iPhoneでパスコードを設定・変更・削除のやり方!「4桁パスコード」や「英数字パスコード」などカスタム設定も解説

iPhoneのパスコードを設定する方法

どうも、にゅーすばんくです。

今やiPhone1つで何でもできるようになった時代、皆さんのiPhoneの中にも大切な個人情報がこれでもかと保存されているはず。

そんな大切なデータを守るために絶対に必要なのが、iPhoneにパスコードを設定することです。

iPhoneのパスコードは初期設定では6桁のパスコードが求められますが、設定によって4桁のパスコード英数字でのパスコードなども設定することが可能です。

ここではiPhoneにパスコードを設定する方法を、詳しく解説していきたいと思います。

iPhoneのパスコードの種類

iPhoneのパスコードには、下記4つの種類から選ぶことが可能です。

  • 6桁の数字
  • 4桁の数字
  • カスタムの数字
  • カスタムの英数字

以前まではパスコードは4桁の数字のみしか設定ができなかったが、現在ではより安全な複雑なパスコードを設定することができるようになっています。

iPhoneにパスコードを設定する

iPhoneにパスコードロックを設定する方法を解説します。

設定アプリから「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」をタップし、「パスコードをオンにする」をタップします。

iPhoneにパスコードを設定するiPhoneにパスコードを設定する

するとパスコードの入力画面に切り替わるので、パスコードに設定したい6桁の数字を入力し、確認のためにもう一度入力します。

iPhoneにパスコードを設定するiPhoneにパスコードを設定する

iCloudと連携するためにApple IDへのログインを求められますので、Apple IDのパスワードを入力すれば設定完了です。(Apple IDへのログインはキャンセルしてもパスコードの設定は可能です)

iPhoneにパスコードを設定する

4桁のパスコードを設定する

デフォルトではiPhoneのパスコードには6桁の数字を要求されますが、シンプルな4桁の数字のパスコードを設定することもできます。

パスワードの設定画面で「カスタムオプション」をタップし、「4桁の数字コード」をタップします。

iPhoneのパスコードのカスタムオプションiPhoneに4桁のパスコードを入力する

以上の設定で、シンプルな4桁の数字をパスコードとして設定することができるようになります。

6桁以上の数字パスコードを設定する

パスコードにもっと複雑なパスコードを設定したい場合、設定の変更で6桁以上の数字をパスコードとして設定することも可能です。

パスワードの設定画面で「カスタムオプション」をタップし、「カスタムの数字コード」をタップします。

iPhoneのパスコードのカスタムオプションiPhoneのパスコードに6桁以上の数字を設定する

以上の設定で、6桁以上の数字をパスコードとして設定することができるようになります。

英数字のパスコードを設定する

デフォルトではiPhoneのパスコードは6桁の数字のみのパスコードですが、英数字に対応した複雑なパスコードの設定も可能です。

パスワードの設定画面で「カスタムオプション」をタップし、「カスタムの英数字コード」をタップします。

iPhoneのパスコードのカスタムオプションiPhoneのパスコードに英数字を設定する

以上の設定で、英数字に対応した複雑なパスコードを設定することができるようになります。

iPhoneでパスコードを変更する

ここではiPhoneのパスコードを変更する方法を解説します。セキュリティを高めるためにも、パスコードは定期的に変更することをおすすめします。

iPhoneでパスコードを変更するには、以下の手順で行います。

まず、設定アプリから「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」をタップし、「パスコードを変更」をタップします。

iPhoneにパスコードを設定するiPhoneのパスコードを変更する

すると現在設定しているパスコードを要求されるので入力し、新たに設定したいパスコードを入力すれば変更完了です。

iPhoneのパスコードを変更するiPhoneのパスコードを変更する

iPhoneでパスコードをオフにする

ここではiPhoneのパスコードを削除する方法を解説します。

iPhoneのパスコードを削除するには、以下の手順で行います。

まず、「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」をタップし、「パスコードをオフ」をタップします。

iPhoneにパスコードを設定するiPhoneでパスコードを設定する

現在設定しているパスコードを要求されるので、入力することでパスコードの設定をオフにすることができます。

iPhoneでパスコードをオフにする

パスコードを要求するまでの時間を変更する

デフォルトではロックするたびに毎回パスコードの入力が求められる設定ですが、パスコードを要求されるまでの時間を変更することも可能です。

iPhoneの設定アプリから「Face IDとパスコード」または「Touch IDとパスコード」をタップし、「パスコードを要求」をタップします。

iPhoneにパスコードを設定するiPhoneのパスコード要求時間を変更する

パスコードを入力してから再度要求するまでの時間を、「即時」「1分後」「5分後」「15分後」「1時間後」「4時間後」から選びます。

iPhoneのパスコード要求時間を変更する

この時間は短ければ短いほどセキュリティは高いので、出来る限り短い時間に設定しておくことをおすすめいたします。

iPhoneでパスコードロックを解除する

続いてiPhoneのパスコードを解除する方法を解説します。

ホームボタンのあるiPhoneではホームボタンを押し、ホームボタンのないiPhoneでは画面を下から上にスワイプします。

関連:iPhoneで画面をロックする方法と解除する方法

iPhoneのパスコードロックを解除する

するとパスコード入力画面が表示されるので、設定したパスコードを入力します。

iPhoneのパスコードロックを解除する

正しいパスコードを入力すればパスコードロックが解除され、ホーム画面が開きます。

パスコードを何度も間違えると、間違えた回数に応じて以下のようなメッセージとセットで一定時間iPhoneの操作ができなくなります。

iPhoneは使用できません1分後にやり直してください

  • 6回目「iPhoneは使用できません。1分後にやり直してください
  • 7回目「iPhoneは使用できません。5分後にやり直してください
  • 8回目「iPhoneは使用できません。15分後にやり直してください
  • 9回目「iPhoneは使用できません。60分後にやり直してください
  • 10回目「iPhoneは使用できません。1分後にやり直してください
  • 11回目「iPhoneは使用できません。iTunesに繋げてください

11回以上間違えるとiPhoneの初期化が必要になるので、パスコードを忘れたときに無暗にやたらに入力するのは避けましょう。

iPhoneのパスコードを忘れてしまった方は、こちらの「iPhoneのパスコード/パスワードを忘れた!ロック解除できる裏ワザ・表ワザまとめ」をぜひ参考にしてください。

Touch IDでパスコードを解除する

Touch IDでパスコードを解除する

指紋認証に対応するモデルであれば、Touch IDを設定することでパスコードの入力を省略することができます。

Touch IDを設定しておけば、ホームボタンを押すことでスリープとパスコードの解除をワンアクションで行うことができます。

Touch IDを登録する手順は、こちらの「執筆中です」をご覧ください。

Face IDでパスコードを解除する

Face IDでパスコードを解除する

iPhoneX以降のホームボタンのないiPhoneであれば、顔認証のFace IDでパスコードを解除することができます。

Face IDを登録した状態でスリーブを解除すると、顔認証が作動してパスコードロックが解除されます。

Face IDを登録する手順は、こちらの「iPhoneのFace ID(顔認証)の設定方法と使い方」をご覧ください。

 

月700円のモバイル保険がお得すぎ
モバイル保険に加入していれば、たった月額700円で年間10万円までの修理費用が全て免除することができます。

ここだけの話・・・

Appleの保険よりもずっとお得なサービスなので、iPhoneユーザーなら要チェックです!

 
 
広告