iOS12に追加された新機能や変更点を解説!動作スピードが大幅アップする神アップデート!

iOS12の変更点・新機能

どうも、@NewsBank7です。

9月17日、ついにiOS12が一般向けに正式リリースされます。

今回のiOS12はiOS11.4.1からの大型アップデートということで、新機能や変更点が盛りだくさんのアップデートとなっています。

この記事ではiOS12で追加された新機能や変更点など、iOS12で何がどう変わったかについて詳しく解説していきたいと思います。

ちなみに心配している人も多いiOS12の不具合については、こちらの「iOS12の評判・不具合は?人柱になって不具合を検証してみた!アップデートして大丈夫なの?」で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

iOS12にアップデートできるモデル

iOS12対応iPhone

iOS12は以下の端末に対応しています。iPhoneで言うとiPhone4SやiPhone5はiOS12に未対応ですのでご注意ください。

iOS12に対応するモデル

iPhone XS
iPhone XS MAX
iPhone XR
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

12.9インチiPad Pro(第2世代)
12.9インチiPad Pro(第1世代)
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad Air 2
iPad Air
iPad mini 4
iPad mini 3
iPad mini 2

iPod touch(第6世代)

iOS12の新機能・変更点

iOS12はサクサク快適の動作スピード

iOS12の最大の特徴はと聞かれると、動作パフォーマンスの改善により動作スピードがアップしている点です。

iPhone5SやiPhone6などの古い端末を含む全てのモデルで、動作パフォーマンスが改善されサクサク快適なスピードに生まれ変わります。

カメラの起動速度が最大70%短縮されていたり、キーボードの表示が50%短縮されていたり、特に古い端末を使っていたからすればかなり動作スピードが改善されています。

今までのiOSはアップデートするたびに古いモデルはモッサリしていき、Appleは旧型ユーザーのことなんて何も考えていないとの批判の声もありました。

今回のiOS12は全モデルのパフォーマンスが向上しているということで、古いiPhoneを使っている方にとっては相当嬉しいアップデートですね。

iOSの自動アップデートができるように

これまでiOSのアップデートは手動で行っていましたが、iOS12からiOSの自動アップデート機能が追加されました。

ただ自動でアップデートしたくないときもあると思うので、個人的にはこの機能はオフにしておくことをおすすめ致します。

iOSの自動アップデートについては、こちらの「iOS12で追加されたiOS自動アップデート機をオフにする方法。不具合も多いから自動アップデートは危険!」も合わせてご覧ください。

Facetimeで最大32人とのテレビ電話ができる

最近はLINEの普及に従いグループを作ってのやりとりが当たり前になっていますが、iOS12ではFaceTimeを使って最大32とのテレビ通話ができるようになっています。

声を発した人のアイコンが拡大される機能などあり、友達同士で会話を楽しんだり、仕事でテレビ会議をするときにも便利そうです。

みんな大好きアニ文字も進化

iPhoneXにしかない機能ですが、カメラで認識した顔の動きに合わせてキャラが動くアニ文字もiOS12では進化しています。

これまでのキャラクターに加えて、iOS12からはコアラ・トラ・ゴースト・ティラノサウルスといった新たな4つの新しいキャラが追加されています。

さらにオリジナルのアニ文字を作ることができる、ミー文字という新機能が追加されています。

顔のパーツなど細かい変更も可能で、あなたそっくりのオリジナルアニ文字を作ることが可能です。

カメラにエフェクト機能が追加

カメラにかわいいフレームやスタンプなどのエフェクト機能が追加されました。

撮影した後の写真を加工するのではなく、カメラ自体にエフェクトで加工することができるようになっています。

アプリがAR(拡張現実)に対応

iOS12ではこれまでよりもより精度の高いARに対応し、ARを活用した様々なアプリを使うことができるようになりました。

カメラで映すだけで物体の寸法が測れるアプリなど、ARを活用した数多くのアプリがリリースされています。

iPhoneの利用を管理するスクリーンタイム

どれぐらいの時間どのアプリを使っているかなど、iPhoneの利用を細かく記録して管理できるスクリーンタイムという機能が追加されました。

子供がゲームやYouTubeばかり観るのを予防したり、子供に正しくiPhoneを使わせることを管理するのにとても役立つ機能です。

写真アプリに検索機能が追加

大量の写真から特定の1枚を探すのに時間がかかることがありますが、iOS12では撮影した場所や写っている人の名前を入力することで写真を検索できる機能が追加されています。

写真に写っている人を自動で判別する機能もありますので、大量の写真フォルダから目当ての写真を探すのがかなり楽になるはずです。

Safariで自動パスワード作成機能

Safariにパスワードを自動で作成し保存してくれる機能が追加されました。

会員登録時などわざわざパスワードを考えなくても、Safariが安全性の高いパスワードを自動で作成してくれます。もちろんパスワードはサイトごとに保存されます。

セキュリティコードの自動入力

会員登録や会員情報の変更時、本人確認のためにSMSにセキュリティコードが送られてきた際、その数字が入力候補に自動で表示される機能が追加されました。

これまではSMSを開いて数字を確認しながら入力していたと思いますが、iOS12からはセキュリティコードを覚えたり入力する必要がありません。

株価アプリでリアルタイムの情報が確認できる

iPhoneの標準アプリである株価アプリで、リアルタイムの株価情報が確認できるようになりました。

他にもiOS12の変更点はいっぱい

iOS12の新機能や変更点を紹介しましたが、小さな変更点も含めるとまだまだたくさんの変更がございます。

iOS12の全ての変更点については、こちらのApple公式ページをご確認ください。

以上、iOS12の新機能・変更点のまとめでした。

最後まで読んでくれて感謝!感謝!

スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。