iPhoneのSafariで位置情報がおかしい!現在地が全然違う県・市区町村を最新に更新する方法

iPhoneのSafariで位置情報がおかしい

どうも、にゅーすばんくです。

iPhoneには位置情報を取得できるシステムが搭載されているため、Safariでも位置情報から現在地を取得することができます。

ただ私のiPhoneでもよく起きる症状なのですが、Safariで現在地近くのお店を調べても「今いる現在地の県・市区町村ではなく位置情報が全然違う」というバグ?があります。

ここではSafariで位置情報がおかしくて現在地と異なる場合に、正しい現在地に更新する方法について、図解で詳しく解説していきたいと思います。

関連記事

どうも、にゅーすばんくです。iPhoneのデフォルトブラウザのSafariはシンプルで使いやすい一方で、これまで色々な不具合・バグが発生してきました。"Safariが固まって落ちる不具合"や、"Safariのリンクが開けない不具合"[…]

iPhoneでSafariに表示される現在地がおかしい・全然違う

iPhoneのSafariで位置情報の取得を許可している場合、位置情報をもとにを現在地近くのお店を表示してくれます。

Safariで検索した画面の一番下までスクロールすると、現在地として取得している県・市区町村が表示されています。

このSafariに表示される現在地が実際に今いる場所と全然違うことが多く、現在地付近の情報を調べたいときも全然違う県の情報が表示されるのです。

例えば今の現在地が”東京“でラーメン屋を調べたときも、なぜか全然違う県の”大阪“のラーメン屋が表示されるのです。

Safariで”正確な現在地を使用する”をタップ

iPhoneのSafariで位置情報がおかしい場合、Safariの画面下にある”正確な現在地を使用する“という箇所をタップすることで最新の現在地に更新することができます。

タップすると位置情報を取得する許可が表示されるので、「OK」をタップすると最新の現在地を取得することができるはずです。

本来であれば上記手順でSafariの現在地を更新することができますが、この方法を試しても改善されず現在地が全然違うこともあります。

もしこの方法で改善しない場合、以下でご紹介する対処法をお試しください。

iPhoneのSafariで位置情報がおかしいときの対処法

上記のようにiPhoneのSafariの位置情報が全然違う場合、以下の対処法を試すことで解決できるはずです。

  • Safariの位置情報をリセットする
  • Safariで位置情報の取得を許可する
  • Safariの位置情報を再設定する
  • 正確な位置情報をオンにする
  • Wi-Fiをオフにする
  • iPhoneを再起動する
  • Safariを再起動する
  • iOSを最新のバージョンにアップデートする

では、それぞれ解説していきたいと思います。

Safariの位置情報をリセットして現在地を更新する方法

iPhoneのSafariで位置情報がずれている場合、最新の位置情報を取得して正しい現在地に更新してあげる必要があります。

というのもSafariで現在地がずれているのは、以前位置情報を取得したデータが残ったままで更新されていないのが原因です。

Safariの現在地を更新するには、設定アプリから「一般」→「リセット」を選択します。

リセットする項目の中から、「位置情報とプライバシーをリセット」をタップすると、これまでの位置情報をリセットして再取得することができます。

Safariで位置情報の取得を許可する

Safariの現在地が今いる場所と違う場合、Safariで位置情報の取得を許可しない設定に変更されているため、過去に取得していた位置情報から更新が止まっている可能性があります。

Safariで位置情報を許可するには、設定アプリから「プライバシー」→「位置情報サービス」を選択します。

続いて「Safari」を選択して、「このAppの使用中のみ許可」にチェックをつければ完了です。

Safariの位置情報を再設定する

iPhoneのSafariで位置情報がおかしい場合、”Safariの位置情報を再設定“するのも有効な対処法です。

設定アプリから「プライバシー」→「位置情報サービス」の順にタップします。

位置情報サービスのラベルを一度オフにして、再度オンにすれば完了です。

“正確な位置情報”をオンにする

iOS14ではプライバシーの強化として、自分の正確な位置情報を伝えないようにする機能が搭載されています。

iPhoneのSafariで位置情報がおかしい場合、Safariでの位置情報を正確に伝えない設定になっている可能性があります。

設定アプリから「プライバシー」→「位置情報サービス」の順にタップします。

「Safari」をタップすると「正確な位置情報」の項目があるので、オフになっている場合はタップしてオンにしておきましょう。

Wi-Fiをオフにする

iPhoneの位置情報はGPSだけでなく、キャリア回線の基地局やWi-Fiの情報をもとに現在地を特定しています。

Google マップは、次のような情報からユーザーの現在地を推測します。

GPS: 衛星を使用して、測定誤差数メートル以内で現在地を特定します。
Wi-Fi: 近くの Wi-Fi ネットワークを使用して現在地を特定します。
携帯電話の基地局: 携帯ネットワークに接続している場合、測定誤差最大数千メートル以内で現在地を特定します。

