iPhoneはウイルスに感染しないって本当?iPhoneでのウイルス対策と無料セキュリティアプリまとめ

どうも、@NewsBank7です。

Windowsのパソコンなら当たり前のように入れているウイルス対策のセキュリティソフトですが、PC以上に日常的に使っているiPhoneでウイルス対策をしている人ってほとんどいません。

そもそもiPhoneにウイルス対策アプリってあるのでしょうか。また「iPhoneはウイルスに感染しない」と昔から言われていますが、果たしてこの噂は本当なのでしょうか。

そこで本日はiPhoneとウイルスについて、どこよりも詳しく解説していきたいと思います。少し長い記事になりますが、是非最後まで読んでいただけると嬉しいです。

iPhoneはウイルスに感染しないは本当?

まず巷で言われている「iPhoneはウイルスに感染しない」という噂の真相ですが、結論から言うと「ウイスルにかからないわけではないが安全」というのが僕の考えです。

非常にどっちつかずな結論ですが、iPhoneはウイルスにかからないわけではありません。実際に過去にiPhoneがウイルスに感染した事例もあるのです。

ただAndroidのスマホやWindowsのパソコンと比べると確かに安全なのも事実で、よほどのことがなければウイルスに感染することはないと思います。

実際にウイルスに感染した事例もありますが、日本国内ではまだ一度も報告されていないようです。

iPhoneがウイルス感染に強い理由

ほとんどの人がウイルス対策ソフトも入れていないiPhoneですが、なぜiPhoneはウイルスに強いと言われているのでしょうか?

AndroidやWindowsなどと比べて何が違うのでしょう?

iPhoneがウイルスに強いのはApp Storeの審査が厳しいから

iPhoneをはじめスマートフォンがウイルスに感染するのは、インストールしたアプリ経由でウイルスに感染するルートが多いです。

アプリ開発者の方ならご存知だと思いますが、Appleのアプリ審査はGoogle Playなどと比べてもかなり厳しく、Appleが定めるポリシーに反するアプリは基本的には登録されません。

そのためウイルスの感染を目的とした怪しいアプリなどはそもそもApp Storeにはなく、だからこそiPhoneはウイルスに強く感染しないと言われているのです。

ちなみにAppleの審査が厳しいからといって、App Storeの全てのアプリが安全というわけではありません。中にはいかにも怪しいアプリもあるので、あくまで可能性が低い程度で考えておきましょう。

Simejiが危険なアプリって本当?フルアクセスの許可は大丈夫?Simejiの噂の真相を徹底解説!

iPhoneがウイルスに強いのはiOSのおかげ

iPhoneのアプリはAppleの審査が厳しいからという理由に加え、iPhoneのOSであるiOSが非常にウイルスに強い仕様であるのも、iPhoneがウイルスに強い大きな理由です。

詳しい話は専門的な話になるので割愛しますが、iOSは一部アプリ意外ではバックグラウンドでの動作を制限していたり、別のアプリから起動できるアプリを制限しています。

このような仕様は一見不便に感じることもありますが、だからこそiPhoneはセキュリティソフトがなくてもウイルスに感染しないというわけです。

iPhoneで出来るウイルス対策まとめ

iPhoneがウイルスに強いといっても、ウイルスに感染する可能性が0というわけではありません。

できる限りウイルスに感染しないためにも、iPhoneで出来るウイルス対策についてご紹介していきます。

iOSは最新にアップデートしておく

色々と不具合もありアップデートするのも億劫なiOSですが、アップデートにはセキュリティ面の向上も含まれているので出来る限り最新のiOSにアップデートしておきましょう。

このブログでは毎回人柱になってiOSの不具合検証をしているので、不具合が心配な方は是非チェックしていただけたらと思います。

iPhoneの脱獄をしない

iPhoneには『脱獄』といって、iPhoneにかかった制限を解除する裏ワザ的な改造があります。(※違法ではありません)

