オフラインのiPhoneでも「iPhoneを探す」は使える!ただ意外に厳しい条件もあるので注意!

    どうも、@NewsBank7です。

    iPhoneには「iPhoneを探す」という特定のiPhoneの現在地情報を把握できる機能があり、iPhoneを紛失したときや子供の居場所を特定するときなどに便利です。

    以前までは探したいiPhone がオンラインの状態である必要がありましたが、iOS13からはオフラインのiPhoneでも「iPhoneを探す」が使えるようになりました。

    ただこの機能を使うにはいくつか条件を満たす必要があるので、この記事ではオフラインのiPhoneを探す方法と注意点について解説していきたいと思います。

    iPhoneを探すとは

    広告

    iPhoneを探す」という機能は紛失時などに自分のiPhoneを探すことができる機能で、iPhoneの現在地情報を特定することができます。

    遠隔で紛失の旨を伝えるッセージを表示させたり、悪用を防ぐためにデータを初期化することなども可能です。

    iPhoneを探す

    iOS13ではオフラインのiPhoneも「iPhoneを探す」で探せる

    広告

    以前までは探したいiPhoneの電源がオンかつ、モバイルデータやWi-Fiに繋がったオンラインの状態である必要がありました。

    そのため紛失したiPhoneが圏外のときやSIMを抜かれているときは、iPhoneの居場所を探すことができませんでした。

    しかし、iOS13からは探したいiPhoneがオフラインの状態でも、Bluetoothがオンになっていれば「iPhoneを探す」で探せるようになったのです。

    オフラインのiPhoneを「iPhoneを探す」で使える理由

    ではなぜモバイル回線やWi-Fiにも繋がっていない状態でも、iPhoneを探すで現在地を特定することができるのでしょうか。

    その仕組みを簡単に説明すると、「自分のiPhoneがBluetoothの信号を発することで、近くにいる誰かのiPhoneと繋がり、繋がったiPhoneの現在地情報をもとに自分のiPhoneの現在地を送るといった仕組み」となります。

    もちろんこの仕組みはセキュリティ的にも安全で、ユーザーは誰と誰が繋がったかどうか特定することができず、Appleもユーザーを特定することはできないようです。

    「iPhoneを探す」でオフラインのiPhoneを探す方法

    ここからは「iPhoneを探す」でオフラインのiPhoneを探すための方法をご紹介します。

    オフライン機能を使うには、設定アプリの画面上にある「マイページ」をタップし、「探す」を選択します。

    iPhoneを探すiPhoneを探す

    続いて「iPhoneを探す」をタップして、「“オフラインのデバイスを探す”を有効にする」をオンにすれば設定完了です。

    iPhoneを探すオフラインのiPhoneを探す

    オフラインのiPhoneを探すための条件

    上記設定をオンにすることはもちろんのことですが、設定をオンにする以外にもオフラインのiPhoneを探すためにはいくつかの条件があります。

    オフラインのiPhoneを探すためには、以下の条件を満たす必要があります。

    • 設定で「”オフラインのデバイスを探す”を有効にする」をオンにする
    • Bluetoothがオンになっている
    • 電源がオンになっている
    • 探したいiPhoneの半径10m以内にiPhoneがある
    • 探したい端末と探す端末が同じApple  IDで連携している
    • iOS13以降のiPhoneなど対応している端末である
    • 位置情報がオンになっている
    • iPhoneを探すがオンになっている

    では、それぞれ解説していきましょう。

    設定で「”オフラインのデバイスを探す”を有効にする」をオンにする

    先ほど解説したように、オフラインのiPhoneを探すには設定で機能をオンにしなくてはいけません。

    設定の「“オフラインのデバイスを探す”を有効にする」をオンにするのを忘れないようにご注意ください。

    オフラインのiPhoneを探す

    Bluetoothがオンになっている

    オフラインのiPhoneを探すにはBluetoothの信号を活用するため、探したいiPhoneのBluetoothがオンである必要があります。

    関連:iPhoneでBluetooth(ブルートゥース)がつながらない・ペアリングできないときの対処法を徹底解説!

    探したいiPhoneの半径10m以内にiPhoneがある

    近くにある誰かのiPhoneと繋がることで現在地を特定できる仕組みのため、探したいiPhoneの近くに別のiPhoneユーザーがいる必要があります。

    具体的には、探したいiPhoneの半径10m以内に他人のiPhone・Macがなくてはいけません

    これだけiPhoneが普及しているので観光地や都会では問題ないと思いますが、山の中や田舎だと厳しいかもしれませんね・・・。

    探したい端末と探す端末が同じApple  IDで連携している

    探したい端末と探す端末は、あらかじめ同じApple IDで連携しておかなければなりません。

    そのため友達のiPhoneを一時的に借りて探すみたいなことは、オフラインのiPhoneを探すときはできないのでご注意ください。

    iOS13以降のiPhoneなど対応している端末である

    オフラインのiPhoneを探す機能は、探すiPhoneと探したいiPhoneのどちらもがiOS13以降にアップデートしておく必要があります。

    どちらかがiOS12などのままであれば、この機能は使えないのでご注意ください。

    位置情報がオンになっている

    当たり前ですが探したいiPhoneで位置情報がオフになっていると、オンライン・オフラインとわずiPhoneを探すが使えません。

    位置情報サービスをオンにするには、設定アプリから「プライバシー」をタップして「オン」にすればOKです。

    プライバシー位置情報サービス

    iPhoneを探すがオンになっている

    そもそもiPhoneを探すの機能がオンになっていないと、オンライン・オフライン関係なくiPhoneを探すは使えません。

    iPhoneを探すをオンにするには、設定アプリから画面上の「マイページ」をタップし、「探す」をタップします。

    iPhoneを探すiPhoneを探す

    iPhoneを探す」という項目をタップして、「オン」にすればオフラインをオンラインにすることができます。

    iPhoneを探すiPhoneを探す

    電源がオンになっている

    オフラインでのiPhoneを探すの設定をしていたとしても、電源がオフになっていればどうしようもありません。

    もし誰かに拾われて電源をオフにされると、その時点でiPhoneを探すは使えなくなるのでご注意ください。

    最後に

    iOS13で追加されたオフラインのiPhoneを探す機能について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

    もし記事の内容でよく分からないことがあれば、気軽にコメントで質問していただけたらとおもいます。

    以上、最後まで読んでいただき感謝!感謝!

    広告