iPhoneのTouch IDが反応しない原因と対処法を解説!スッと反応する指紋登録7のコツ

iPhoneのTOuch IDが反応しない

どうも、にゅーすばんくです。

iPhoneには指紋認証のTouch IDという機能がありますが、うまく反応してくれない、指紋を認証してくれないときがよくあります。

Touch IDが反応しない原因の多くは、正しく指紋の登録ができていない事がほとんどです。

再度正しく指紋を登録しなおすことで多くの場合は解決可能ですので、「iPhoneのTouch IDをばっちり反応させる指紋登録のコツ」について解説していきたいと思います。

iPhoneのTouch IDが反応しないときの対処法

広告

iPhoneのTouch IDの反応しないときの多くは、正しく指紋が登録されていないことが原因です。

Touch IDが反応しない場合は、一度指紋情報を削除して再度指紋を登録することで改善される可能性が高いです。

Touch IDに指紋を登録する方法

指紋を登録するには、設定アプリから「Touch IDとパスワード」を選択し、「指紋を追加」をクリックします。

Touch IDが反応しないときの対処法Touch IDが反応しないときの対処法

すると指紋登録のガイドが始まりますので、指示に従って指紋を登録していけば追加完了です。

Touch IDが反応しないときの対処法Touch IDが反応しないときの対処法

正しい指紋登録の7のコツ

広告

touchid-2

iPhoneのTouch IDの反応が悪い原因は、正しく指紋が登録できていない可能性が高いです、

正しくTouch IDが動作するための指紋登録のコツを、以下にまとめているので是非参考にしながら登録してみてください。

ホームボタンを綺麗にしよう

指紋登録する際は、ホームボタンを綺麗にした状態で行ってださい。

指紋認証のセンサーはかなり繊細なため、ホームボタンが汚れていた場合正しく認証されない場合があるようです。

柔らかい布などを使ってホームボタンを吹き、綺麗な状態で指紋登録するようにしましょう。

指を綺麗にしよう

ホームボタンと同様、指が汚れていると正しく指紋登録がされない場合があります。

汗や油などでも指紋登録に影響があるので、綺麗な手を使って登録するようにしましょう。

乾燥しないように

指かひどく乾燥している場合も同様、指紋がうまく登録できないことがあるようです。

湿りすぎててもダメ、乾燥しすぎててもダメ。難しいですなー。

指の怪我には注意

指に切り傷などの怪我がある場合も、汚れや乾燥同様にうまく指紋登録ができないことがあります。

親指に切り傷などがあるときは、別の指を登録するか、しっかりと完治してから登録すると良いでしょう。

普段通りの押し方を意識しよう

指紋を登録するとき、iPhoneの持ち方だったり指の傾きだったりを、普段通りに意識するようにしてみましょう。

普段通りの押し方で登録することで、普段使っている時にもしっかりと指紋を認識してくれます。

カバーやフィルムは外そう

カバーやフィルムをつけていることで、ホームボタンとの間に段差が生まれることがあります。段差がある状態で指紋登録をすると正しく認識されないことがあります。

最近は分厚い頑丈なガラスフィルムが人気ですが、指紋登録する際はホームボタンとの段差にご注意ください。

軽く触れることを意識

ホームボタンを押すという感覚ではなく、「ホームボタンに軽く触れる」ことを意識しながら登録してみましょう。

強く触れすぎると正しく指紋が登録されないので、軽く触れる程度で登録するようにしましょう、

どうしてもTouch IDが反応しないとき

再度指紋登録を行ってもどうしてもTouch IDが反応しない場合、もしかしたらホームボタンが故障しているのかもしれません。

ただTouch IDのセンサーは端末とペアリングされているため、非正規のiPhone修理屋では修理することはできないようです。

なので修理に出す際は、Apple Store や、Apple 正規サービスプロバイダにお願いするといいでししょう。

iPhoneのホームボタンの修理方法については、こちらの「故障して反応しないiPhoneのホームボタンの修理方法・費用まとめ。Appleでの修理から自分で直す方法も解説!」をご覧ください。

またAppleで修理をする場合は配送修理が手軽でオススメです。配送修理については、「iPhoneの配送修理を実際に使ってみた感想と具体的な手順!費用やスピードなど徹底解説!」をご覧ください。

以上、「iPhoneのTouch IDの感度を高める指紋登録のコツ」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

広告