iPhoneでライトを点灯・点滅させるLEDフラッシュ通知を設定する方法とオンにしても光らない場合の対処法

iPhoneの通知を光で知らせるLEDフラッシュ通知

どうも、@NewsBank7です。

昔のガラケー時代は当たり前にあった機能の1つに、メールや着信の通知がきた際にライトを点灯・点滅させて通知する機能があったかと思います。

音を鳴らすのもバイブも嫌な方は、視覚的に通知してくれるフラッシュ通知を気に入っていた方も多いはず。

iPhoneも標準設定こそライトによる通知はありませんが、設定を変更することでガラケーと同じフラッシュ通知を使うことが可能なのです。

ここではiPhoneでライトを点灯・点滅させて通知するLEDフラッシュ通知について、図解で分かりやすく解説していきたいと思います。


iPhoneでライトで通知するLEDフラッシュ通知の設定方法

iPhoneで着信やメール時にライトを光らせて通知する「LEDフラッシュ通知」を使うには、まず設定アプリから「一般」→「アクセシビリティ」を選択します。

続いてアクセシビリティ内の「LEDフラッシュ通知」の項目をタップし、緑のマークが表示されるように変更すればLEDフラッシュ通知をオンにする設定は完了です。

マナー時のみライトでの通知をオンにする

iPhoneの着信をマナーモードに変更している場合のみライトでの通知をオンにしたい場合は、「LEDフラッシュ通知」の項目内にある「消音時に点滅をオン」にすれば完了です。

逆にマナーモード以外でもライトでの通知を設定したい場合は、「消音時に点滅をオフ」にしておきましょう。

アプリ毎にロック画面での通知をオンにする

iPhoneのLEDフラッシュ通知は上記の設定に加え、「アプリ毎にロック画面での通知設定」が必要です。

ロック画面の通知をオンにするには、設定アプリから「通知」を選択し、通知を設定したいアプリをタップします。ここでは着信時にLEDフラッシュ通知を使うために、電話を選択します。

最後に通知内の「ロック画面に表示」の項目をオンにすれば設定は完了です。

LEDフラッシュ通知が光らない場合の対処法

上記の設定をしてもLEDフラッシュ通知が光らない場合の原因と対処法を、以下にまとめていますので参考してみてください。

LEDフラッシュ通知はロック画面やスリープ状態のみ

そもそもLEDフラッシュ通知が機能するシーンとしては、iPhoneがロック画面やスリープ状態のときのみです。

iPhoneを操作している場合などは通知がきても光りませんので、その点はくれぐれもご注意ください。

ロック画面の通知をオンにしていない

上記で書いているように、LEDフラッシュ通知を機能させるためには、アプリ別にロック画面での通知をオンにしておく必要があります。

意外にこの設定を忘れている方も多いので、LEDフラッシュ通知を使うにはアプリ別にロック画面の通知を許可することをお忘れないように。

メールの通知を繰り返し光らせる方法

LEDフラッシュ通知といってもガラケーのように通知を確認するまで常に点滅でお知らせしてくれるわけではなく、基本的には通知がきたタイミングで1回光るだけの機能です。

ただしメッセージやメールの通知に関しては、設定によって最大10回までライトを点滅して通知を繰り返すことが可能です。

設定から「通知」をタップし「メッセージ」を選択します。

続いて「繰り返し通知」を選択し、通知を繰り返して欲しい回数を選択してください。通知は通知を確認しない限り、2分おきに通知される仕様となっています。

最後に

ガラケー時代を思い出すようにLEDフラッシュ通知ですが、夜など音やバイブすら鳴らせたくないときには非常に便利な機能だと思います。

設定は若干分かりづらい部分がありますが、上記の内容を参考に是非活用していただけたらと思います。

以上、iPhoneのメールや着信の通知時にライトを点滅させるLEDフラッシュ通知の設定方法でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

話題のおすすめアプリ!

話題の人気アプリをランキング形式で紹介♪

<ゲームランキング>
▶▶『おすすめゲームアプリランキング

<便利アプリランキング>
▶▶『おすすめ便利アプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。