iPhone7/8/Xの防水はお風呂や海で使っても大丈夫?iPhoneの防水で出来ることと注意点まとめ

iPhoneの防水ってどれぐらい

どうも、@NewsBank7です。

iPhone7からiPhoneにも待望の防水機能が搭載され、もちろん後継モデルのiPhone8iPhoneX防水となっています。

ただ一言で防止といっても、実は防水にも細かな定義やレベル感の違いあって、防水レベルによって大丈夫なこと・大丈夫じゃないことってのがあるんです。

公式サイトをみるとiPhone7/iPhone8/iPhoneXの防水は「IP67」というレベルですが、ではiPhoneの防水はどれぐらいのレベルでどれぐらいの防水性能なのでしょうか。

お風呂でiPhoneを使っても壊れないほどの防水性能なのでしょうか?

そこで今回はiPhoneの防水機能をテーマに、出来ることや出来ないこと、注意点など書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

iPhoneの防水レベルはIP67

iPhoneなどの精密機器の防水のレベルを示す数値として、「IP(インターナショナル・プロテクション)」という規格があります。

通常IPの横には「IP67」のように数字が記載されており、左の数字が「防塵レベル」で右の数字が「防水レベル」を意味しています。

どれぐらいの防塵・防水性能かは以下の表にまとめているように、レベルごとに出来ることが細かく規定されています。

等級出来ること
0無保護
1鉛直に滴下する水滴に対して保護されている
215度以内で傾斜しても鉛直に滴下する水滴に対して保護されている
3鉛直から60度以内の噴霧水の水によって有害な影響を受けない
4いかなる方向からの飛沫によっても有害な影響を受けない
5いかなる方向からの直接暴噴流の水によっても有害な影響を受けない
6いかなる方向からの暴噴流の水によっても有害な影響を受けない
7規定の圧力及び時間で水中に浸漬しても影響を受けない
8IPx7より厳しい条件下で継続的に水中に沈めても有害な影響を受けない

Appleの公式サイトをみるとiPhoneの防水性能は「IP67」とのことなので、iPhoneの防水は「規定の圧力及び時間で水中に浸漬しても影響を受けない」に当てはまることになります。

▶▶iPhoneが水没したかを確認する端末別の方法!赤色の水没マークが表示される場所を図解で解説!

iPhoneが水没したかを確認する端末別の方法!赤色の水没マークが表示される場所を図解で解説!

2018.05.21

では続いて、実際にどれぐらいのことが出来るかを具体的にご紹介していきます。

iPhoneの防水ってお風呂でも使えるのか

お風呂のときぐらいスマホ見るなよと言われそうですが、結論から言うとiPhoneの防水レベルはお風呂でも使うことが可能です。

そもそもiPhoneの防水レベルであるIP67が「規定の圧力及び時間で水中に浸漬しても影響を受けない」レベルのものなので、お風呂で使うぐらいであれば何の問題もないと言えるでしょう。

お風呂で浴槽に浸かりながらiPhoneを操作するのはもちろん出来ますし、推奨はされていませんがシャワーをかけたり浴槽につけても特に問題はないはずです。

実際に僕も毎日のようにお風呂でiPhoneを使っていますし、手が滑ってiPhoneを浴槽に落としたこともありますが、特に故障することなく使えています。

参考:iPhone7を浴槽につけてみた

参考:iPhone7にシャワーをかけてみた

iPhoneの防水って海でも使えるのか

iPhoneの防水は前述したようにIP67というレベルなので、海でちょっとぐらい濡れても問題はないでしょう。

ただiPhoneの防水は水圧に耐えることができるレベルではないので、スマホを持って海深くまで潜るなどはしないようにご注意ください。

また防水とは言っても海水は錆やすいので、あまり海水にはつけないほうがいいかなと思います。

防水のiPhoneで気をつけたい注意点まとめ

iPhoneの防水性能であればお風呂で使ったり水につけても基本的には大丈夫ですが、防水だからと言って何をしてもいい訳ではありません。

ここではAppleも公表している、防水のiPhoneの注意事項をいくつかご紹介してみたいと思います。

水没によるiPhoneの故障は保証対象外

まずiPhoneは防水でありながら、水没による故障はAppleCareの保証対象外となっています。

▶▶iPhoneが水没して故障した場合の修理方法と修理費用まとめ!AppleCare+での修理価格や一般価格まで全解説!

iPhoneが水没して故障した場合の修理方法と修理費用まとめ!AppleCare+での修理価格や一般価格まで全解説!

