iPhoneが充電できない!充電マークがつかない!充電できなくなった体験談と原因と対処法まとめ!

どうも、@NewsBank7です。

少し前の話、私のiPhoneが原因不明の故障によって、iPhoneの充電がまったくできないといった経験をしました。

買ったばかりの純正のケーブルを繋げても充電マークが表示されず充電できないといった症状です。

調べてみるとiPhoneが充電できなくなるのはよくある不具合らしく、同じような症状で悩まれている方も多いと思うので、その時の話を体験談と充電ができないときの原因と対処法について詳しく書いてみたいと思います。

iPhoneが充電できないときは舐めると直る?信じるか信じないかはアナタ次第です

iPhoneが充電できなくったときの体験談

広告

iPhoneによくある不具合に充電ができなくなることがあり、僕自身も以前iPhoneが突然充電できなくなる体験をしました。

ケーブルや電源プラグを買い替えても充電ができず改善されなかったのですが、思ってもいなかった驚きの方法で解決することができました。

そこでここでは、突然充電ができなくなったiPhoneが驚きの方法で解決した話を体験談としてご紹介していきたいと思います。

iPhoneが充電できないから非純正のケーブルを購入

ある日のこと、昨日までなんの問題なく使えていた私のiPhoneが突然充電ができなくなりました。

充電ができない原因の多くはケーブルの故障ですので、まず最初は使っていた充電ケーブルの故障を疑ったのです。

正直iPhoneの純正ケーブルってめちゃくちゃ脆く、これまでも突然使えなくなり新しいケーブルに買い換えたことが何回かありました。

またいつものケーブルの故障でしょと思いながら、残りの充電も少なかったこともあって急ぎ足で近所のドコモショップに行きiPhoneのケーブルを購入したのです。

ちなみにApple純正と非純正の充電ケーブルが売っていましたが、非純正の方が半値ぐらいの価格でしたので、値段を理由に非純正の充電ケーブルを購入しました。

これでやっとiPhoneを充電できるぞー、とウキウキしながら家に帰り充電をはじめると、上機嫌な僕の心を折る衝撃の事件が発生したのです。

なんとなんと・・・

買ったばかりの新品のケーブルを繋げても、iPhoneがうんともすんとも反応がないのです。

なんで!?もしかして不良品!?理由もわからずモヤモヤしていたのですが、ここで1つの仮説が浮かびます。

もしかして純正のケーブルじゃないからか・・・?

そうだ、きっと純正じゃないからだ。

あーあ、無駄金を使ってしまった。安物買いの銭失いとはこのことだ、そう思いながらも購入したケーブルを試しにiPadと繋げてみたら普通に充電ができるのです。

iPhoneでは充電できないのにiPadだと充電できる。よく考えたら非純正と言ってもドコモショップに売ってるそこそこ値段もする商品で、Appleの認証を証明するMFIマークも取得している。

なぜ!?なぜ充電できないの??

iPhoneが充電できないから純正のケーブルを購入

iPadでは充電できたのでケーブルに問題がないのは明らかだが、iPhoneで充電できないのはやはり非純正のケーブルだからという仮説が捨てきれない・・・。

悩んでいても仕方がないと、再度ドコモショップにいき純正のlighteningケーブルを購入したのです。iPhoneが充電できないさすがにこれでダメなわけがないと思いながらも、おそるおそるiPhoneと新品かつ純正のケーブルを繋げたところ・・・

しーーーーん。

充電マークが表示されず、充電もできなければうんともすんとも反応がないのだ。

そのとき私はあることに気づいてしまった。

これケーブルが壊れてるんじゃなくて、iPhone自体の充電部分が故障してるんじゃね?・・・と。

充電できないiPhoneを修理屋に持って行った結果

これはiPhoneの故障に違いない。そう思った私は翌日、iPhoneの修理を専門にするお店に向かったのです。

「すいません、充電できなくなったので治してもらえないでしょうか?」

店員にそう声をかけiPhoneを手渡す。店員は無愛想にわかりましたとiPhoneを受け取り、手元にあった充電機と私のiPhoneを繋げた。

ピコン!!

IG8PA6wq7cSWnggbF1IpjYFLOQAwxGWN

ん?あれ?充電できてる!!??