出典:現在地を特定する仕組み

Wi-Fiを使っているときにSafariの位置情報がおかしい場合、Wi-Fiをオフにすることで正しい現在地を取得できるようになるはずです。

iPhoneでWi-Fiをオフにするには、設定アプリから「Wi-Fi」をタップしてラベルをオフにするだけです。

ちなみにコントロールセンターからもWi-Fiをオフにできますが、一定条件で自動的にオンになるので完全にオフにしたい場合は設定アプリを使いましょう。

関連:iPhoneで「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」の意味と正しいWi-Fiの解除方法

関連記事

どうも、にゅーすばんくです。先日iOS11.2がリリースされましたが、アップデートするとコントロールセンターのWi-Fiマークをオフにしたときに以下のようなメッセージが表示されるようになりましま。「明日まで近くのWi-Fiとの接続を[…]

iPhoneを再起動する

iPhoneのSafariで位置情報がおかしい場合、”iPhone本体の再起動“をするだけで簡単に解決することもあります。

iPhoneで全ての不具合に共通する効果的な解決方法まとめ」で解説しているように、iPhoneの再起動は不具合が発生したときにまず試すべき対処法となります。

関連記事

どうも、にゅーすばんくです。iPhoneを使っていると充電ができなくなったり画面がカクカクしたり、どうも調子が悪いなーっと感じることって多いと思います。中には故障と思ってAppleに修理に出す方もいるかもですが、修理に出さなくても簡単に[…]

iPhoneを再起動する方法はホームボタンのありなしで方法が異なり、それぞれ以下の手順で行います。

ホームボタンのないiPhoneであれば、まずは右側の「サイドボタン」と左側の「音量調節ボタン」を長押します。

ホームボタンのあるiPhoneでは、本体の上部か側面に「スリーブボタン」があるので長押しします。

最後にバーを右にスライドすることで、電源をオフにすることができます。

関連:iPhoneの電源をオン・オフにする方法!モデル別に電源をつける・消すやり方を解説します

関連記事

どうも、にゅーすばんくです。このページではiPhoneの電源をつける方法・電源を切る方法を解説しています。[toc]iPhoneの電源を消す方法(電源をオフにする)まずはiPhoneの電源を消す方法を解説します。iP[…]

Safariを再起動する

iPhoneのSafariで現在地がおかしい場合、”Safariの再起動”も試してみましょう。

アプリスイッチャー画面から、Safariを下から上にスワイプすれば、Safariを完全終了することができます。

最新のiOSにアップデートする

iPhoneのSafariで位置情報がおかしいのは、iOSの不具合が原因である可能性があります。

実際にこれまでも「位置情報が取得できない」「現在地がちがう」など、位置情報関連のiOSの不具合は何度も発生していました。

iOSの不具合が原因である場合、”iOSを最新のバージョンにアップデートする“ことで改善できるかもしれません。

iPhoneからiOSを最新の状態にアップデートするには、以下の手順で行います。

設定アプリから「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップします。

ダウンロードしてインストール」をタップすればダウンロードが始まります。

iPhoneの位置情報(GPS)が微妙にずれる場合

上記の方法でiPhoneの位置情報データを更新することができますが、位置情報を取得するGPSの精度が悪い場合もあります。

GPSがずれている場合はナビアプリも正しく使えず不便なので、微妙にずれた位置情報を修正してあげるといいでしょう。

位置情報(GPS)がずれる場合の対処法については、こちらの「iPhoneの現在地がずれる!位置情報(GPS)がおかしい場合の対処法とGPSの精度を高める方法」で詳しく手順を解説しています。

関連記事

どうも、にゅーすばんくです。iPhoneはGPSを使って位置情報を取得しているので、現在地近くのお店の情報を調べたり、ナビアプリを使ってルート案内をしたりすることができます。ただしGPSは実際の位置とズレることがあって、マップアプリ[…]

最後に

今回の記事では、iPhoneのSafariで位置情報・現在地がおかしいときの対処法について解説をしました。

もし記事の中で分からないことがあれば、気軽にコメントで質問していただけたらと思います。

以上、最後まで読んでくれて感謝!感謝!です。

関連:iPhoneの写真に記録された位置情報(Exif)を消さないと画像で住所が特定される?

関連記事

どうも、にゅーすばんくです。iPhoneには位置情報を取得する機能があり、位置情報をオンにした状態でiPhoneのカメラアプリで撮影した写真にはExifという位置データが記録されています。写真を受け取った人は写真に保存された位置情報[…]

広告
モバイルバージョンを終了