iPhoneで特定のアプリをホーム画面から非表示にする方法!不要なアプリはAppライブラリに移動しよう

  • 2020年10月4日
  • 2020年10月18日

どうも、みみっくです。

iOS14でAppライブラリという機能が追加されたことで、アプリはホーム画面にあるものというこれまでの概念が変わりました。

ホーム画面にあるアプリをAppライブラリに移動すれば、ホーム画面からアプリを非表示にすることが可能です。

そこでこの記事では、iPhoneでアプリをAppライブラリに移動してホーム画面から非表示にする方法を解説します。

iPhoneのホーム画面からアプリを非表示にできる

広告

iOS14からAppライブラリという機能が新たに追加されました。

関連:iPhoneの「Appライブラリ」の使い方を徹底解説!カテゴリごとにアプリが自動整理されるぞ

Appライブラリはホーム画面の一番最後のページにあり、全てのアプリがカテゴリ別に整理された状態で表示されます。

iPhoneのAppライブラリの使い方iPhoneのAppライブラリの使い方

全てのアプリはこのAppライブラリに保存されているため、これまでのようにホーム画面にアプリを置いておく必要がなくなりました。

つまり、アプリをAppライブラリに移動することで、アプリをホーム画面から非表示にすることができるのです。

特定のアプリをホーム画面から非表示にする方法

広告

iPhoneのホーム画面からアプリを非表示にする方法を解説します。

ホーム画面にあるアプリはAppライブラリに移動することで、データを削除せずに非表示にすることができます。

非表示にしたいアプリを長押しするとメニューが表示されるので、「Appを削除」をタップします。

iPhoneで特定のアプリをホーム画面から非表示にする方法

次に「Appライブラリに移動」をタップします。

iPhoneで特定のアプリをホーム画面から非表示にする方法

ここで「Appを削除」をタップするとアプリ自体の削除となり、データも削除されiPhoneから消えてしまうのでご注意ください。

関連:iPhoneでアプリを削除(アンインストール)する方法を解説!Appを削除と取り除くの違いは?

ホーム画面の不要なページを非表示にする方法

アプリを1つ1つAppライブラリに移動するのが面倒なら、ホーム画面のページ単位で非表示にすることも可能です。

編集モードの状態で画面下の「・・・」をタップして、非表示にしたいページをタップしてチェックを外せば完了です。

iPhoneのホーム画面を非表示にする方法iPhoneのホーム画面を非表示にする方法

詳しい解説はこちらの「iPhoneでホーム画面のページを非表示・再表示する方法!不要なページを消したらホーム画面がすっきり」をご覧ください。

インストールしたアプリをAppライブラリのみに追加する

新規インストールしたアプリは初期設定では、ホーム画面とAppライブラリの両方に追加されます。

新しいアプリをインストールするたびにホーム画面から非表示にするのが面倒なら、アプリがAppライブラリのみに追加されるように設定を変更しましょう。

設定アプリから「ホーム画面」をタップし、「Appライブラリのみに追加」をタップすれば完了です。

iPhoneのAppライブラリの使い方iPhoneのAppライブラリの使い方

詳しい解説は、こちらの「iPhoneでアプリをAppライブラリのみに追加する方法!インストールしたアプリをホーム画面に追加しない設定を解説」をご覧ください。

広告