あれだけ家では充電できなかった私のiPhoneが、なんてことない顔をしながら充電をしている。

店員も苦笑いをしながら「普通に充電できますね」と一言。

おかしい、どうやらiPhoneが故障している訳ではないようだ。

iPhoneが充電できないからプラグを買い替えてみた

てっきりiPhone側の故障と思っていたので、不思議に思いながらも修理屋を後にし、1つ試したいことがあったので近所のビックカメラに向かった。

ビックカメラに展示品として置かれているスマートフォンを手に取り、「ちょっと失礼!」っと充電ケーブルを拝借。

そのままお店の充電ケーブルを自分のiPhoneに挿してみたところ、先ほどの修理屋と同様に何の問題なく充電できているのです。

そこで私は確信した、これはiPhoneが故障しているわけではないと、

iPhoneの故障ではないと確信した私は、ケーブルではなくケーブルとコンセントを繋げるプラグの部分の故障ではないかと考えたのです。

きっとそうだ。だから家では充電できないけど、お店ではできるんだ。そう思いビックカメラで充電プラグを購入した。

もちろん過去の反省を活かしてApple純正のプラグです。できる男は同じ失敗をしないと決まっているのです。

これで充電できるぞー。そう期待しながら自宅に帰宅して、新品のApple純正プラグとケーブル、iPhoneを充電する上でこれ以上ないほどの完璧な状態でいざ充電開始!!!!!

しーーーーーん。

充電マークが表示れない!!充電ができない・・・!!!

充電ができないiPhoneをもう一度修理屋に持っていった結果

新品のlighteningケーブルを買っても充電できない、新品の電源プラグを買っても充電できない。

だけどビックカメラなど店頭に置いてある充電ケーブルなら充電できる。

わけがわからない!!!

家の電力が弱いといいう可能性も疑いましたが、iPadや他の電子機器は普通に充電ができているので違うでしょう。

何が原因でiPhoneが充電できないかは分かりませんが、やっぱりiPhoneの故障なんじゃと思い前回とは違うiPhoneの修理屋に足を運びました。

修理屋につき店員さんにこれまでの一連の流れを説明したところ、店員のおじちゃんは手元にあった充電ケーブルを私のiPhoneに繋げます。

ピコン

はぁ、やはり充電できる。店員さんは首をかしげながらお店にあった別の充電ケーブルに差し込む。

しーーーーーん。

充電できない!!!

なんとなんと、別のケーブルとiPhoneを繋げてみたところ、我が家での状況と同じようにiPhoneが充電できていないのだ。

不思議なことにiPhoneが充電できていない状況に、「やった!」と嬉し気な気持ちになっている私がいる。

充電できないiPhoneの修理をお願いしてみた

充電できない私のiPhoneをみた店員さんは、「充電部分が壊れてますねー」と一言。

やっぱりiPhone自体が壊れてるじゃないか、前回行った修理屋のおやじめ適当なことを言いやがって・・・・と怒りが込み上げてくる。

そんな怒りを感じながらも、1秒でも早くiPhoneを充電したい私はその場で修理をお願いしたのです。修理自体は15分ぐらいで終わるとのことで、しばし待つことに。

電源が切れiPhoneが使えない時間が続いていたこともあって、iPhoneの修理が完了するのを心待ちに待っていたのですが、どうも修理をしている店員さんの様子がおかしい。

修理をしている店員さんが、どうも怪訝な顔をしているのです。心配な気持ちで見続けていると、驚きの一言がかけられます。

なんか直らないですねー

え?

バッテリーに問題がある可能性があるのでバッテリーを変えてみます。

お、おう。まさかのiPhoneのバッテリーに異常があったのかと思いながら、再びしばらく待つことに。

待つこと数分後、店員さんからまたも驚きの一言がかけられます。

バッテリー変えても直らないですねー。ちょっと原因がわかんないです。

なんだ・・・と・・・・。

iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法まとめ。電池の減りが早いなら電池交換をしよう!どこでどうやって交換するのか解説します。

iPhoneが充電できない問題の驚きの解決方法

店員さんによると充電できるケーブル充電できないケーブルがあるようで、原因は調べてもよくわからないとのことです。

そのため解決策としては充電できる相性の良いケーブルを探すしかないとのこと。

そうは言ってもお店で充電機を試すことなんてできないし、当たりハズレのような感覚でケーブルを買うなんて嫌すぎる。

一体どうしたらいいんだ!!!

