iOS11でiPhoneの画面が勝手に暗くなる問題への対処法。不具合ではなく明るさ自動調節が原因だ!

iPhoneの画面が勝手に暗くなる
最終更新日: 2017年11月27日

どうも、@NewsBank7です。

iOS11がリリースされしばらくが経ちましたが、皆さんは既にiOS11へのアップデートはお済みでしょうか?

iOS11ではiPhone単体でiPhoneの画面を録画する機能や、新しいApp Storeに変更されていたりと、便利な新機能も多くかなり魅力的なアップデートとなっています。

【iOS11】iPhoneの画面を録画する画面収録のやり方!音声を録音する設定や効果的な活用法など!

2017.09.24

そんなiOS11ですが、既にアップデートしたユーザーの方の中には、iOS11にアップデートしたらiPhoneの画面が勝手に暗くなる不具合が起きているようです。

このiPhoneの画面が勝手に暗くなる現象、実はiOS11の不具合ではなく、ある機能がオンになっていることが原因なのです。

そこでここではiPhoneの画面が勝手に暗くなる原因と対処法について、画像付で分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク


iOS11.0.2の評判・不具合は?人柱になって不具合や電池の減りを検証してみた!

2017.10.04

iPhoneの画面が勝手に暗くなる問題への対処法

まずは一番知りたいであろう、iPhoneの画面が勝手に暗くならないようにする設定をご紹介します。

そもそもなぜiPhoneの画面が勝手に暗くなるのかと言いますと、iPhoneの機能の1つである「明るさの自動調節」がオンになっていることが原因です。

明るさの自動調節の設定を変更するには、設定アプリから「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」→「明るさの自動調節」から変更可能です。

ちなみに以前に「画面の明るさ調節」の設定をオフにしていても、iOS11にアップデートすると勝手にオンの状態に変更されているのでご注意ください。

iPhoneの明るさの自動調節ってどんな機能?

iPhoneの画面が勝手に暗くなるのは、この『明るさの自動調節』という機能がオンになっているからでした。

この「明るさの自動調節」という機能は文字通り、iPhoneの画面の明るさを自動で調節してくれる機能です。

暗い場所ではディスプレイの照明は暗くても平気ですが、屋外で天気がいい昼間なんかだとディスプレイの照明もかなり明るくしないと画面が見えないと思います。

「明るさの自動調節」という機能をオンにしていると、自分で画面の明るさを調整しなくても、iPhone側で最適な明るさに自動で調節してくれるのです。

そのためiPhoneの画面が勝手に暗くなるのは決して不具合ではなく、裏側でiPhoneちゃんが必死に頑張ってくれていたんだぜ・・・。


おすすめアプリ


明るさの自動調節は電池の減りが早い

ちなみにこの「明るさの自動調節」をオンにしていると、かなり電池の減りが早くなってしまうのでご注意ください。

iOS11にアップデートすると電池の減りがすごいとの声もよく聞きますが、明るさの自動調節がオンになっているのも原因の1つだと思います。

もし電池の減りが早いとお困りの方は明るさの自動調節をオフにするだけでなく、「【iOS11】電池の減りを抑えるバッテリー節約術まとめ!設定の見直しで電池持ちは大きく変わる!」を参考にバッテリー節約術を試してみるといいでしょう。

【iOS11】電池の減りを抑えるバッテリー節約術まとめ!設定の見直しで電池持ちは大きく変わる!

2017.09.26

以上、iPhoneの画面が勝手に暗くなる原因と対処法でした。皆様の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

【無料】まだ名刺管理で消耗してるの?

Eight - 100万人が使う名刺アプリ
Eight - 100万人が使う名刺アプリ
開発元:Sansan, Inc.
無料
posted with アプリーチ

最近使い始めたけどめっちゃ便利なアプリです!詳しくはこちらの「名刺管理アプリの「Eight」を使ってみたら便利すぎて名刺ホルダー使ってた昔の自分を殴りたい件」を読んで見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。