iPhoneで「LINEから写真にアクセスしようとしています」 と表示される原因と対処法を解説I

LINEから写真にアクセスしようとしています

どうも、にゅーすばんくです。

ここ最近iPhoneでLINEを開くたびに、「LINEから写真にアクセスしようとしています」というメッセージが表示されます。

LINEから写真にアクセスしようとしています

トーク画面を開くたびに表示され、正直めちゃくちゃストレス・・・。

と思っていたのですが、写真のプライバシー設定を変更することで、上記メッセージが表示されないようになりました。

同じ状況の方も多いかもしれませんので、ここではiPhoneで「LINEから写真にアクセスしようとしています」と表示される原因と対処法を解説していきます。

「LINEから写真にアクセスしようとしています」と表示される原因

広告

このメッセージが表示されるようになったのは、iOS14にアップデートしてからでした。

実はiOS14でiPhoneのプライバシー設定が強化されており、サードパーティ製のアプリの写真へのアクセスが「全ての写真」「選択した写真」「なし」の3つに細分化されています。

LINEから写真にアクセスしようとしています

iOS14にアップデート後はじめてLINEを開くと、LINEから写真へのアクセス許可のリクエストが表示されます。

ここで「全ての写真」以外を選択してしまうと、その後もLINEを開くたびに「LINEから写真にアクセスしようとしています」と表示されてしまうのです。

LINEの写真へのアクセス許可を「全ての写真」に変更する

広告

LINEの写真へのアクセス許可を「全ての写真」にすることで、繰り返し表示される「アクセスしようとしています」のメッセージを止めることができます。

プライバシー設定を変更するには、設定アプリを開いて「プライバシー」をタップします。

LINEから写真にアクセスしようとしています

次に「写真」をタップします

LINEから写真にアクセスしようとしています

アプリ一覧が表示されるので「LINE」をタップして選択します。

LINEから写真にアクセスしようとしています

すべての写真」をタップしてチェックを入れれば、アクセス許可の設定を変更することができました。

LINEから写真にアクセスしようとしています

LINE以外のアプリもアクセス許可設定にはご注意ください

iOS14にアップデート後、写真へのアクセス許可を求めてくるアプリはLINE以外にもあるはずです。

アプリによっては「全ての写真」を選択しないと、LINEと同様にメッセージが繰り返し表示されたり、アプリの一部機能が使えなくなってしまうものもあります。

LINEから写真にアクセスしようとしています

Instagramでは写真へのアクセス許可を「全ての写真」にしていないと「メディアがありません」となってしまいライブラリの写真が表示されません。

一度設定したアクセス許可のレベルは、上記で紹介したように設定アプリから「プライバシー」→「写真」→「変更したいアプリ」の手順で変更することができます。

広告