ソフトバンクがロボット事業に参入。『pepper』の値段、発売日は?他者とのロボット比較あり

6月5日の13時、ソフトバンクが新製品の発表会を開始した。

新製品の名前は『pepper』

新型の携帯でもゲームでもない、ロボットである!

CIMG0701

そう、孫社長率いるソフトバンクが、トヨタやホンダ、パナソニックを後追いする形でロボット事業に参入が決定致しました。

名前は『pepper』

ロックマンのような見た目をする、人間型のロボットである。

トヨタ・本田などのロボット

ソフトバンクがロボット事業に参入するより以前に、トヨタやホンダ、パナソニックやソニーなどの企業がロボット事業に参入しています。

(ソニーは既にこのロボット事業から撤退)

ここではそれぞれの企業のロボットを写真にてご紹介いたします。

■ホンダ

ロボット事業で日本で1番はやはりHONDAではないでしょうか?

ホンダ産の人型ロボット『ASIMO』世界初の自律2足歩行ロボットであり、世界的にも有名なロボットです。

Honda-Asimo-Robot

■トヨタ

ホンダと同じく自動車業界からの参入です。

このロボット事業を将来的には中核事業にすると発表するなど、ロボット事業にかける気合は相当なものである。

バイオリンが得意なロボット

toyota_p1320524

人を乗せて移動可能なロボット『モビロ』

toyota_p1320516 (2)

■パナソニック

BtoBにおけるロボット事業、つまり対企業向けのロボット開発を中心に行うのがパナソニックだ。

まだまだこれからといった感じではあるが、病院での業務支援ロボットに力を入れている。

gn-20090919-01

■ソニー

ソニーは経営的問題もあり、既にロボット事業から撤退しています。

犬型ロボット『AIBO』

sony06

2足歩行ロボット『QRIO』

sony05 (2)

pepperの値段と発売日は?

今回の発表会にて、既にpepperの値段と発売日を公開している。

発売日は2015年2月

19万8000円という値段だ。

管理人のぼやき

孫社長の天才的な経営ぷりで、どんどん事業を拡大していくソフトバンク。

既にこのロボット事業もアクセル全開であり、驚くべきスピードをみせてくれている。

発表会での孫社長のある言葉がとても印象にのこっているので紹介します。

「我々がロボットに感情を与え、心を与えることに挑戦する」

トヨタやホンダといったロボット事業で先をいく企業にくらべ、後発組となるソフトバンク。

ロボット事業として始めて、ロボットに感情を与えることができるのか。

今後ますますソフトバンク、そしてロボット事業からは目が話せなくなるだろう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。