通常のApp Storeにはない便利なアプリをインストールできたりと、脱獄することでのメリットは確かにあるのですが、Appleの審査を受けていないアプリなのでセキュリティ的に安全とは言えません。

さらに脱獄自体は違法行為ではありませんが、Appleの規約違反であるのは間違いなく、ウイルスに感染したり故障してもサポートを受けられない可能性が高いです。

脱獄することでやれることが広がりますが、セキュリティ的に考えると脱獄はしないほうが無難と言えるでしょう。

App Store以外のアプリはインストールしない

基本的にはiPhoneではアプリのインストールはApp Sotreから行いますが、企業による従業員向けアプリなど、一部アプリはApp Storeを介さなくてもインストールすることが可能です。

このApp Sotre以外でもアプリを提供できる仕組みを悪用し、怪しいアプリを提供している場合もあるため、基本的にはApp Store以外で提供されているアプリはインストールしないことをオススメします。

iPhoneと繋げるPCのセキュリティをあげる

iPhoneとつなげたPCがウイルスに感染しており、PC経由でiPhoneにウイルスが感染する可能性もあります。

お手持ちのパソコンはしっかりとセキュリティソフトを導入し、ネットカフェなど不特定多数の人が触るPCにはなるべくiPhoneと接続しないようにしておきましょう。

知らないWi-Fiにはアクセスしない

ウイルスはネットワークを介して感染する場合もあるので、自分のWi-Fiや企業が提供しているWi-Fiポイント以外には出来るだけアクセスしないようにしておきましょう。

iPhoneのWi-Fiが繋がらない・遅いを解決!公式の対処法をまとめてみた

ウイルス対策の無料セキュリティアプリを導入する

iPhoneはウイルスに強く基本的にはセキュリティソフトなどは必要ないですが、ウイルスバスターやノートンなど各セキュリティソフト会社がiPhone向けにアプリをリリースしています。

ただしパソコンなどのセキュリティソフトとは異なり、ウイルスに感染しているかどうかを確認するウイルス検出機能はどのアプリも搭載されていません。(Appleの規約上ウイルス検出機能は禁止されている為)

ウイルス検出こそできませんが、「有害な可能性のあるWEBサイトをブロックする機能」や「データのバックアップ機能」など、ウイルスを未然に防ぐ機能はたくさん搭載されています。

iPhoneはウイルスに強く基本的にはセキュリティソフトなどは不要ですが、より安全に使いたい方はこうしたアプリを導入してみるといいでしょう。

以下、無料セキュリティソフトとして有名どころのiPhoneアプリ一覧です。

ウイルスバスター

ウイルスバスター モバイル

ウイルスバスター モバイル

Trend Micro Incorporated無料posted withアプリーチ

ノートン

ノートン モバイルセキュリティ

ノートン モバイルセキュリティ

Symantec無料posted withアプリーチ

マカフィー

マカフィー モバイル セキュリティ

マカフィー モバイル セキュリティ

McAfee, Inc.無料posted withアプリーチ

LookOut

Lookout: モバイルセキュリティ

Lookout: モバイルセキュリティ

Lookout, Inc.無料posted withアプリーチ

iPhoneもウイルスに感染するから注意

上記で説明したようにiPhoneは他のOSに比べウイルスに強いのは確かですが、100%絶対に安全というわけではありません。

現時点で日本でiPhoneがウイルスに感染した話はありませんが、国外ではiPhoneがウイルスに感染したという話が何件か報告されています。

iPhoneに自分のアドレスや電話番号からメールが!?これって詐欺?ZIPファイルは開くな絶対!

つまり、「iPhoneでもウイルスに感染する可能性はある」ということです。

可能性としては低いかもしれませんが、万が一に備えて上記で紹介したセキュリティ対策ぐらいは普段から心がけておきましょう。

以上、iPhoneはウイルス感染にしない噂の浸透と無料のウイルス対策についてでした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

 

広告