iPhoneのストレージ容量を劇的に増やす方法!データ圧縮やオンラインストレージなど便利な容量節約術を大公開!

iPhoneのストレージ容量を増やす方法

どうも、@NewsBank7です。

今日はiPhoneのストレージの容量を増やす方法として、iPhoneのデータ容量を節約し使える容量を今よりも増やすいくつかのテクニックをご紹介したいと思います。

ストレージがいっぱいのiPhoneだと、iOSのアップデートもできませんし、新しいアプリや写真を追加することもできません。

ここで紹介するiPhoneのストレージを増やす方法を試すだけで、iPhoneの容量をかなり増やすことができるはずなので是非試しにやってみてください。

ストレージを減らす提案を確認してみよう

iOS11にはiPhoneのストレージ容量を減らす提案をしてくれる機能が搭載しており、その提案に従うことでかなりのストレージを減らすことが可能です。

まず設定アプリから「一般」を選択し、「iPhoneストレージ」を選択してください。

このページではiPhoneのストレージがどれぐらい使用されているかを確認できたり、ストレージを増やすための提案を確認することが可能です。

ストレージの容量を増やす提案は、「非使用のAppを取り除く」「古いチャットを自動削除」「大きい添付ファイルを再検討」などがあります。

非使用のAppを取り除く

中でもストレージの容量が劇的に変わるのが、「非使用のAppを取り除く」というもの。

おすすめの中にある「非使用のAppを取り除く」内の、「使用」をタップすれば設定は完了です。

アプリ別にAppを取り除く・Appを削除する

上記の「非使用のAppを取り除く」機能は一括での設定のため、それが嫌な方は個別にアプリを選択することをオススメします。

先程と同様に、設定アプリの「一般」から「iPhoneストレージ」を選択します。

続いて特定のアプリを選択してください。

アプリを選択したら、「Appを取り除く」か「Appを削除する」を選択してください。

Appを取り除く

Appを取り除くと選択した場合は、アプリ自体のサイズの容量は減る一方で、アプリ自体のデータは消えないのでApp Storeから再インストールすればデータは自動的に復元されます。

ちなみにAppを取り除くを選択したアプリはホーム画面にアイコン自体は残っています。

アプリをタップすることで自動で再インストールがはじまります。

Appを削除する

Appを削除するを選択した場合は、アプリを通常の方法で削除するのと同じで、アプリ自体はもちろんアプリ内のデータも削除されてしまうのでご注意ください。

いらないアプリや写真・動画は思い切って削除する

iPhoneのストレージを増やすには、使っていないアプリや不要な写真・動画は思い切って削除するのが一番効果的です。

ついついもしかしたらまた使うかもと、断捨離するのをためらってしまいますが、ストレージを節約するには思い切った断捨離が必要です。

僕の場合は一ヶ月使わないアプリは消すというルールを決めていて、こうした自分だけのルールを決めておくのも効果的だと思いますよ。

iPhoneのストレージを最適化する

iOS11にiPhoneの容量が残り少ないとき、iPhone内の写真・動画を自動で最適化なバージョンに置き換えてくれる機能があります。

ストレージを最適化するには、設定アプリの「写真」から「iPhoneのストレージを最適化」を選択すれば完了です。

写真を圧縮して容量を減らす

iPhoneの容量がいっぱいの方のほとんどは、iPhoneに写真が大量に保存されている方が多いです。

写真は思い出だし、どうしても消せない写真が大量にあるんだよって方も多いと思います。そこでオススメなのが無料アプリを使って写真を圧縮し容量を減らす方法です。

写真を圧縮するには「PhotoShrinker」というアプリが使いやすくてオススメです。

PhotoShrinker

PhotoShrinker

Hype Reactor, Inc.¥360posted withアプリーチ

こちらの「大量の写真でiPhoneの容量が残りわずか → 画像圧縮で容量を確保せよ!!」に詳しい使い方をご紹介していますので、合わせて参考にしていただけたらと思います。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://newsba-nk.com/iphone-photoshrinker]