そんな風に愕然としている私に、修理屋のおじさんが驚きの提案をしてきたのです。

その新品のケーブルとお店のケーブル交換する?

なんと純正ではないお店にあった使い古されたボロボロのケーブルと、私がつい先日購入したApple純正のほぼ新品のケーブルを交換しないかと提案をしてきたのです。

あほあほ!!新品の純正ケーブルと中古の非純正ケーブル、この二つを交換する人は世界中を探してもどこにもいないに決まっている。

 

そう・・・・

私以外は!!!!

 

使い古され手垢で汚れまくったケーブルと新品の純正ケーブルを交換し、私は自宅に帰宅して静かにiPhoneを充電した。

ピコン!

IG8PA6wq7cSWnggbF1IpjYFLOQAwxGWN

 

iPhoneの充電できない問題の症状まとめ

広告

以上が私が体験した、iPhoneの充電できない問題の全貌である。

簡単に今回私が体験したiPhoneの症状をまとめると

  1. Apple純正の充電機でも充電できない
  2. 充電できるケーブルとできないケーブルがある
  3. 修理屋でも直らない

こんな感じです。修理屋いわく基盤に問題があるかもとのことですが、結局は原因も分からず根本的な解決はしないままでした。

iPhoneが充電できない場合の原因別対処法

上記の体験談では結局充電ができない原因は分からずしまいでしたが、iPhoneが充電ができないときは何かしらの原因があるはずです。

ここからはiPhoneの充電ができないときに考えられる、よくある原因と対処法についてご紹介していきたいと思います。

iPhoneが充電できない原因としては、以下のようなものがあげられます。

  • iPhoneの充電端子部分に埃が詰まっている
  • iPhoneの充電端子部分が故障している
  • iPhoneのLightningケーブルが故障している
  • MFi認証の充電ケーブルではない
  • 電源プラグが故障している
  • iPhoneのバッテリーが消耗している
  • iOSの不具合で充電ができない

では、それぞれ詳しく解説していきましょう。

iPhoneの充電接続部分に埃が詰まっている

iPhoneの充電ができない原因でよくあるのが、充電ケーブルを挿し込むジャック部分にが詰まっていて、充電ケーブルがしっかりと認証されないケースです。

iPhoneに詰まった埃を取り除く方法

埃が原因で充電ができないのであれば、充電ジャックに詰まった埃を取ってあげることで充電ができるようになるはずです。

身近なモノで埃を取り出そうと思うと、爪楊枝なんかは細くて長いのでオススメです。

爪楊枝をジャック部分に入れ軽くホリホリしてあげれば、詰まった埃を綺麗に取り出すことができるはずです。

小さな埃であれば昔のファミコンではありませんが、充電端子の部分をフーフーすることでも解決できることがあります。

ただし、勢いよくしすぎると唾がとび故障の原因にもなるのでご注意ください。

iPhoneの充電端子部分の故障

iPhoneが充電できない原因として、iPhoneの充電端子の部分が故障しているケースも非常に多いです。

Appleの保証サービス「AppleCare+」に加入している場合は、Appleに修理を出すのが一番安くなおかつ安全です。

ただし、AppleCare+に加入していないとAppleでの修理はかなり高額になるので、非正規のiPhone修理屋にお願いするのがオススメです。

非正規のお店で修理する際の金額はお店によっても違いますが、8000円ぐらいがだいたいの相場になっています。

iPhoneのLightningケーブルの故障

iPhoneが充電できないのはiPhoneの故障ではなく、充電ケーブルが故障している場合も非常に多いです。

Appleの純正のケーブルというのは、お世辞にも丈夫に作られているとは言えません。

充電した状態で寝ながらiPhoneをいじってるだけで、ケーブルが曲がったり負荷がかかったりしてすぐ劣化してしまいます。

ケーブルが故障しているかどうかは、他のiPhoneやiPadで充電できるかどうかを試してみるのが一番です。

友だちや家族のiPhoneでも充電できないのであれば、原因は間違い無くケーブルにあるでしょう。

最近は100均など激安のLightningケーブルが売られていますが、個人的にはあまりオススメしません。

100均の充電ケーブルについてはここで話すと長くなるので、詳しくはこちらの「注意!100均のiPhone充電ケーブルを使うとiPhoneが充電できなくなるかもよ」をご覧ください。

