iPhoneのバッテリー劣化を防ぐApple公式の方法を解説!バッテリーを長持ちさせる4つのコツ

バッテリーの劣化を防ぐコツ

どうも、@NewsBank7です。

iPhoneはリチウムイオン電池という電池持ちが長持ちで充電も速い、非常に高性能なバッテリーを搭載しています。

ただどんなに高性能と言っても、バッテリーには寿命があり使っていく内に劣化してしまうものです。

寿命があるので永久的に使うことはできませんが、iPhoneのバッテリーの劣化を防いで長持ちさせることは可能なのです。

スポンサードリンク

iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐApple公式の対策

iPhoneのバッテリー劣化を防ぐために効果的な方法があるので、iPhoneを少しでも長く大切に使いたい方は、ここで紹介する方法を是非参考にしてみてください。

iOSは常に最新の状態にアップデートしよう

iOSのアップデートにはバッテリーや充電関連の改良が含まれることもあるので、出来れば最新のiOSに常にアップデートしておくようにしましょう。

ただしiOSはバージョンによっては不具合が発生することもあるので、アップデートする際は口コミなどで調べるなどして、慎重に行うことをオススメ致します。

16~22℃の最適な温度を維持しよう

バッテリーは高温すぎる状況や低温すぎる状況だと劣化が進んでしまうので、適切な温度環境である16~22℃を維持することを意識してすると良いでしょう。

たまに充電しながら重いゲームをするとiPhoneがカイロのように熱くなりますが、そうした状況もバッテリーの劣化を考えると回避したほうがいいですね。

iPhoneのカバーやケースを外して充電しよう

iPhoneにカバーやケースを着けている方は多いですが、ケースを着けた状態で充電するとiPhone本体に熱が溜まりバッテリーの劣化を進めてしまいます。

特に手帳型ケースなどは熱がこもりやすいので、バッテリーを長持ちさせたいなら面倒ですが外してから充電するようにしましょう。

長期間保管する際は50%の状態で電源を切る

使わなくなったiPhoneを置いておくと、実は放置するだけで知らない間にバッテリーが劣化してしまいます。

機種変して長期間iPhoneを操作しない場合、iPhoneの充電が50%の状態で充電を切って保管するのが1番バッテリーの劣化を防ぐことが可能です。

iPhoneの充電が100%の状態で放置していると、バッテリーの容量が失われ駆動時間の低下に繋がります。また、充電が0%の状態で保管してしまうと、バッテリーが重放電という状態になり、充電された状態を保てなくなる可能性があるようです。

もし6ヶ月以上電源を切って使わない場合も、6ヶ月毎に50%に充電して電源を切るのを繰り返すと、長期間でもバッテリーの劣化を防いで保管することが出来るようです。

かなり面倒ではありますが、使わないiPhoneを家族に譲ったり、中古で売ることを考えている場合は、バッテリーの劣化を防ぐために是非やってみると良いでしょう。

iPhoneのバッテリーの劣化を確認する方法

上記のような使い方でバッテリーの劣化を防ぐことが可能ですが、寿命が無いわけではないので使っている内に劣化は進んでしまいます。

iOS11.3からバッテリーの劣化具合を確認できる機能が追加されたので、「【iOS11.3】iPhoneのバッテリー状態を確認する方法とパフォーマンスの低下を無効にする方法」を参考にまずは自分のiPhoneのバッテリーが劣化しているかを確認してみると良いでしょう。

iPhoneのバッテリー状態を確認する方法とパフォーマンスの低下を無効にする方法

2018.03.25

ちなみにiPhoneのバッテリーは、フル充電500回で80%まで性能が低下すると言われています。iPhoneの充電回数を調べる方法については、こちらの「iPhoneの充電回数を確認する方法!充電の回数からバッテリーの劣化を判断しよう」を合わせて読んでみてください。

iPhoneの充電回数を調べて確認する方法!充電の回数からバッテリーの劣化を判断しよう

2018.03.18

劣化したiPhoneのバッテリーは交換しよう

iPhoneのバッテリーが劣化すると電池持ちが悪くなるだけでなく、突然シャットダウンするなど、快適に使うことが出来なくなってしまいます。

もしバッテリーの状態を確認し劣化しているようであれば、iPhoneのバッテリーを新しく交換することを強くオススメ致します。

バッテリーの交換についてはいくつかの方法がありますが、詳しくはこちらの「iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法をまとめてみた!iPhoneの電池減りが激しいならバッテリー交換をしよう!」にまとめているので参考にしてください。

iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法をまとめ!iPhoneの電池減りが激しいならバッテリー交換をしよう!

2016.06.30

Appleの保証に入っておらずとにかく費用を抑えたい方、「自分で修理.com」で売られているような自作キットもオススメです。簡単に交換可能と評判も良いので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

以上、「iPhoneのバッテリーの劣化を防いで寿命を長持ちさせる方法」でした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

格安で広告を募集します

こちらのスペースに破格の値段で広告を出すことが可能です。費用体効果バツグンのにゅーすばんくの純広告を是非一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

複数のブログを運営しているブログオタク。ブログ歴8年。月間アクセス計350万PV達成、総アクセス計5000万PVを突破。目指せ1億PV!日々精進!かわいい嫁と2匹のチワワと暮らしています