iPhoneでアプリを削除(アンインストール)する方法を解説!Appを削除と取り除くの違いは?

iPhoneでアプリを削除(アンインストール)する方法

どうも、にゅーすばんくです。

アプリをたくさんインストールしていると、iPhoneのストレージ容量を圧迫したり電池持ちの悪化にもつながります。

そのためできるだけ使わないアプリは削除した方がよいのですが、アプリを削除する方法が分からない方もいるでしょう。

そこでこの記事では、iPhoneのアプリを削除(アンインストール)する方法について詳しく解説していきたいと思います。

関連:iPhoneでアプリが固まる・突然落ちる・開かないときの原因と対処法

iPhoneのアプリを削除(アンインストール)するやり方

iPhoneでアプリを消す(アンインストール)には、大きく2つのやり方があります。

  • ホーム画面からiPhoneアプリを削除する
  • 設定アプリからiPhoneアプリを削除する

では、それぞれ解説していきましょう。

ホーム画面からiPhoneアプリを削除する

iPhoneでホーム画面からアプリを削除する方法を解説していきます。

消したいアプリのアイコンを長押しして、表示されるメニューから「Appを削除する」を選択します。

iPhoneアプリを削除する

続いて「Appを削除」をタップして、確認のポップアップから「削除」をタップします。

iPhoneアプリを削除するiPhoneアプリを削除する

以上の手順でiPhoneアプリをアンインストールすることができました。

設定アプリからiPhoneアプリを削除する

続いて設定アプリからiPhoneのアプリを削除する方法を解説します。

設定アプリを開き、「一般」→「iPhoneストレージ」をタップします。

iPhoneでアプリを削除する方法iPhoneでアプリを削除する方法

ここではiPhone内のアプリが一覧で表示され、どれぐらい容量を使っているかを確認することができます。

iPhoneでアプリを削除する方法

消したいアプリを選択し、「Appを削除する」をタップすればアプリのアンインストールの完了です。

iPhoneでアプリを削除する方法

ちなみにこの画面では「Appを取り除く」という項目も存在します。

iPhoneでアプリを削除する方法

Appを取り除く」とはアプリ内の個別データ以外を削除するもので、取り除いたアプリを再インストールすれば以前のデータのまま使うことができます。

ちなみにAppを取り除くを選択した場合、ホーム画面にアプリのアイコン自体は残ったままとなります。

Appを取り除く

アプリをタップすれば再インストールすることができます。

Appを取り除く

iPhoneの”Appを削除”と”Appを取り除く”の違い

iPhoneでアプリを削除するときに選択肢としてある、「Appを削除」と「Appを取り除く」の違いは何なのでしょうか。

iPhoneの”Appを削除”

Appの削除とは一般的なアプリの削除の方法で、アプリ内に保存されているデータも含め完全に削除することときに使います。

この操作を行うとこのAPPとそれに関連するすべてのデータがこのiPhoneから削除されます。この操作は取り消せません。

出典:Appの削除

iPhoneの”Appを取り除く”

Appを取り除くとは、アプリ内のデータは保持したままアプリを削除したいときに使います。

Appを取り除くとアプリは削除することができますが、アプリ内のデータはiPhone内に保存されたままになります。

この操作を行うとAppのサイズ分の容量は解放されますが、その書類とデータは保持されます。APPがApp Storeにまだある場合は再インストールするとデータは元に戻ります。

出典:Appを取り除く

データは消したくないけどストレージの容量を一時的に確保したいときなどは、”Appを削除”ではなく”Appを取り除く”を選択するといいでしょう。

最後に

アプリの削除方法はiPhoneの基本操作の1つなので、ぜひ覚えておくようにしましょう。

もし今回の記事で分からないところがあれば、気軽にコメントで質問していただけたらと思います。

以上、iPhoneでアプリを削除(アンインストール)する方法でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!