【iPhone】Wi-Fiが繋がらない・遅いを解決!公式の対処法をまとめてみた

iPhoneでWi-Fiが使えない対処法
最終更新日: 2017年11月19日

どうも、@NewsBank7です。

iPhoneをWi-Fi回線で使っていると、Wi-Fiが繋がらなかったりスピードが異常に遅いといった不具合が起きることがあります。

最近は新しいiOSがリリースされるたびに「Wi-Fiが遅くなった」「Wi-Fiが繋がらない」との声を聞くので、Wi-Fiの調子が悪くて困っている人も多いみたいですね。

そこでこの記事では、iPhoneでWi-Fiの調子が悪いときの対処法をご紹介してみたいと思います。Wi-Fiの不具合でお困りの方は必見です。

スポンサードリンク


Apple公式のWi-Fiが調子が悪いときの対処法

実はWi-Fiの調子が悪いときの対処法を、Appleは公式サイトで公表しています。

ここではAppleが公式に紹介している対処法を含め、iPhoneでWi-Fiが繋がらない、Wi-Fiのスピードが遅いときの解決法を一挙ご紹介してみたいと思います。

電源を切る

何か不具合があったとき、とりあえず電源を切ることで直ることがほとんどだったりします。

電源を切るにはiPhoneのスリープボタンを長押しすると電源ボタンが出てくるので、右にスライドすることで電源を切ることができます。

再起動してみる

電源を切ってもダメなら、次は再起動を試してみるといいでしょう。こちらも同じく、たいていの不具合は再起動で直ったりするものです。

再起動はスリープボタンとホームボタンを長押しすることで実行できます。

Wi-FiをOFFにしてみる

Wi-Fiの調子が悪いとき、Wi-Fiを一度OFFにして再度ONにすることで改善されることもあります。

Wi-Fiをオフにするには設定アプリから「Wi-Fi」を選択し、オフにすれば完了です。


Wi-Fiを再度登録してみる

登録しているWi-Fiのネットワークを一度消去し、再度Wi-Fiのネットワーク登録するのも効果的な方法です。

ネットワークを消去するには「設定」から「Wi-Fi」を選び、消去したいネットワークの右にある(i)のマークをタップします。すると「このネットワーク設定を消去する」という項目があるのでそちらを選択することおで削除することが出来ます。

ネットワークを消去した後は、再度Wi-Fiを登録しましょう。登録の際にWi-Fiのパスワードが必要になるのでご注意くださいね。

Wi-Fiネットワークをオフにする

Wi-Fiの調子が悪い時、位置情報サービスの「Wi-Fiネットワークをオフ」にすると改善される場合があるようです。

Wi-Fiネットワークをオフにするには、設定アプリから「プライバシー」をタップし、「位置情報サービス」を選択します。

次に「システムサービス」をタップし、その中にある「Wi-Fiネットワーク」をオフにすることで設定は完了です。

iOSを最新の状態にアップデートする

AppleのアップデートではWi-Fi関連の不具合修正なども含まれていることがあるので、できるだけ最新のiOSにしておくようにしましょう。

ただアップデートすることで別の不具合が起きることもあるので、アップデートする際は慎重に行うようにしましょう。

最後に

iPhoneでWi-Fiの調子が悪い場合も、上記方法で大抵の場合は直ることがほとんどです。Wi-Fiの調子が悪くてお困りの方は、是非試してみてくださいね。

以上、iPhoneでWi-Fiが繋がらない、速度が遅いなど、Wi-Fiの調子が悪い時に試したい対処法のまとめでした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【無料】まだ名刺管理で消耗してるの?

Eight - 100万人が使う名刺アプリ
Eight - 100万人が使う名刺アプリ
開発元:Sansan, Inc.
無料
posted with アプリーチ

最近使い始めたけどめっちゃ便利なアプリです!詳しくはこちらの「名刺管理アプリの「Eight」を使ってみたら便利すぎて名刺ホルダー使ってた昔の自分を殴りたい件」を読んで見てください!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。