iPhoneのダークモードの設定・使い方!電池持ちが良くなるって本当?ダークモードのメリット・デメリットなど徹底解説

iPhoneのダークモードの使い方・設定方法

どうも、にゅーすばんくです。

iOS13以降のiPhoneには「ダークモード」と呼ばれる機能が搭載されています。

iPhoneのダークモードではアプリ画面が黒基調のテーマに変わります。さらに見た目だけではなく、電池持ちが良くなるなど様々なメリットもあります。

そこでこの記事では、iPhoneの「ダークモード」の設定・使い方やメリット・デメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

iPhoneのダークモードとは

iPhoneに搭載される「ダークモード」とは、iPhoneの標準アプリのデザインをクールな黒基調のテーマに変更してくれるモードです。(iOS13で追加された機能なので、iOS13以降のOSにアップデートしたiPhoneでのみ使えます)

iPhoneの通常モードである「ライトモード」と「ダークモード」を比較してみるとこんな感じ!

設定アプリの「ライトモード」と「ダークモード

メモアプリの「ライトモード」と「ダークモード

App Storeの「ライトモード」と「ダークモード

Safariの「ライトモード」と「ダークモード

「ダークモード」にすることでどのアプリも黒基調のスタイルになるので、クールなイメージが好きな方であればダークモードはかなり気にいると思います。

iPhoneをダークモードに設定する方法

iPhoneをダークモードに設定する方法は、「手動でダークモードに設定」「自動でダークモードに設定」「コントロールセンターからのダークモードを設定」「Siriを使ってダークモードを設定」の4つの方法があります。

iPhoneをダークモードに変更する4つの方法

  • 手動でダークモードにする方法
  • 自動でダークモードにする方法
  • コントロールセンターからダークモードにする方法
  • Siriを使ってダークモードにする方法

では、それぞれの方法を解説していきましょう!

iPhoneを手動でダークモードに設定する方法

まずは、手動でiPhoneをダークモードに設定する方法を解説します。

手動でのやり方としては、「設定アプリからダークモードにする方法」と「コントロールセンターからダークモードにする方法」があります。

設定アプリからiPhoneをダークモードに設定する

設定アプリから「画面表示と明るさ」をタップして、外観モードの項目から「ダークモード」を選択するだけです。

「ライト」が通常の白基調のモードで、「ダーク」が黒貴重のダークモードです。

コントロールセンターからダークモードを設定する方法

コントロールセンターからダークモードのオン・オフを操作することが可能です。

コントロールセンターを表示するには、ホームボタンがあるiPhoneは画面下から上にスライド、ホームボタンのないiPhoneは画面右上から下にスライドします。

 

関連:iPhoneでコントロールセンターの使い方

コントロールセンターから「画面の明るさを調整するバーを長押し」して、「ダークモードのボタン」をタップすれば設定完了です。

iPhoneのダークモードを自動で設定する

続いて、iPhoneのダークモードを自動で設定する方法について解説します。

ダークモードは手動での設定だけでなく、指定の時間帯に自動的にダークモードのオン・オフを設定することができます。

設定アプリから「画面表示と明るさ」をタップし、「自動」の項目をオンにします。

ダークモードの自動パターンは、「日の入から日の出」までと「カスタムスケジュール」から選ぶことができます。

日の入から日の出までダークモードを自動設定する

日の入から日の出まで」の場合、日の入り・日の出時間に合わせてiPhoneをダークモードに自動的に切り替えることができます。

現在地の位置情報をもとに日の入り時間と日の出時間を判断しているため、この設定をするにはiPhoneの位置情報がオンである必要があるのでご注意ください。

位置情報をオンにするには、設定アプリから「プライバシー」→「位置情報」をタップします。

位置情報サービス」のラベルをオンにすれば設定完了です。

カスタムスケジュールでダークモードを自動設定する

カスタムスケジュール」を選択した場合、指定した時間帯で自動的にiPhoneをダークモードに切り替えることができます。

Siriを使ってダークモードを設定する方法

続いて、Siriを使ってiPhoneをダークモードに変更する方法を解説します。

iPhoneをダークモードに変更するには、Siriに「ダークモードに変更」と話しかけるだけです。

iPhoneのダークモード時に壁紙も暗くする

iPhoneのダークモードをオンにしているとき、壁紙の色味をダークモードに合わせて暗くすることが可能です。(特定の壁紙のみ)