ちなみに僕が愛用しているAnkerのLightningケーブル、は価格も安く断線もしにくいのでとてもオススメです。

MFi認証対応のケーブルではない

iPhoneの充電ケーブルには高いものから安いものまで、純正・非純正含め数多くのケーブルが販売されています。

数多く発売されているiPhoneのLightningケーブルですが。Appleの基準に認められたたケーブルにはMFi認証 (Made For iPhone) というマークが記載されています。

HSAPLCSC33_mini

MFi認証がされていない格安のLightningケーブルでも充電することはできますが、iOSのアッブデートでいきなり充電ができなくなることも実際にあるそうです。

そのためケーブルはできるだけ純正の物を使い、純正でないとしてもMFi認証がされているケーブルを選ぶようにしておきましょう。

ちなみにMFi認証のないケーブルを使っていると、「このケーブルは使えない可能性があります。」などの警告が表示れることがあります。

関連:iPhoneのMFi認証とは何?Apple純正との違いは?MFi認証のない商品を使うとiPhoneに故障の原因になるから注意!

このアクセサリは仕様できない可能性があります。

この警告についての詳細は、こちらの「iPhoneで「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示され充電できない原因と対処法」を参考にどうぞ!

電源プラグの故障

滅多に起こるケースではありませんが、ケーブルではなくコンセントに電源プラグが故障している場合もあります。

iPhoneのバッテリーが劣化している

バッテリーが劣化したiPhoneは、正しく充電することができないことがあります。

もしお使いのiPhoneが長年使っている端末であれば、充電できない原因はiPhone本体のバッテリーが劣化している可能性が高いです。

バッテリーが消耗しているかどうかは、iPhoneの設定アプリから確認することができます。

詳しい手順はこちらの「iPhoneのバッテリー状態を確認する方法とパフォーマンスの低下を無効にする方法」を参考にしてください。

もしiPhoneのバッテリーが劣化しているなら、バッテリーを交換することで充電できない問題も解決できるかもしれません。

iPhoneのバッテリー交換については、こちらの「iPhoneのバッテリーを交換する費用・方法をまとめてみた!iPhoneの電池減りが激しいならバッテリー交換をしよう!」で詳しくまとめています。

バッテリー交換の金額は保証に入っているかどうかでも変わってきますが、とにかく費用をおさえたい方は、自分でバッテリーを交換してみるのもオススメです。

自分で修理.com」などを使えば簡単にできますので、気になる方はチャンレンジしてみてはいかがでしょうか。

iOSの不具合で充電ができない

突然iPhoneが充電ができなくなった原因として、故障ではなくiOSの不具合である可能性もありえます。

実際にこれまでも充電ができなくなる不具合はあったので、iOSをアップデートしたばかりであれば、iOSの不具合の可能性を疑ってみましょう。

もし本当にiOSの不具合が原因であれば、対処法としては新しいアップデートを待つしかありません・・・。

iPhoneの不具合をAppleに物申す方法

最後に

iPhoneが充電できないと正直相当困りますね。というのも、iPhoneが便利すぎるんですよ。

電話やメールができないのはもちろん、今やiPhone一つで何でもできる時代です。私自身も予定管理もブログ投稿もゲームも、全てiPhoneでやっていたりします。

だからこそiPhoneが充電できない状況は、正直キツすぎますね・・・。

もしiPhoneが充電できずに困っていた方は、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

以上、iPhoneが充電できない原因と対処法でした。

最後まで読んていただき感謝!感謝!

新しい挑戦ということで、Youtubeをはじめてみました。

iPhoneの使い方やおすすめアプリなど、ブログでは伝えきれない細かい説明を動画で分かりやすく解説しています。

iPhoneユーザーの皆さん、チャンネル登録ぜひぜひよろしくお願いします!
チャンネル登録はこちらから

2019年9月:チャンネル解説
2020年3月:チャンネル登録1000人 達成

広告