iPhoneのパスコードで6桁・4桁・英数字を設定する各方法!自分に合ったパスコードで大切なiPhoneのセキュリティを高めよう!

どうも、@NewsBank7です。

今やiPhone1つで何でもできるようになった時代、皆さんのiPhoneの中にも大切な個人情報がこれでもかと保存されているはず。

そんな大切なデータを守るために絶対に必要なのが、iPhoneにパスコードを設定することです。

iPhoneのパスコードは初期設定では6桁のパスコードが求められますが、設定によって4桁のパスコード英数字でのパスコードなども設定することが可能です。

ここではiPhoneに6桁・4桁・英数字のパスコードを設定する各方法を、詳しく解説していきたいと思います。

iPhoneのパスコードの種類

iPhoneのパスコードには下記4つの方法での設定が可能です。

  • 6桁の数字
  • 4桁の数字
  • カスタムの数字
  • カスタムの英数字

以前まではパスコードは4桁の数字のみでしたが、現在ではより安全な複雑なパスコードを設定することができるようになっています。

iPhoneのパスコードを設定・変更する方法

iPhoneにパスコードを設定・変更するには、まず設定アプリから「Touch IDとパスコード」を選択します。すでにパスコードを設定している場合は、現在のパスコードが求められるので入力します。

次に「パスコードをオンにする」か「パスコードを変更する」を選択し、設定したいパスコードを入力すれば完了です。

iPhoneのパスコードに6桁の数字を設定する

 

初期設定では6桁のパスコードを求められるので、上記の手順でパスコードをオンにすれば6桁の数字を設定することができます。

Phoneのパスコードに4桁の数字を設定する

6桁のパスコードは毎回打つのが面倒という方は、4桁のパスコードを設定するのがおすすめです。

iPhoneのパスコードに4桁の数値を設定するには、新しいパスコードを設定する画面で「パスコードオプション」をタップし、「4桁の数字コード」を選択します。

以上の設定で4桁のパスコードを設定できるようになりました。

iPhoneのパスコードにカスタムの数字を設定する

6桁のパスコードよりもより長い数字のパスコードを設定することも可能です。

パスコードを設定する画面で「パスコードオプション」をタップし、「カスタムの数字コード」を選択します。

以上の設定で長い数字のパスコードを設定することができます。

iPhoneのパスコードに英数字を設定する

より安全なパスコードを設定したい場合は、英数字によるパスコードを設定するのがおすすめです。

パスコードを設定する画面で「パスコードオプション」をタップし、「カスタムの英数字コード」を選択します。

以上の手順で、iPhoneのパスコードに英数字のコードを設定することができました。

iPhoneのパスコードを忘れた場合の対処法

最近は指紋認証のTouch IDや顔認証のFace IDを搭載したiPhoneが主流なので、6桁や英数字のパスコードを設定したけど忘れてしまったという方も多いでしょう。

iPhoneのパスコードを忘れたときの対処法については、こちらの記事で詳しく解説しています。
iPhoneのパスコード/パスワードを忘れてロック解除できない時に試したい裏ワザ!PCがないけど大丈夫?初期化以外の方法は?

ちなみにパスコードを忘れたときはiPhoneの初期化が必須なので、普段からiPhoneのバックアップはこまめにとっておきましょう。

以上、iPhoneのパスコードを設定する方法でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

こちらの記事もおすすめです🎵
iPhoneのTouch IDが反応しない!指紋認証の感度を高める指紋登録7のコツ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。