ダークモード時に壁紙を暗くするには、設定アプリから「壁紙」をタップして「ダークモードで壁紙を暗くする」をオンにするだけです。

上記の設定をオンにすることで、設定している壁紙がダークモードに合わせて少し暗く変わります。

左が「通常モード」の壁紙で、右が「ダークモード」の壁紙です。

ダークモード時の方が壁紙が暗くなっているのが分かりますね。ちなみに、ダークモード時に画面が暗くなるのは対応する特定の壁紙のみです。

iPhoneに標準で用意されている壁紙の中では、ダークモードのマークがついた画像のみ対応しています。

iPhoneのダークモードのメリット

iPhoneのダークモードって何か嬉しいの?と疑問に感じる方も多いと思いますが、iPhoneのダークモードのメリットとしては以下の通りです。

  • ダークモードにするとバッテリー持ちがよくなる
  • ダークモードにすると目に優しい
  • ダークモードにすると雰囲気が変わる
  • ダークモードかっこいい

ダークモードにするとバッテリー持ちがよくなる

iPhoneX以降のモデルは有機ELを採用していますが、有機ELディスプレイのiPhoneでダークモードに設定すると通常よりもバッテリー消費をおさえることができます。

従来の液晶ディスプレイと有機ELディスプレイの細かい違いは割愛しますが、有機ELディスプレイは黒色を非常に効率的に表現できるディスプレイです。

そのため、有機ELのiPhoneで黒基調のダークモードを使うと通常モードよりも電池持ちが良くなるのです。

【最新版】iPhoneの電池の減りを抑えるバッテリー節約術まとめ!設定を見直すだけで電池はかなり長持ちになるぞ!

海外サイトの情報によると、ダークモードにすることで16%もバッテリー持ちが良くなったとのことです。

After three hours with maximum brightness and a black wallpaper, the iPhone X battery fell from 100 percent to 77 percent.

The same test was conducted with the default, colorful wallpaper on the iPhone X, and we found that battery fell from 100 percent to 61 percent.

Switching to the true black wallpaper on iPhone X, in an extreme max-brightness test case, saved 16 percent in battery consumption.

出典:appleinsider

英語の記事になりますが要は通常モードであれば電池の減りが100%から61%だったのが、ダークモードだと100%から77%だったよという内容です。

ダークモードは目に優しい

黒基調のダークモードは発光をおさえることができるので、ダークモードは目に優しいというメリットがあります。

白い光は特に目への負担が強いので、白い光をおさえているダークモードは通常モードよりも目に優しいのです。

ダークモードの見た目があまり好きではない方も、夜間だけはダークモードにするなど目への負担をできるだけ和らげてあげましょう。

関連:iPhoneのNight Shift(ナイトシフト)の使い方

ダークモードで雰囲気が変わる

ダークモードにするとiPhoneの雰囲気がこれまでとかなり変わるので、まるで新しいiPhoneに買い替えたような新鮮な気分になります。

ちょっとiPhoneのデザインに飽きてきたなという方は、ダークモードにすれば気分を一新することができるかもしれませんよ。

iPhoneのダークモードの評判・口コミ

iPhoneのダークモードについての評判・口コミをまとめておきます。こちらもぜひ参考にしてみてください。

まとめ

iPhoneのダークモードについて解説してみましたが、個人的にはとてもカッコいいと思いますしとてもお気に入りです。

見た目だけでなく電池持ちが良くなったり、目に優しいなどのメリットもあるので、ぜひiOS13の新機能「ダークモード」を使ってみてください。

以上、iPhoneでダークモードを設定する方法とダークモードのメリットでした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

 

月700円のモバイル保険がお得すぎ
モバイル保険に加入していれば、たった月額700円で年間10万円までの修理費用が全て免除することができます。

ここだけの話・・・

Appleの保険よりもずっとお得なサービスなので、iPhoneユーザーなら要チェックです!

 
 
広告
モバイルバージョンを終了