Macのトラックパッドの設定・使い方まとめ!トラックパッドをもっと便利にする方法を解説!

Macのトラックパッドの設定や使い方

どうも、@NewsBank7です。

Macと言えばあの便利なトラックパッドですが、Macを使っている方でもトラックパッドを最大限使いこなせている人は少ないです。

スクロールやクリック以外にもたくさんの機能があり知っていると便利な昨日ばかりなので、ここではMacのトラックパッドの使い方や設定について詳しく解説したいと思います。

Macのトラックパットの設定

Macのトラックパットを設定するには、まず「システム環境」の「トラックパッド」をクリックします。

トラックパッドの設定では基本的に全ての項目にチェックをつけておくといいです。機能が追加されるだけなので、より便利にトラックパッドを使うことができるようになります。

Macのトラックパッドの使い方まとめ

一本指のクリックで調べる&データ検出

一本指の強いクリックで単語を調べたり、日付、住所、電話番号などのデータに入力を簡単に済ませることができます。

こんな感じ

二本指のクリックで右クリック

トラックパッドで右クリックをするには、二本指で一回クリックします。

こんな感じです。

軽いタップでクリックに変更

初期設定だとクリックするにはトラックパッドを押し込む必要がありますが、軽くタップするだけでクリックできるように変更可能です。

こんな感じです。

二本指で上下左右にスクロール

サファリなどのページをスクロールするとき、二本指を上下左右にスライドすることでページをスクロールすることができます。

こんな感じ

二本指で拡大・縮小

スマホと同じように二本指で画面を広げたり縮めたりする動作により、画面を拡大したり縮小することができます。

こんな感じです。

二本指でのダブルタップでズーム

二本指でダブルタップをすることで、簡単にズームをすることができます。

こんな感じです。

二本指で回転

二本指で回転したい方向に回すことで、画像やページを回転することができます。

こんな感じです。

二本指でページを進む・戻る

二本指を左右にスワイプすることで、ページを戻ったり進んだりすることができます。

左にスワイプするとページを1つ戻り、右にスワイプするとページを1つ進みます。

こんな感じです。

三本指でアプリを切り替える

三本指で左右にスワイプすることで、フルスクリーンで開いているアプリやウィンドウを切り替えることができます。

OSによっては4本指の場合もあります。

こんな感じです。

二本指を右端から左にスワイプして通知を開く

二本指をトラックパッドの右端から左にスワイプすると、通知センターを開くことができます。

こんな感じです。

三本指を上にスワイプしてミッションコントロールを開く

開いているアプリを俯瞰して確認できるミッションコントロールは、三本指を上にスワイプすることで開くことができます。

ちなみにOSによっては3本指ではなく4本指の場合もあります。

こんな感じです。

三本指を下にスワイプしてExpose

三本指を下にスワイプすることで、開いているアプリケーションのウィンドウを全て表示することができます。

OSによっては4本指の場合もあります。

こんな感じです。

Macのトラックパッドが反応しないときの対処法

たまに3本指や4本指によるMacのトラックパッドが反応しないことがありますよね。

トラックパッドは反応しないときの対処法についてはこちらの記事をご覧ください🔽🔽

【関連】Macのトラックパッドが反応しないときの対処法まとめ。3本指や4本指の操作が反応しない!?

トラックパッドの反応がしない原因は不具合など色々あるでしょうが、3本指や4本指でのトラックパッドが反応しないときは、ほとんどが指ではなく爪が当たっているのが原因だと思います。

しっかりと指のお腹部分で操作してみるとうまく反応するかもしれませんよ。

以上、Macのトラックパットの使い方と設定でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。