折れたイヤホンがiPhoneのイヤホンジャックに詰まってとれない時の対処法!修理に出さず自分で簡単に取り出す方法

iPhoneのイヤホンジャックが折れてとれないときの修理方法

どうも、@NewsBank7です。

最近イヤホンジャックに刺すタイプのiPhoneアクセサリーが若者を中心に人気のようで、色んなメーカーさんからたくさんの種類のイヤホンジャックアクセサリーが販売されています。

しかしこうしたイヤホンジャック内にさすタイプのアクセサリーというのは、挿されている状態で折れてしまい「iPhoneのイヤホンジャックから抜けなくなってしまう」といったことがあります。

Twitterをみていても、「イヤホンジャックがiPhone内で折れて取れなくなったと嘆いている方をたくさん目にします。

この記事では「イヤホンが折れてイヤホンジャックに詰まったときの対処法」をご紹介しています。

折れたイヤホンが詰まったときの対処法

iPhoneのジャック部分に折れたイヤホンやイヤホンピアスが詰まると、修理屋にもっていけばだいたい5000円程度の修理費用はかかるはず。

そこでこの記事では、イヤホンジャック内で折れたイヤホンピアスを自力で取る方法をご紹介していきたいと思います。

爪楊枝と接着剤で詰まったイヤホンピアスをとる方法

自宅でできる一番簡単な方法は、おそらく「爪楊枝」と「接着剤」を使っておこなう方法でしょう。

この方法は爪楊枝とイヤホンジャック内のイヤホンピアスを接着剤でひっつけ、固まった後に引っこ抜くといったものです。

まず爪楊枝の先に接着剤をつけるのですが、このときイヤホンジャックに詰まっているイヤホンピアスに下の画像のように爪楊枝の先が入る程度の空洞がある場合は、爪楊枝の尖っているところに接着剤をつけ空洞内に差し込んだ状態で固めるといいでしょう。

iPhoneのイヤホンジャックに折れたイヤホンピアス

逆に空洞がない場合は、爪楊枝の尖っていない方に接着剤をつけて、面と面を引っ付けるようなイメージで固めると失敗しにくいです。

ただ接着剤をつけすぎるとiPhoneのイヤホンジャック部分に接着剤があふれ、より事態が悪くなる可能性もあるので接着剤の量にはくれぐれもご注意ください。

ネイルドリルで詰まったイヤホンピアスをとる方法

ネイルドリルというのは女性が爪の手入れなどに使う細いドリルのようなもので、100円ショップなどでも普通に購入することができます。

イヤホンジャック内に詰まっているイヤホンピアスが、プラスチック製でなおかつ爪楊枝が差し込める空洞がない場合は、こちらのネイルドリルを使った方法が取りやすくてオススメです。

iPhoneのイヤホンピアスに詰まったイヤホンピアス

まずイヤホンジャック内で折れて詰まったイヤホンピアスの中心に、ネイルドリルでぐりぐりと穴をあけるように削っていきます。

ある程度削れたら一旦ネイルドリルを抜いて、ガスコンロやライターでネイルドリルの先を熱します。

火を使うため手には軍手をはめ、水が近くにある状況で行うようにしてください。ネイルドリルの先を熱した後はそれを先ほど削った穴に差し込み、さらに少しグリグリト削っていきます。

その後ネイルドリルが完全に冷めるまでしばらく待ち、冷めたらネイルドリルを引っこ抜いてみてください。詰まっている物体も一緒に引っこ抜くことができるはずです。

ちなみにネイルドリルじゃなくても、同じような物であれば上記方法で取り外すことができるはずです。

自己修理はくれぐれも注意しよう!

よほどイヤホンジャック内の深部で折れていない場合は、ここで紹介した方法で自力で解決することが可能です。

ただ場合によってはiPhone内部に傷をつけるなど、故障に繋がる可能性もあるので十分にご注意ください。

自分で直すのはちょっと自信がないなという方は、AppleStoreか修理屋に持っていくようにしておきましょう。

以上、「iPhoneで折れたイヤホンジャックが詰まってとれない時の対処法」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • […] ただ接着剤をつけすぎるとiPhoneのイヤホンジャック部分に接着剤があふれ、より事態が悪くなる可能性もあるので接着剤の量にはくれぐれもご注意くださいね。 引用元-にゅーすばんく […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。