Macのdock(ドック)の設定・カスタマイズまとめ!dockを隠したりサイズや配置を変更する方法

どうも、@NewsBank7です。

Macのデスクトップといえば画面下にあるdock(ドック)部分が特徴的ですが、このdokcも設定で様々なカスタマイズすることができます。

ここではMacのドックのカスタマイズ設定について、わかりやすく解説していきたいと思います。

Macのdock(ドック)の設定方法

ドックの設定を変更するには、「システム環境設定」から「dock」をクリックします。

こちらのDockの設定画面から様々な変更が可能です。

MACのdock(ドック)のカスタマイズ

Dock(ドック)にアプリを追加する

よく使うアプリがあればdockに追加すれば、いつでもすぐにアプリを起動できるのでとても便利です。

お気に入りのアプリをdockに追加するには、アプリをドック部分にドラッグすれば簡単に追加することができます。

Dock(ドック)からアプリを削除する

ドックに表示させたくないアプリを削除するには、dock上にあるアプリを右クリックし「オプション」を選択し、「dockから削除」をクリックすれば完了です。

Dock(ドック)を自動的に隠す方法

初期設定ではデスクトップ上に常に表示されていますが、ドックを隠すことで画面を最大限広く活用することができます。

Macのドックを隠すには、dockの設定画面から「dockを自動的に表示/非表示」にチェックをつければ完了です。

使わないときはドックは表示されませんが、画面下にマウスを合わせればドックが表示されるので使いたいときだけドックを表示することができます。

Dock(ドック)のサイズを大きくする

ドックに表示されるアプリの大きさを変更することができます。

設定画面の「サイズ」の項目にあるバーを操作することで、アプリのサイズを大きくしたり小さくしたりすることが可能です。

Dock(ドック)にカーソルを合わせると拡大する

ドックに並んでいるアプリにカーソルを合わせると、アプリが自動的に拡大するように変更ができます。

どのアプリにマウスが合っているかが分かりやすいですし、デフォルトのサイズを小さくして画面の幅を広げることもできるので、設定しておくのがオススメです。

ドックの設定から「拡大」の項目にチェックを入れ、拡大時にサイズをバーで調整したら完了です。

Dock(ドック)の位置を変更する

初期設定ではドックは画面下に表示されていますが、dockの位置を「」「」「」に変更することができます。

右側に配置した場合はこんな感じになりますので、お好みに合わせて設定してみてください。

以上、MacのDock(ドック)のカスタマイズ設定でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。