iPhoneで非通知拒否の設定方法!SoftBank・au・Docomoの着信拒否のやり方を解説!

どうも、@NewsBank7です

たまにかかってくる非通知からの電話、どうせ怪しい業者だろうと電話にでないようにしている方も多いはず。

もしかしたら重要な電話かもしれない・・・と思い、いざ電話にでてみると「マンション投資に興味はありませんか?」なんて経験、一度や二度はあるはずです。

そこで今回はiPhoneで非通知からの着信を拒否する方法について、図解で詳しく解説していきたいとい思います。

iPhoneで非通知設定する機能はない

iPhoneでは指定した電話番号を着信拒否することはできますが、非通知からの着信を拒否する機能はありません。

非通知からの着信を拒否するためには、各キャリアが用意している着信拒否設定を活用する必要があります。

お使いのキャリアによって設定方法も異なるので、ここではソフトバンク・au・ドコモとキャリア別に非通知を着信拒否する方法をご紹介していきましょう。

SoftBankのiPhoneで非通知拒否する方法

まずソフトバンクでiPhoneを契約している方に向けて、非通知拒否する設定をご紹介します。

ソフトバンクのiPhoneで非通知を着信拒否するには、「ナンバーブロック」というソフトバンクの有料サービスに加入する必要があります。

月額使用料は月100円ですが、同じくSoftBankの有料サービスである「iPhone基本パック」に加入している場合は無料で使うことができます。

ナンバーブロックに加入した後の手順としては、以下の通りです。

  1. (迷惑電話を着信応答後)「144」をダイヤル
  2. 「1」を選択
  3. 「#」を選択
  4. お断りガイダンスを選択
  5. 「#」を選択し、登録完了

注意すべき点としては、「非通知を着信拒否するには一度非通知からの着信に応答する必要がある」ということです。

auのiPhoneで非通知拒否する方法

続いて、auのiPhoneで非通知拒否する設定をご紹介します。

auで契約しているiPhoneで非通知からの着信を拒否するには、auの「番号通知リクエストサービス」を使うことでできるようになります。

番号通知リクエストサービスは無料で利用することができ、「1481」に電話をかけることで非通知からの着信を拒否することができます。

DocomoのiPhoneで非通知を着信拒否する方法

続いて、ドコモのiPhoneで非通知拒否する設定をご紹介します。

ドコモで契約しているiPhoneで非通知からの着信を拒否するには、ドコモの「番号通知お願いサービス」を使って設定可能です。

こちらも月額の使用量は無料で、特に申し込む必要もありません。

設定の手順としては、以下の通りです。

  1. 「148」に発信
  2. ダイヤルで「1」を選択

以上で非通知からの着信を拒否することができます。

電話をかけた相手には着信拒否がどう伝わるか

iPhone本体からでも出来る非通知ではない番号を着信拒否する場合、かけた相手には「話し中」と同じプープープーという音が流れます。

一方で上記で紹介した非通知拒否設定の場合は、「番号を通知した上で、おかけ直しください」などの案内が流れます。

そのため電話をかけた相手がこのことを知っている場合、非通知を着信拒否していることは分かってしまいます。

「不明」からの着信は拒否できない

ちなみに非通知からの着信と似ている、「不明」と書かれた連絡先から着信がかかってくることがたまにあります。

Skypeや公衆電話からの着信の場合に「不明」と表示されることがありますが、上記で紹介した方法でも「不明」からの着信は拒否することができません。

不明からの着信については、こちらの「iPhoneの電話に「不明」から着信が!誰からの電話?迷惑電話なのか?」で詳しく解説しているので合わせて参考にしてください。

特定の電話番号を着信拒否する方法

非通知からの電話ではなく特定の番号からの着信を拒否する方法については、こちらの「iPhoneの電話/メール/メッセージで着信・受信拒否する方法。特定のメールアドレスや電話番号からの着信・受信を設定で拒否しよう!」で詳しく解説しています。

非通知以外の電話も拒否したいという場合は、こちらも合わせてどうぞ!

以上、iPhoneで非通知からの着信を拒否する方法でした。

最後まで読んでくれて感謝!感謝!

超絶おすすめの格安SIMランキング

格安SIMオタクでiPhoneマニアの管理人が、数ある格安SIMの中からiPhoneで使える超絶おすすめの格安SIMをランキング形式で紹介しています。

格安SIMへの乗り換えを検討しているけど、どれを選べばいいか分からないという方はぜひぜひ参考にしてください。

広告