iPhoneの画面が割れたときの修理方法・費用まとめ!Appleでの修理から自分での交換まで全方法を解説!

iPhoneの画面が割れたときの修理方法・費用まとめ

どうも、@NewsBank7です。

うっかり落としてしまったりドアに挟んでしまったり、iPhoneの画面が割れてヒビが入ったことは誰でも一度ぐらいあるのではないでしょうか。

もしかすると現在進行形でディスプレイにヒビが入った状態で、気にせず使っている方も多いかもしれませんね。

iPhoneの画面が割れた時は修理すれば綺麗に直りますが、色んな修理方法があり値段もそれぞれ異なります。

そこでここでは、iPhoneの画面割れの修理方法と修理料金について、パターン別にわかりやすくご紹介していきます。

スポンサードリンク

iPhoneの画面割れをAppleで修理する

一番安心かつ保証サービスに加入している場合最安なのが、Appleで修理する方法です。

Appleで修理するにはAppll Soreか、全国にある正規プロパイダー店に持っていけば修理してもらうことができます。

Appleで画面割れの修理をお願いする場合、保証に入っているかどうかで修理料金が異なります。

ここではAppleのメーカー保証であるApple Care+に加入している場合の金額と、一般価格での修理料金のそれぞれを解説していきたいと思います。

Apple Care+や1年保証での画面割れの修理価格

iPhoneは購入後1年間はAppleによるメーカー保証に加えて、有料で保証期間を3年間に延長できるApple Care+を用意しています。

お使いのiPhoneが保証期間であれば、以下の金額で画面割れを修理することが出来ます。

モデル修理料金
全モデル3,400円

Appleで画面割れを修理する一般価格

iPhoneを購入後1年が経ち、Apple Care+にも加入していない場合、画面割れの修理は以下の一般価格での修理となります。

モデル修理料金
iPhoneX-
iPhone813,800~15,800円
iPhone8 Plus15,800~17,800円
iPhone78,780~10,780円
iPhone7 Plus10,780~12,800円
iPhone6S6,780~9,680円
iPhone6S Plus6,780~10,780円
iPhone64,780~6,280円
iPhone6 Plus6,780~9,280円
iPhoneSE4,780~6,280円
iPhone5S4,780~6,280円
iPhone5C4,780~6,280円
iPhone54,780~6,280円
iPhone4S4,780~6,280円

また、Apple Care+に加入している場合でも、保証価格で修理できるのは2回までです。3回目からは上記金額での修理になるので、その点間違いのないようご注意ください。

自分がAppleの保証期間か確認する方法

自分のiPhoneがAppleの保証期間かどうかは、こちらの「Appleのサイト」にアクセスし、iPhoneのシリアル番号を入力すれば確認することができます。

シリアル番号を調べるには、iPhoneの設定アプリの「一般」から「情報」をタップすれば、シリアル番号が記載されています。

iPhoneの修理屋さんで画面割れを修理する方法

Appleの保証期間であればAppleで修理すればいいのですが、保証対象でない場合は一般のiPhone修理屋で直したほうがお得に修理できるはずです。

お店によって修理価格も異なりますが、ここでは全国展開している某iPhone修理屋の価格を参考に紹介しておきます。

モデル修理料金
iPhoneX-
iPhone813,800~15,800円
iPhone8 Plus15,800~17,800円
iPhone78,780~10,780円
iPhone7 Plus10,780~12,800円
iPhone6S6,780~9,680円
iPhone6S Plus6,780~10,780円
iPhone64,780~6,280円
iPhone6 Plus6,780~9,280円
iPhoneSE4,780~6,280円
iPhone5S4,780~6,280円
iPhone5C4,780~6,280円
iPhone54,780~6,280円
iPhone4S4,780~6,280円

自分でiPhoneの画面割れを修理する方法

とにかく修理費用を抑えたい方は、画面割れを自分で修理してみるのがオススメです。

自分で修理なんて出来ないと思うかもですが、最近は「自分で修理.com」で売られているような修理キットを使えば、簡単に画面割れの修理ぐらいできるようです。

モデル修理料金
iPhone6S6,980円
iPhone65,980円
iPhone5S4,980円
iPhone5C5,980円
iPhone54,980円
iPhone4S4,980円
iPhone44,980円

修理に出すよりもかなり安くすむので、とにかく安く修理したいという方には特におすすめの方法です。

パターン別おすすめの画面修理の方法

iPhoneの画面が割れたときの修理方法として、「Appleでの修理」「iPhone修理屋での修理」「自分で修理」の大きく3つの方法があります。

ここではパターン別におすすめの方法を紹介するので、どこで修理しようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

iPhoneがAppleの保証期間の場合

もし修理したいiPhoneがAppleの保証期間であるなら、迷わずにメーカーであるAppleに修理をお願いしましょう。

保証期間は修理料金も一番安いですし、何よりも安心です。

とにかく費用を抑えたい場合

Appleの保証に入っていないかつ、とにかく修理費用を抑えたい方は、割れたiPhoneを自分で修理するのがオススメです。

自分で直すときくとハードルが高そうですが、「自分で修理.com」の修理キットを使えば初心者でも簡単にディスプレイ交換ができるとのことです。

安い金額で修理をお願いしたい場合

Appleの保証には入っていないけど、自分で修理するのは自身がない方は、iPhoneの修理屋さんで修理をお願いするのがいいでしょう。

Googleで「iPhone修理 自分の住んでる地域」などで検索すれば、最寄りのお店が見つかるはずです。

最後に

iPhoneの画面割れの修理について書いてみましたが、画面の割れたiPhoneをそのまま使うのは危険ですし故障にも繋がる原因となります。

是非この記事を参考に、お好みの方法でiPhoneの画面割れを修理に出すようにしましょう。

以上、iPhoneの画面割れの修理方法まとめでした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。