楽天モバイルの料金プランを解説!スーパーホーダーイと組み合わせプランはどっちがおすすめ?

    格安SIMの中でもシェアNo,1の楽天モバイルは、他社にないメリットがたくさんあり非常におすすめの格安SIMです。

    僕自身も愛用していて他の格安と比べて頭1つ出てる評価ですが、料金プランが若干複雑で分かりづらいのが数少ないマイナス点だと思っています。

    楽天モバイルには「スーパーホーダーイ」と「組み合わせプラン」という、大きく2つのプランが用意されています。

    iPhoneを大手キャリアから楽天モバイルへの乗り換えを検討している方に向けて楽天モバイルの料金プランの解説とおすすめプランについてご紹介したいと思います。

     
    ねぎま
    楽天モバイルって色んなプランがあるけどどれがいいのかな?
     
    みみっく
    楽天モバイルは料金プランが若干複雑なんだ。詳しく解説していくからら大丈夫「!

    iPhone×楽天モバイルを使ってみたから本音レビュー!楽天の格安SIMはおすすめできるのか?

    楽天モバイルを公式サイトでチェックする

    スーパーホーダーイについて

    広告

    楽天モバイルのスーパーホーダイ
    スーパーホーダーイには「Sプラン」「Mプラン」「Lプラン」「LLプラン」の4つのプランから選ぶことができ、月々に使える基本パケット容量が異なり順番に2GB・6GB・12GB・24GBとなっています。

    通信制限でも最大1Mbpsの回線が使える

    楽天モバイルの1Mbpsの通信速度はどれぐらい

    スーパーホーダーイでは通信制限にかかった後でも最大1Mbpsの回線が使い放題です。

    他社だと基本的には通信制限後は200kbpsの超低速回線なので、楽天モバイルの最大の魅力とも言えると思います。

    最大1Mbpsもあれば動画もストレスなく快適に観ることができるので、正直通信制限を気にする必要がなくなるほどの神サービスだと思っています。

    楽天モバイルの低速モードは神すぎる!楽天の格安SIMなら通信制限でも最大1Mbpsの回線が使えるぞ!

    高速回線と低速回線を手動で切り替えられる

    楽天モバイルでは高速回線と通信制限時の低速回線を手動で切り替えることができます。

    普段はパケットを消費せずに使い放題の低速回線を使いながら、必要に応じて高速回線に切り替えるといっった使い方もできます。

    高速回線と低速回線を切り替えられるのは楽天モバイルだけではありませんが、低速回線でも最大1Mbpsの楽天モバイルとの相性が最強です。

    使わなかったパケットは翌月に繰り越せる

    契約している高速回線のパケットが余ってしまうことってありますよね。

    僕も2GBの一番安いプランを契約していますが、基本は低速モードで使っているので1GB以上も毎月余っています。

    ただ楽天モバイルではパケットを翌月に繰り越せるので、余ったパケットは翌月にそのまま引き継ぎ無駄をなくすことができるようになります。

    10分以内の国内通話はかけ放題

    スーパーホーダーイでは全てのプランに電話のかけ放題がついています。

    かけ放題といっても無制限に無料ではなく、国内通話で10分以内の通話のみ無料なので、短い通話をよくする方には非常にお得なプランだと思います。

    楽天会員であれば料金が割引される

    楽天モバイルは楽天会員が超お得

    楽天モバイルは楽天が運営するサービスですので、楽天の会員になるだけで月々のスマホ料金を安くなる特典があります。

    楽天会員であればスーパーホーダーイの料金が2年のあいだ毎月500円割引され、楽天のダイヤモンド会員であれば1年間のあいださらに500円の割引となります。

     
    みみっく
    ダイヤモンド会員になる条件は「過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有」です。

    契約期間を1年・2年・3年から選べる

    楽天モバイルは縛りはあるけど自動更新なし
    楽天モバイルのスーパーホーダーイでは解約期間を1年・2年・3年から選ぶことができるので、無条件で2年単位の契約のとなる大手キャリアより自由度があります。

    また長期割引特典として2年契約で月500円、3年契約で月1,000円の割引が二年間あるので、長期間で契約すればするほど月々の料金がお得となります。

    契約期間内の解約は解約金として9,800円必要ですが、自分の使い方にあった契約期間を選べるのは楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。

