iPhoneで背面タップの使い方・便利な活用法を解説!スクショも片手で簡単にできて超便利

  • 2020年10月3日
  • 2020年10月18日
iPhoneで背面タップで徹底解説

どうも、みみっくです。

iOS14でiPhoneにすごい機能が追加されました。

それが「背面タップ」と呼ばれる機能で、iPhoneの背面をトントンとタップすることで設定した機能を呼び出すことができるものです。

背面をトントンとタップするだけで、スクショをとったり、PayPayなど電子決済アプリを起動したり・・・!!!

使い方次第でiPhoneが超絶便利に変わる機能なので、ここではiPhoneの背面タップの使い方と便利な活用方法について詳しく解説していきます。

iPhoneの背面タップとは

広告

背面タップ」とはiOS14で追加されたアクセシビリティの機能で、背面をタップすることで設定した機能を割り当てることができます。

ちょうどiPhoneの背面にあるAppleのロゴ辺りをタップする感じです。

iPhoneの背面タップ

例えば背面タッチにスクリーンショットを設定していると、iPhoneの背面部分をトントンとタップするだけでスクショがとれるようになります。

iPhoneの背面タップ

背面タップに対応するiPhone

背面タッチに対応するiPhoneは以下のモデルとなっています。

  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)

カバーをつけてても背面タップは利用できる

iPhoneの背面タップはケースをつけてても反応

なんと背面タップはカバーやケースをつけていても反応するようです。

実際に僕もケースをつけたまま試してみましたが、結構分厚いケースにも関わらず背面タップを正しく認識してくれました。

iPhoneの背面タップの設定方法

広告

iPhoneで背面タップを使うための設定方法を解説していきます。

まず設定アプリから「アクセシビリティ」をタップします。

iPhoneで背面タップの使い方

画面真ん中ぐらいにある「タッチ」をタップします。

iPhoneで背面タップの使い方

背面タップ」をタップします。

iPhoneで背面タップの使い方

ダブルタップ」と「トリプルタップ」のそれぞれに機能を設定できます。

iPhoneで背面タップの使い方

最後に設定したい機能をタップすれば完了です。

iPhoneで背面タップの使い方

背面タップに設定できる機能一覧

背面タップに割り当てることができる機能は以下の通りです。

  • Appスイッチャー
  • Spootlight
  • コントロールセンター
  • シェイク
  • スクリーンショット
  • ホーム画面に戻る
  • 音量を下げる
  • 音量を上げる
  • 画面をロック
  • 簡易アクセス
  • 消音
  • 通知センター
  • ショートカット
  • AssitiveTouch
  • VoiceOver
  • ズーム
  • 画面の読み上げ
  • 拡大鏡
  • 反転(クラシック)
  • 反転(スマート)
  • 上にスクロール
  • 下にスクロール

作成したショートカットも設定できるので、特定のアプリを呼び出したり、背面タップで出来ることはかなり自由度も高いです。

iPhoneの背面タップの便利な使い方

ここからはiPhoneの背面タップの便利な活用方法をご紹介します。

背面タップでスクショを撮影

iPhoneで背面タップの使い方

背面タップに設定するおすすめの機能がスクリーンショットです。

スクショは2つのボタンを同時押しするため両手を使わないと行けないところ、背面タップに設定することで片手で撮ることができるようになります。

背面をトントンとタップするだけでいいので、スクショを使う機会が多い人にはおすすめです。

関連:iPhoneでページ全体のスクリーンショットを撮影する方法!Safariやメモ帳などページを丸ごとスクショ可能

背面タップでコントロールセンターを開く

iPhoneで背面タップの使い方

背面タップにコントロールセンターを開く機能を設定するのもおすすめです。

iPhone11 Pro Maxのような大きなiPhoneだと、コントロールセンターを開く動作って結構大変なんですよね。

背面タップは片手で背面をとんとんとタップするだけでいいので、手の小さい方でもコントロールセンターを簡単に開くことができます。

背面タップでアプリを起動

背面タップではオリジナルのショートカットを設定することもできるので、背面をタップするだけで特定のアプリを起動するなんて設定も可能です。

LINEなどのメッセージアプリ、PayPayなどの電子決済アプリ、TwitterなどのSNSアプリなどなど。

これらのアプリを背面をタップするだけで起動できるとなると、かなり便利に感じる方も多いはずです。

ショートカットの作成が必要になるため少し設定の手順は面倒ですが、こちらの「iPhoneの背面タップでアプリを起動させる方!LINEやPayPayを背面トントンで起動できて超便利」で詳しく解説しています。

広告