法

最新のバックアップデータを選び、「復元」を選択すれば完了です。

iTunesでiPhoneのパスコードを初期化する方法

以上の手順で、iPhoneのパスコードを初期化することが出来ました。

iCloud.comからパスコードを初期化する方法

iPhoneを初期化するとパスワードもリセットできますが、iPhoneの設定で「iPhoneを探す」がオンになっていると、iTunesを使って初期化することができません。

その場合は「iCloud.com」からiPhoneを初期化するのがおすすめです。

パソコンや別のスマホのブラウザでiCloud.comにアクセスし、パスコードを忘れたiPhoneで使っているApple IDでサインインします。

iCloudでiPhoneのパスコードを初期化する

サインイン後、ホーム画面の「iPhoneを探す」を開きます。

iCloudでiPhoneのパスコードを初期化する

再度パスコードを入力してサインインします。

iCloudでiPhoneのパスコードを初期化する

するとiPhoneがどこにあるかマップ上に表示されるので、緑のマークをクリックして表示される(i)のマークをクリックしてください。

iCloudでiPhoneのパスコードを初期化する

するとiPhoneの情報がポップアップで表示されるので、そこから「iPhoneの消去」をクリックしてください。

iCloudでiPhoneのパスコードを初期化する

クリックするとiPhoneのデータを消去するかどうかの確認が表示されるので、「消去」をクリックすることでiPhoneを初期化することができます。

iCloudでiPhoneのパスコードを初期化する

以上の手順でiPhoneを初期化することができたので、iPhoneのパスコードも無事にリセットすることができました。

後はiTunesかiCloudに保存してあるバックアップから、データを復元すれば完了す。

Android端末からiPhoneのパスコードを削除する裏ワザ

上記のiCloudを使った方法であれば、Android端末からiPhoneのパスコードを初期化することも可能です。

ただしChromeなど未対応のブラウザからだとiCloudにアクセスはできず、Firefoxのブラウザでphonyというアドオンを導入することでアクセス可能です。

リカバリーモードで初期化する裏技

iTunesとiPhoneを同期したこともなければ、iCloudを使った方法も出来ない場合、残された手段は「リカバリーモード」を使ってパスコードを初期化する方法です。

iPhoneのリカバリーモード

リカバリーモードを起動する方法は端末によって異なるので、以下を参考にしてまずはリカバリーモードを起動してください。

  • iPhone 8以降のiPhoneの場合:音量を上げるボタンを押して、すぐに放します。音量を下げるボタンを押して、すぐに放します。続いて、リカバリモードの画面が表示されるまでサイドボタンを押し続けます。
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus の場合:サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまで押し続けます。
  • iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch の場合:ホームボタンと上部のボタン (またはサイドボタン) を同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまで押し続けます。

リカバリーモードが起動すると「復元」と「アップデート」の選択肢が表示されるので、「復元」を選択してください。

iPhoneのリカバリーモードで初期化する方法

以上でiPhoneのパスコードの初期化は完了です。

iPhoneのパスコードを忘れたけどPCを持っていない場合

「iPhoneを探す」を使った初期化以外はパソコンが必須ですが、中にはiPhoneは持っているけどPCを持っていない方も多いでしょう。

iPhoneのパスコードを忘れたらショップにお願いしよう

PCを持っておらずiPhoneのパスコードを初期化できない場合は、App StoreかAppleの正規サービスプロバイダのショップに持っていけば、代理で初期化の作業を行ってもらうことが可能です。

iTunes をお持ちでない場合は、Mac または Windows パソコンで iTunes をダウンロードし、インストールします。コンピュータをお使いでない場合は、お知り合いから借りていただくか、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにご相談ください。

公式HPには有料か無料かまでは記載されていませんが、手数料ぐらいはとられる可能性があるので、事前に店舗に確認してから行くことをオススメいたします。

もし近くに該当のお店すらないという場合は、友人にパソコンを借りるかネットカフェを使って初期化するといいでしょう。

初期化以外にパスコードを解除する裏ワザはないの?

以前まではSiriを使った方法など、iPhoneを初期化せずにパスコードを解除する裏技がありましたが、最近はセキュリティの強化により初期化なしに解除できる方法は存在しません

iOS12以降のiPhoneだとSiriを使った裏ワザにも対応しておらず、iPhoneのパスコードを忘れたらデータを初期化することが必須となっています。

もちろんデータはバックアップさえとっていれば、初期化後も「復元」することでデータを戻すことは可能です。

だからこそ、普段からこまめにiPhoneのバックアップはとっておくことが大切です。

iTunesを使ったiPhoneのバックアップ・復元のやり方!Windows・MACの両PCに対応した方法を解説します

ちなみにPCがなくてもiCloudを使えばバックアップはとれます。

iCloudを使ったバックアップの方法は、こちらの「iPhoneをパソコンなしでバックアップする方法!iCloudを使えばPCがなくでも大丈夫!」を参考にしてください。

iCloudによるバックアップも容量的に無理な方は、「Qubii Pro」というSDカードにiPhoneのデータを保存できるアイテムがおすすめです。

Qubii Pro(キュービィ プロ)
created by Rinker

関連:【Qubii Proレビュー】充電するだけでiPhoneのデータをバックアップ!Wi-Fiもパソコンがなくても大丈夫な最強バックアップツールだ!

以上、「iPhoneのバスコード/パスワードを忘れたときの対処法」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

新しい挑戦ということで、Youtubeをはじめてみました。

iPhoneの使い方やおすすめアプリなど、ブログでは伝えきれない細かい説明を動画で分かりやすく解説しています。

iPhoneユーザーの皆さん、チャンネル登録ぜひぜひよろしくお願いします!
チャンネル登録はこちらから

2019年9月:チャンネル解説
2020年3月:チャンネル登録1000人 達成