iOS11.2.1でiPhoneが落ちる/勝手に再起動する不具合が発生か?対処法・解決法のまとめ

どうも、@NewsBank7です。

先日リリースされたiOS11.2.1で、iPhoneが勝手に再起動する不具合が多数報告されています。

実はこの強制再起動の不具合はiOS11.1.2のときに大規模で発生しており、iOS11.2がリリースで修正されたとされていました。

しかし、今回新たにリリースされたiOS11.2.1で再発したとの声があるので、ここではiPhoneが勝手に再起動する不具合の対処法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

iPhoneが勝手に再起動する不具合

具体的に今回の不具合でどのような症状が起きるかを説明しておきます。

Phoneに触ってもいないのに再起動」したり、「アプリを切り替えていると再起動」したりと、突然iPhoneが落ちるように勝手に再起動するのです。

症状としては以前のiOS11.1.2で発生した不具合と同じで、おそらく原因も同じiPhoneの通知に関連するプログラムの不具合だと思います。

iOS11.2.1で勝手に再起動する不具合が再発

僕自身もiOS11.2.1の不具合検証を行いましたが、僕が所有する端末ではiPhoneが再起動する不具合は今のところ確認できておりません。

ただTwitterなどで口コミ調べてみると、「iOS11.2.1にアップデートしたらiPhoneが勝手に再起動する」などのコメントが多数投稿されています。

一方でiOS11.2.1にアップデートすると、勝手に再起動する不具合が直ったとのコメントも多数報告されています。

iPhoneが勝手に再起動する場合の対処法

続いてiPhoneが勝手に再起動する不具合への対処法をご紹介していきます。

以下の対処法を試す際には、念のためiPhoneのバックアップをとっておきましょう。PCがない方はiCloudを使えば、iPhone単体でバックアップも可能です、詳しい方法は「iPhoneをパソコンなしでバックアップする方法!iCloudを使えばPCがなくでも大丈夫!」をご覧ください。

iPhoneをパソコンなしでバックアップする方法!iCloudを使えばPCがなくでも大丈夫!

2015.06.18

また「UGREEN」などの外部メモリにデータを移すのも、iPhone単体でできてオススメです。

iPhoneの通知をオフにする

iOS11.1.2のとき大規模でこの不具合が発生したときは、時刻を取得するアプリの通知の不具合が原因でした。当時言われていたのは、家計簿アプリの「Zaim」や「欅坂のキセキ」などが原因とのことです。

そのため原因となるアプリの通知をオフにすることで、勝手に再起動する不具合に対処することが可能です。

iPhoneの通知をオフにするには、まず設定アプリから「通知」をタップし、通知をオフにしたいアプリを選択します。

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row]

最後に「通知を許可」という部分をオフにすれば、選択したアプリからの通知をオフにする設定は完了です。

iPhoneの時刻を自動設定オフにする

時刻を取得したアプリが原因であるため、設定でiPhoneの時刻の自動設定をオフにすることで再起動する不具合を解消することができます。

時刻の自動設定をオフにするには、設定アプリから「一般」を選択し、「日付と時刻」をタップします。

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row]

最後に「自動設定」と書かれて部分をオフにすれば設定は完了です。

iPhoneの時刻を東京以外の国・地域に変更する

上の自動設定と同じ要領で、iPhoneの時刻設定を東京から違う国の時間に設定することで再起動の不具合を対処することが可能です。

時刻の地域を変更するには設定アプリから「一般」を選択し、「日付と時刻」をタップします。

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row]

続いて「自動設定」をオフにして、変更したい地域を検索して設定します。※東京と時差がない韓国がオススメです

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row]

モバイルデータの通信を切り替える

モバイルデータの通信を一度オフにして再度オンにすることで改善される場合があります。

設定アプリから「モバイルデータ通信」をタップして、ラベルをオフにして再度オンにすれば設定は完了です。

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”] [/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”] [/wc_column] [/wc_row]

iPhoneのバッテリーを交換する

iPhoneが勝手に再起動する原因として、iPhoneのバッテリーが消耗している可能性があるようです。特に古いiPhoneを使っている場合は、可能性として高いかもしれません。

iPhoneのバッテリーを交換するには色々と方法があるので、こちらの「iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法をまとめてみた!iPhoneの電池減りが激しいならバッテリー交換をしよう!」に具体的な方法と料金をまとめています。合わせてご覧ください。

保証に入っているかいないかでも変わりますが、バッテリー交換をお願いすると以外に高くつきます。料金をできるだけ抑えたい場合は、「自分で修理.com」などの自作修理キットを使うのがオススメです。

iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法をまとめ!iPhoneの電池減りが激しいならバッテリー交換をしよう!

2016.06.30

iPhoneの再起動・初期化など基本対処法

勝手に再起動する不具合だけでなく、iPhoneに異常があったときにまずは試したいのがiPhoneの再起動や初期化です。

具体的な方法はこちらの「iPhoneで問題発生?不具合が出たときに試したい対処法をまとめ」にまとめているので、こちらも合わせて参考にしてください。

iPhoneで問題発生?不具合が出たときに試したい対処法をまとめてみた。

2014.10.27

iPhoneが勝手に再起動する不具合の対処法まとめ

上記の対処法をまとめると以下の通りです。ちなみに時刻の設定を変更するのは弊害も大きいので、できるだけ違う対処法で解決できるか試してみるといいでしょう。

再起動する不具合への対処法

  • iPhoneの通知をオフにする
  • iPhoneの時刻を自動設定オフにする
  • iPhoneの時刻を東京以外の国/地域にする
  • モバイルデータ通信をオフ→オンする
  • iPhoneのバッテリーを交換する
  • 再起動や初期化を試してみる

Appleに問い合わせしてみよう

上記の対処法を試しても直らない場合は、Appleに直接不具合の症状を問い合わせてみるといいでしょう。

Appleに問い合わせする方法はこちらの「iPhoneの不具合が酷いときはAppleに物申せ!Appleに問い合わせる方法」で解説しているので、是非あなたの不満をAppleに直接物申してやりましょう。

iPhoneの不具合をAppleに問い合わせる方法!AppleにiOSの不具合を報告だ!

2014.12.26

以上、「iPhoneが落ちる・勝手に再起動する不具合への対処法」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

格安で広告を募集します

こちらのスペースに破格の値段で広告を出すことが可能です。費用体効果バツグンのにゅーすばんくの純広告を是非一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

複数のブログを運営しているブログオタク。ブログ歴8年。月間アクセス計350万PV達成、総アクセス計5000万PVを突破。目指せ1億PV!日々精進!かわいい嫁と2匹のチワワと暮らしています