    楽天モバイルを公式サイトでチェックする

    組み合わせプランについて

    広告

    楽天モバイルの組み合わせプラン
    いくつかのサービスが最初から含まれているスーパーホーダーイと異なり、組み合わせプランは自分に必要なサービスを細かく組み合わせることができます。

    電話機能の有無、SMSの有無、基本パケットの組み合わせでプランを選ぶことができ、基本パケットは0GB・3.1GB・5GB・10GB・20GB・30GBのプランが用意されています。

    一番安いSMSなしのデータSIMで0GBだと、たったの月525円で使うことができます。

    個人的にはメイン機であれば電話はないと何かと不便なので、通話SIMの3.1GBプランぐらいがおすすめです。

    一ヶ月に1回プランを変更できる

    月に1回だけ組み合わせプラン内でのプラン変更を無料でできます。

    高速通信量の利用状況を見ながら大容量のプランに変更したりと、状況に合わせて自由度高くプランを選ぶことが可能です。

    パケットを繰り越すことができる

    組み合わせプランで契約している基本パケットが余った場合、使わなかったパケットを翌月に繰り越すことができます。

    楽天モバイルの料金プランの注意事項

    スーパーホーダーイ」と「組み合わせプラン」の特徴を解説しましたが、契約前に知っておいて欲しい注意点がいくつかあるので紹介しておきます。

    最大1Mbpsの低速回線が使えるのはスーパーホーダーイだけ

    楽天モバイルは通信制限にかかっても早いのが一番の魅力ですが、この最大1Mbpsの低速回線が使えるのはスーパーホーダーイだけです。

    組み合わせプランでは通信制限になると最大200Kbpsのかなり低速な回線しか使えないのでご注意ください。

    スーパーホーダーイは途中で料金が高くなる

    スーパーホーダーイには楽天会員による割引や長期契約による割引がありますが、割引特典は2年目までなので3年目以降は月々のスマホ料金が高くなります

    例えばスーパーホーダーイの2GBプランを3年契約した場合、最初の2年間は1,480円ですが、3年目以降は2,980円となります。

    組み合わせのベーシックプランは最大200kbpsの回線

    楽天モバイルを一番安く契約しようと思うと、組み合わせプランのベーシックプランが月525円で利用できます。

    500円代という激安価格は確かに魅力ですが、ベーシックプランは最大200kbpsの低速回線しか使うことができません。

    200kbpsの回線は大手キャリアで通信制限になったときと同じ速度なので、ネットサーフィンやSNSすら遅くてストレスなレベルです。

     
    みみっく
    基本Wi-Fiに繋げて利用するという方以外はあまりおすすめではないよ。安さだけにつられて契約しないように!

    楽天モバイルを公式サイトでチェックする

    スーパーホーダーイと組み合わプランの比較

    スーパーホーダーイ」と「組み合わせプラン」の特徴を一覧でまとめたので、プラン選びの参考にしていただけたらと思います。

     スーパーホーダーイ組み合わせプラン
    低速回線最大1Mbps最大200kbps
    電話代10分以内の国内通話は無料30秒10円
    回線docomodocomo・au
    最低期間1年・2年・3年から選択1年
    楽天会員割×
    長期契約割×
    最安価格980円
    *楽天のダイヤモンド会員で3年契約
    525円
    基本パケット2GB〜24GB0GB〜30GB

    スーパーホーダーイと組み合わせプランはどっちがおすすめ?

    「スーパーホーダーイ」と「組み合わせプラン」で迷われる方も多いかもしれませんが、個人的には楽天モバイルならスーパーホーダーイ一択だと思います。

    最大1Mbpsの低速回線が使えるのはスーパーホーダーイだけなので、楽天モバイルをメインとして使うのであれば迷うことなくスーパーホーダーイだと思います。

    低速モードでも普通にストレスなく使えるので、スーパーホーダーイで一番安い2GBのプランが一番コスパが高くておすすめです。

    まとめ

    楽天モバイルの料金プランについて解説してみましが、魅力的なプランがありましたでしょうか?

    楽天モバイルは格安SIMの中でも個人的にも激推しなので、ぜひこの機会に楽天モバイルに乗り換えてみてください。

    楽天モバイルを公式サイトでチェックする

    広告