Macの通知センターの表示やアプリ毎の通知の設定を細かく変更する方法!通知を便利にカスタマイズ!

Macの通知をカスタマイズ変更する設定

どうも、@NewsBank7です。

MacはiPhoneと同じように通知機能が充実しており、メッセージやカレンダーの通知をわかりやすく知らせてくれます。

ここではMacの通知方法や通知センターの表示変更など、通知のカスタマイズ設定についてわかりやすく解説していきたいと思います。

Macの通知をカスタマイズする

アプリの通知はアプリごとに通知のオン・オフを変更することができるので、自分の使い方にあって通知をカスタマイズしてみるといいでしょう。

通知の設定を変更するには、「システム環境設定」から「通知」を選択すればカスタマイズすることができます。

通知のオン・オフを変更する

アプリごとの通知のオン・オフを変更するには、通知の設定画面から変更したいアプリをクリックして通知スタイルを変更します。

通知をオフにしたい場合は。通知スタイルを「なし」にします。

通知をオンにしたい場合は、通知スタイルを「バナー」または「通知パネル」にします。

通知の表示形式を変更する

通知には「バナー」と「通知パネル」の2つの表示形式があります。

バナー」は通知がきたときに画面右上にお知らせが表示され、数秒後に自動的に消えます。

通知パネル」は画面右上にお知らせが表示され、通知を消すまで表示され続けます。

アプリのアイコンの数字を消す方法

未読の通知はアイコン上に大量の数字が表示され、未読メールの多いメールアプリなんかだと見た目的にもあまりよろしくありません。

アプリのアイコンに表示される数字を非表示にするには、通知の設定画面から「アプリケーションアイコンにバッジを表示」からチェックを外せばOKです。

通知音を消す方法

通知時に鳴るお知らせ音を消すには、通知の設定画面にある「通知音を鳴らす」からチェックを外せばOKです。

通知センターをカスタマイズする

トラックパッドを二本指で右端から左にスワイプすると、通知センターを表示することができます。

通知センターは送られてきた通知がストックされていく場所で、今日の予定やメールの通知を確認することができます。

この通知センターの表示を設定で変更することができるので、便利な設定をご紹介していきたいと思います。

通知の「今日」に表示する項目を変更する

通知センターでは天気予報やカレンダーの予定などが表示されますが、この通知センターに表示される項目をカスタマイズすることが可能です。

通知センターの「今日」のタブにある「編集」をクリックします。

通知センターに追加したい項目の「」をクリックすると追加され、非表示にしたい項目の「」をクリックすれば削除することができます。

おやすみモードで通知を制御する

iPhoneを使っている方は馴染み深いおやすみモードですが、Macにもこのおやすみモードが搭載されています。

おやすみモードをオンにしていると普段はオンになっている通知も全てオフになり、夜間や作業に集中したいときなどに便利な機能となっています。

おやすみモードをオンにする

おやすみモードをオンにするには、通知センターの「通知」タブから「おやすみモード」のラベルを青色に変更すれば完了です。

おやすみモードの設定をカスタマイズする

おやすみモード時の通知設定を色々とカスタマイズすることも可能です。

システム環境設定」の「通知」から、「おやすみモード」をクリックすると各種設定を変更することができます。

設定ではおやすみモードを自動でオンにする際のスケジュール設定や、着信を許可したり、繰り返しの着信を許可するなどの設定が可能です。

以上、Macで通知をカスタマイズする設定方法まとめでした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。