動画を圧縮して容量を減らす

写真以上に容量を使うのが動画です。動画を大量に保存している方は、動画がかなりの容量をつかっていることでしょう。

画像と同じように不要な動画はできるだけ削除し、それ以外の動画は圧縮して容量を減らしましょう。

iPhoneに保存した動画を圧縮するには「Video Shrink」というアプリがオススメです。こちらの「iPhoneで撮影した動画の容量が大きすぎる→圧縮!圧縮!で大幅カットへ」に使い方をご紹介しているので、合わせてご覧くだい。

LIVE Photosをオフにする

iPhoneのカメラにはシャッター前後の瞬間を撮影し動く写真が作れる「Live Photos」という機能がありますが、この機能で撮影した写真は通常の写真の2倍の容量があると言われています。

Live Photosをオフにするには、設定アプリの「カメラ」から「設定を保持」を選択します。

最後に「Live Photos」の項目をオフにすれば設定は完了です。

HDRの通常の写真を残すをオフにする

3枚の光の露出の異なる写真を一枚にまとめて撮影するHDRの写真は、キレイな写真が撮れる一方で一回で3枚の写真を撮るのでストレージを圧迫する原因につながります。

そのためHDRで撮影した写真の合成元である、3枚の写真をiPhone内に残さない設定にしておくのが容量を圧迫しないためオススメです。

設定アプリから「カメラ」を選択し、「通常の写真を残す」をオフに設定すれば完了です。

聴かなくなった音楽は削除しよう

写真や動画だけでなく、音楽も聴かなくなったものは思い切って削除するのがストレージの確保には効果的です。

ダウンロードした曲のサイズを確認しながら削除する

ダウンロードした楽曲の中でも、曲によって容量のサイズも異なります。

ダウンロードした曲のサイズを確認するには、設定アプリの「ミュージック」から「ダウンロード済み」をタップします。

容量の大きい曲を選択し、右上の「編集」をタップすると表示される「マイナスマーク」をタップします。

最後に「削除」を押せば、ダウンロードした楽曲を削除することが可能です。

ダウンロードした曲のストレージを最適化する

写真と動画と同様、iPhoneの残り容量が少なくなった際に、しばらく再生されていない曲をiPhoneから自動的に削除してくれる機能があります。

設定アプリから「ミュージック」を選択し、「ストレージを最適化」をタップしてください。

続いて「ストレージを最適化」をオンにし、「最低限残しておきたいミュージックの容量」を選択すれば完了です。

Safariに溜まったデータを削除する

ネットブラウザのSafariも使っているうちにキャッシュや履歴情報など、小さな情報が積もって容量を圧迫してしまうことがあります。

Safariのデータを削除するには、設定アプリから「Safari」をタップし、「履歴とWEBサイトのデータを消去」を選択すれば完了です。

オンラインストレージを使って容量を節約しよう

上記の方法でもまだ容量がいっぱいの方は、オンラインストレージを利用してiPhoneに保存してあるデータをクラウド化してみるのもいいでしょう。

iPhoneで使えるおすすめのオンラインストレージサービスを、こちらの「脱容量不足!iPhone/iPadで使えるおすすめオンラインストレージまとめ」でご紹介していますので合わせて参考にしてください。

外部メモリにデータを保存する

クラウドに保存するのもいいですが、「クラウドはちょっと・・・」という方には、iPhone内のデータをiPhone単体で移せる外部メモリを使うのがおすすめです。

こちらの「UGREEN」はiPhoneにつなげてそのままデータを移動できるので、容量が不足している方にはとてもオススメの商品となっています。

音楽はストリーミングアプリを利用する

iPhoneの容量が不足している方は、iPhone内に大量の音楽を保存している方が多いです。

僕も昔は何千曲と音楽をiPhoneに入れていましたが、今は完全にストリーミング音楽アプリを使っています。

音楽アプリも色々ありますが。個人的には邦楽のラインナップが豊富な「LINE MUSIC 」がオススメです。

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC(ラインミュージック)

LINE MUSIC CORPORATION無料posted withアプリーチ

以上、iPhoneのストレージ容量を劇的に増やす方法についてでした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。