iPhoneでWi-Fiに「安全性の低いセキュリティ」と表示される原因!対処法は?iOS14でWi-Fiのセキュリティ強化でWPA2(TKIP)に警告

iPhoneでWi-Fiに「安全性の低いセキュリティ」と表示される原因と対処法

どうも、にゅーすばんくです。

この記事ではiPhoneでWi-Fiに「安全性が低いセキュリティ」と表示される原因と対処法について解説しています。

iOS14にアップデートして以降、これまで使っていたWi-Fiに「安全性が低いセキュリティ」と表示されるようになったとの報告を多数いただいています。

iPhoneでWi-Fiが安全性の低いセキュリティ

このメッセージが表示される原因と対処法を解説しているので、同じ症状でお困りの方はぜひ参考にしてください。

iPhoneでWi-Fiに「安全性が低いセキュリティ」と表示される原因

広告

まず「安全性が低いセキュリティ」と表示される原因について解説していきます。

iOS14にアップデートした途端表示されるようになったため、もしかしてiOS14の不具合?と思っている方も多いようです。

しかし結論を先に書くと、「安全性が低いセキュリティ」と表示されるのはiOS14でWi-Fiのセキュリティが強化されたことが原因で、不具合ではなくiPhoneのiOS14の仕様となっています。

関連:iPhoneのコントロールセンターに表示される「Instagram、最近」とは?iOS14で表示される「〇〇、最近」

iOS14でWI-Fiのセキュリティが強化

iOS14ではWi-FIのセキュリティがより厳しくなったため、Appleが安全と認める特定のセキュリティ方式以外のWi-Fiには「安全性が低いセキュリティ」という警告が出るようになりました。

iPhoneでWi-Fiが安全性の低いセキュリティ

詳細をタップすると下記のようなメッセージが表示されます。

iPhoneでWi-Fiが安全性の低いセキュリティ

WPA/WPA2 (TKIP)は安全性が低いとされています
これが自分のWi-Fiネットワークの場合は、WPA2(AES)またはWPA3を使用するようにルーターを構成してください

難しい用語が並んでいるので、人によってはちんぷんかんぷんかもしれませんね・・・。

Wi-FiにはWi-Fi Protected Accessを略したWPAというセキュリティ方式が採用されていて、同じWPAの中にも「WPA」「WPA2(TKIP)」「WPA2(AES)」「WPA3」などいくつかの種類があります。

それぞれの安全性のレベルを整理するとこんな感じです。

セキュリティの強度弱い < 強い
セキュリティの種類WEP < WPA < WPA2 < WPA3
暗号化方式TKIP < AES

iOS14では「WPA」「WPA2(TKIP)」を安全性が低いセキュリティとしており、この方式を採用するWi-Fiには「安全性が低いセキュリティ」と表示される仕様となっています

iOS13とiOS14のセキュリティレベルの違い

ちなみに、iOS13のときからWi-Fiのセキュリティ警告のメッセージはありました。

ただしiOS13では「WPA」のセキュリティ方式のみを安全性が低いとしていたので、「WPA2(TKIP)」に対しては警告が表示されることはありませんでした。

iOS13とiOS14の関係を整理すると、以下の表の通りです。

 iOS13のWi-FiセキュリティiOS14のWi-Fiセキュリティ
WPA
WPA2(TKIP)
WPA2(AES)
WPA3

セキュリティの世界は日々進化していくものなので、時代が進むに連れて安全性の基準が高くなったのでしょう。Appleはセキュリティにかなり力を入れている企業なのでなおさら。

Appleはこちらの記事「Wi-FiルーターとWi-Fiアクセスポイントの推奨設定」で、Appleが推奨するネットワーク設定について解説しています。ぜひこちらの記事も合わせてチェックしてみてくだださい。

  • WPA3 パーソナル:Wi-Fi デバイスで利用できるものの中では、現時点で最も安全で最新のプロトコルです。Wi-Fi 6 (802.11ax) に対応するすべてのデバイス、および一部の古いデバイスで利用できます。 
  • WPA2/WPA3 移行 (Transitional):WPA3 パーソナルに対応するデバイスでは WPA3 パーソナルを使い、古いデバイスでは代わりに WPA2 パーソナル (AES) を使える混合モードです。
  • WPA2 パーソナル (AES):これより安全性の高いモードを使えない場合に適した選択肢です。その場合は、暗号化の種類として AES を併せて選択してください (可能な場合)。

安全性が低いセキュリティと表示されたときの対処法

広告

ここからはiPhoneでWi-Fiに「安全性が低いセキュリティ」と表示されたときの対処法について、詳しく解説していきたいと思います。

要は安全性の高いセキュリティ方式を選べばいいだけです。多くのルーターがWPA2(AES)には対応しているはずなので、基本的にはルーターの設定で暗号化方式を変更することで解決できるはずです。

ただし、お使いのルーターかなり古いモデルでWPA2(AES)にも対応していなければ、新しいルーターに買い換える必要があります。

では「ルーターの設定を変更する方法」「ルーターを新しく買い換える」、この2つの対処法についてそれぞれ解説していきたいと思います。

お使いのルーターの暗号化設定を変更する

前述したように「安全性が低いセキュリティ」と表示されてしまうのは、iOS14がWPAやWPA2(TKIP)のセキュリティ方式を安全ではないと判断しているためです。

つまり、お使いのWi-Fiのルーターの設定でセキュリティや暗号化方式をWPA2(AES)などに変更してあげれば、iPhoneに表示される「安全性が低いセキュリティ」という警告を消すことができるのです。

ルーターの暗号化設定の方法をお使いのルーターによっても違うので、「お使いのルーター 暗号化設定 変更」と検索してみてください。

新しいルーターに買い換える

かなり古いルーターを使っている場合であれば、もしかするとWPA2(AES)以上のセキュリティ方式に対応していないかもしれません。

お使いのルーター名 暗号化方式 種類」で検索すると、お使いのルーターがどのセキュリティ方式まで対応しているかどうかが分かるはずです。

もしお使いのルーターが安全なセキュリティに対応していなければ、新しいルーターを購入する以外の対処法は残念ながらありません。

最近のルーターであれば安くてもWPA2(AES)に対応していますので、新しいルーターに買い替えてみてもいいかもしれませんよ。

以上、iPhoneでWi-Fiに「安全性が低いセキュリティ」と表示される原因と対処法でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

広告