iPhoneのSafariでサイトを翻訳する方法!英語から日本語に翻訳するやり方を解説

どうも、@NewsBank7です。

ブラウザによってはサイトの翻訳機能が標準に備わっているものもありますが、iPhoneの標準ブラウザであるSafariには翻訳機能が付いていません。

Googleクロームなど別のブラウザアプリを使うのは1つの手ですが、使い慣れたSafariに拘りがある方も多いはず。

そこで本日は、Safariで外国語のサイトを丸ごと日本語に翻訳する方法をご紹介したいと思います。

iPhoneのSafariでPCサイトを表示する方法とスマホ表示に戻す方法

iPhoneのSafariで英語サイトを翻訳する方法

広告

Safariには標準では翻訳機能が備わっていないので、『Translator』という翻訳アプリを利用します。

Translator(Webページをまるごと翻訳)

Translator(Webページをまるごと翻訳)

Koji Kiyama無料posted withアプリーチ

 このアプリの良いところは以下の通り

  • Safariと直接連携できる
  • 作成者が日本人のため違和感のない日本語翻訳
  • 多言語に対応

Translator(Webページをまるごと翻訳)の使い方

アプリをインストールしたら簡単な設定をしていきます。

アプリを開いて、翻訳する言語を選択します。日本語に翻訳したい場合は、「日本語」を選択してください。使っていてアプリが落ちたり翻訳が失敗する場合は、「省メモリモード」をオンにしておくといいです。

Translator(Webページをまるごと翻訳)の使い方Translator(Webページをまるごと翻訳)の使い方

続いてSafariを開いた後に外部アプリ呼び出し、「その他」から「Translater」をオンにします。

Safariで翻訳する方法Safariで翻訳する方法

すると外部アプリの一覧にTranslaterが表示されますので、後は翻訳したいページで「Translator」をタップるだけです。

Safariで翻訳する方法

Translatorで英語サイトを翻訳してみた

Translater」を使って英語サイトがどのように翻訳されるのか、実際に試して使ってみましょう。

こちらの英語サイトを翻訳してみます。上記方法で翻訳してみると、Safariでも日本語で表示されるようになりました。

Safariで英語から日本語に翻訳するSafariで英語から日本語に翻訳する

書かれてある日本語は完璧とは言えませんが、普通に読んで意味の分かるので十分すぎるぐらいだと思います。

英語が苦手だけど興味のある海外サイトがある方は、是非こちらのアプリを使ってSafariで翻訳をしてみてくださいね。

以上、「iPhoneのSafariで英語サイトを日本語に翻訳する方法」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

超絶おすすめの格安SIMランキング

格安SIMオタクでiPhoneマニアの管理人が、数ある格安SIMの中からiPhoneで使える超絶おすすめの格安SIMをランキング形式で紹介しています。

格安SIMへの乗り換えを検討しているけど、どれを選べばいいか分からないという方はぜひぜひ参考にしてください。

広告