iPhoneでSafariの「よく閲覧するサイト」を削除する方法と非表示にする方法

どうも、@NewsBank7です。

iPhoneをお使いの皆さん、Safariに表示される『よく閲覧するサイト』の表示を消したいと思ったことはありますか。私はあります…(笑)

これはその名の通りよく閲覧するWebサイトにすぐアクセスできるよう、Safariの最初の画面に出してくれる機能です。

地味に便利な機能ではあるんですが、ふとした瞬間に友達や恋人の目に止まり「ふーん、こんなサイトやあんなサイト見てるんだ・・・。」なんてなんて思われるのは嫌な人もいると思います。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

そこで今回は、このiPhoneのSafariに表示される『よく閲覧するサイト』を削除・非表示にする方法をご紹介致します。

Safariの「よく閲覧するサイト」を消す方法

よく閲覧するサイトの特定のサイトを消す方法

まずはよく「閲覧するサイト」機能を残しながら、表示されている特定のサイトのみ消す方法をご紹介します。

やり方はいたって簡単です。ホーム画面のアプリを消すときと同じ要領で、消したいサイトのアイコンを長押しすると表示される「削除」を押すだけです。

よく閲覧するサイトの機能をオフにする方法

まず最初に設定アプリを開き、画面下にある『Safari』の項目を選択し、『よく閲覧するサイト』をボタンをオフにします。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b94 %e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b95

Safariを確認してみると、「よく閲覧するサイト」の表示がちゃんと消えていますね。

Safariの閲覧サイトの履歴とデータを消す

先ほどご紹介した方法は「よく閲覧するするサイト」を非表示にする方法でしたが、Safariの履歴とデータを消すことでも「よく閲覧するサイト」を消すことができます。

よく閲覧するサイトだけでなく、完全に履歴を消し去ってSafariをスッキリさせたい!という人におすすめの方法です。

先程と同様の手順で設定アプリから『Safari』の項目を選択し、『履歴とWebサイトデータを削除』をタップします。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b94 %e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b97

以上の手順で、閲覧履歴とSafariに蓄積されたネット閲覧時のデータを消すことができます。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b98

※キャッシュと呼ばれるファイルやログイン時に記憶されているID/PWもまとめて削除されるのでご注意を。

最後に

見られたらやましいサイトをみているそこのあなた、そんなあなたの参考になれば幸いです。

以上、「iPhoneのSafariに表示されるよく閲覧するサイトを削除・非表示にする方法」のご紹介でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。