2018.05.20

水につけたりある程度のことでは壊れませんが、万が一の場合は保証外なのであまり無理した使い方はしない方がいいかもしれません。

ちなみにAppleは以下の行為は故障に繋がるとして、推奨しない行為としています。

  • iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
  • iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける
  • iPhone をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone を意図的に水没させる
  • 推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
  • iPhone を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone を分解する (ネジを外すなど)

iPhoneの防水機能は長く使うと耐性が低下する

AppleのサイトにはiPhoneの防水について、以下のような注意書きがされています。

防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。

要はiPhoneの防水は経年劣化して、防水による耐性が低下する可能性があるということです。

購入したばかりはお風呂で使っていても大丈夫でも、購入後しばらくすると水没してしまう可能性もあると言う訳です。

水に濡れたままの充電はダメ

こちらもAppleのサイトに注意書きとして書かれていますが、濡れたままの状態での充電は故障に繋がる可能性が高いです。

iPhone が濡れた場合は、ケーブル類をすべて取り外し、完全に乾くまでは充電しないでください。濡れた状態でアクセサリを使ったり充電したりすると、iPhone が破損するおそれがあります。

水に濡れたiPhoneを充電ケーブルで充電する際は、水を拭き取ってから最低5時間は経過させるべきとのことです。

Lightning ケーブルでの充電や Lightning アクセサリの接続は、最低5時間は経ってから行ってください。

濡れた手ではiPhoneの画面が反応しない

iPhoneは静電式のタッチパネルのため、水中や濡れた手ではiPhoneの画面にタッチしても反応しません。

そのためお風呂で使うとなっても、指が濡れているので画面操作の反応が悪く使い勝手はかなりイマイチなのです。

イヤホンジャックや充電部分に埃が詰まる

iPhoneをお風呂で使っていると、イヤホンジャックや充電ジャック部分に溜まった埃が固まり、充電ができなくなったりイヤホンが挿さらなくなることがあります。

iPhone専用の防水ケースがおすすめ

iPhoneの防水について色々と書いてきましたが、何がかんだ完璧な防水ってわけではないのでお風呂や海で使うとなると心配な方も多いと思います。

上にも書きましたが水没は保証の対象外ですしね・・・。

そんな方にオススメなのがiPhone専用の防水ケースです。最近は100均にも普通に売っていますし、お風呂ぐらいならジップロックに入れるだけでも十分に使えます。

むしろiPhoneは画面が水に濡れるとタッチが反応しないので、お風呂で使うときでも防水iPhoneケースやジップロックで入れて使ったほうが使い勝手はいいかもしれませんね。

また海でガッツリiPhoneを使いたいという方であれば、こちらの「ROOT CO. H2O」なんかはオススメですよ。水中での写真撮影なんてことも可能です。

ぶっちゃけiPhoneは水に超強い

iPhoneの防水についてAppleが公表している情報などを元に解説しましたが、ここからは僕の経験談としてぶっちゃけた話を書いていきます。

色々と注意点とか書きましたけど、ぶっちゃけiPhoneってかなり水に強いと思います。

防水機能が搭載されているiPhone7/iPhone7 Plus/iPhone8/iPhone8 Plus/iPhoneXはもちろん、防水ではないiPhoneでもちょっとしたことでは水没故障しません。

あまり大きな声では言えませんがとある事情で防水ではないiPhone6をお風呂に沈めたり熱湯につけたりしましたが、その後も何も問題なく使うことができていました。

またiPhone6Sをゲーム専用機としてお風呂で使っているのですが、毎日のようにビショビショに濡らしていますが故障もなく使えています。

防水じゃないiPhoneでこんなレベルなので、iPhone7以降の防水のiPhoneだと相当なことをしても大丈夫だと思いますけどね。

まぁこれは僕の個人的な経験から言えることなので、くれぐれも真似と言いますか参考にはしないでくださいね^^;

以上、「iPhone7/8/Xの防水はお風呂や海で使っても大丈夫か」についてでした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

格安で広告を募集します

こちらのスペースに破格の値段で広告を出すことが可能です。費用体効果バツグンのにゅーすばんくの純広告を是非一度お試しください。

8 件のコメント

  • 濡れたまま充電できないというのは充電器をさす穴がということですか?それとも穴が濡れてなくても本体が濡れてたらダメなんですか?

    • 充電器をさす穴という意味です。
      ただ湿気で本体の内部に水分があるかもなので、水が直接ついていなくても濡れた後はしばらく充電しないほうがいいでしょう。

    • コメントを見落としており修正が遅くなってしまいました。
      申し訳ございません。
      ご指摘ありがとうございます。

  • IP67は6が防塵で7が防水の等級ではないでしょうか?
    公式の発表でも水深1mに30分程なら水中に沈めても大丈夫だったはずです

    • コメント・ご指摘ありがとうございます。
      コメントいただいた内容、先程修正させていただきました。
      修正が遅くなり大変申し訳ございません。

  • このページを初めて読んだ人は可愛そうですね。
    12月中旬には防塵・防水機能を表す数字が逆になっていることを指摘されていて、1月の初旬に2回目もあるにも関わらず、全く記事を修正する気配がありません。

    こういう状況では信用できる記事を載せているページ(記事を書いたライター?)の信ぴょう性が下がるというものです。他にも自身が気付いていない大きな間違いが含まれて、堂々と載せられ続けているのではないか、と。残念ですね。

    • 申し訳ございません。コメントを見落としており気づいておりませんでした。
      間違いのご指摘ありがとうございます。
      以後、間違いのないよう気をつけていきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。